和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2013年11月30日

久しぶりの友人が来た

1ヶ月半もの闘病生活を終えさっそくフィリピンにやって来た!

寒い日本より、この暑いフィリピンは天国だねー!

この一言の為に長い病院での闘病生活を耐えてやってきた。

60も過ぎればいつお迎えが来てもおかしくない、ましてや糖尿を患い抵抗力も落ちている、ちょっと細菌に侵されればすぐ大病へと発展する。

そんな年齢になってしまった。(お互い様ですね!)

彼曰く 61歳で腹お切り(胃に穴が開いて手術)また65歳で思わぬ細菌で切開手術かなり抵抗力が落ちている。

まあ!明日はどうなる事やら?

まあ とにかく、生きている間にやり残しが無いように生きるしかないですね マスター!

そうですね!歳を取ると一番感じる事は、残念ながら自分の明日にあまり価値を 感じなくなる事です。

私の様にフィリピンで商売などしなくても良いのですが!(好きでやっている)

明日に予定がない、やる事が無い事ほど 淋しいものはありません。

メールが入り、いつ いつ行くよ!『またお願いね』なんて!お願いされると張り合いが出ます。

一応店としての規定料金はありますが、欲や お金で はもう動く事はありません。

楽しかった 又来るよ、ありがとう!この感謝される喜びだけでやっている様なものです。

友人、知人、沢山の人が私を頼りにやって来ます。

それがうれしくてスケジュールを組み、計画を練るのが自分の楽しみになっているのです。

こんな明日の楽しみ方も リタイヤメントならですね。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月29日

HEAUNDE 韓国カラオケの経営者が自殺

当店からでも、あまり遠くない場所に有る 韓国カラオケの経営者が自殺をした。

最近オープンしたクイーンズホテルのすぐ裏と言えば心当たりのある人もいるだろう。

この辺を歩いた事のある人ならば、大抵は知っている。(たしか2年ほど前にオープンし一度は私も行った事がありました)

11月28日の午後5時ごろの話である。

近くのトライク・ドライバーが駆け込んできた!マスターアラモ?(知っているか?)

コーリアKTVのマネジャーが45口径のピストルであごの下から頭を貫通させて撃ち

店の中で自殺したんだって!

今ポリスがたくさん来て、現場検証と 聞き込みをしていると言う!

私)エーどこ!店の前の道をまっすぐ次の角を左に曲がってすぐの所?そんなの有ったっけ?クイーンズホテルの裏!あー解った!あそこか?

いま入り口には黄色い幅広テープが張られ、物々しい状態なので!

今行っても人だかりで中が見えない、もう少し後で行くと良いとアドバイスをくれた!

私、又どうして?アイ ワンコ(知らない、解らない)きっとお店がうまく行かなかったのかもしれないね?

最近韓国の方の 自殺や他殺がたびたび起こる、もう今年に入り韓国人が亡くなった(自殺他殺を問わず)と言う話を聞いたのは5人目である。

フィリピンに全財産をつぎ込み 不幸にも力尽きたのだろう?(私の知り得る所では無いが)

こんな話もたびたび聞くが、また!韓国からやって来て一旗揚げた話も良く聞く。

テナントで2年くらい前に出来たパン屋さん、今では土地付き新社屋で営業を開始した。

韓国系の喫茶店、今度はチエーン展開を始めたんだって!

こんなサクセスストーリも聞こえて来たりして、嬉危交々の社会現象となっている。

自分の店が一段落した後、そっと手を合わせに行ったときは 警察も引き上げ電気も無く静まり返っていた。

共にフィールズに出店 営業した中、たとえ顔見知りでなくとも、ご冥福をお祈り致します。(合掌)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月28日

看板が付きました

改めて看板がついた?

今まで じゃー!看板は何もなかったの?と言われてしまいそうですが!

あまり看板らしいものは何も付いていませんでした。

これが初めての看板です。

P21000255.jpg

P11000256.jpg

鈴木食堂とでも日本語で書いた方が良かったかな?

でも着いた翌日から白人さんカップルが目立ちます。

どうも?どんな食べ物屋さんか?知らなかったという人が入ってきます。

う〜〜ん宣伝は必要ですね?

赤ちょうちんで解るだろうというのは、当方の思い込みでしたか?・・・・ね!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 13:23 | 日記

2013年11月26日

うわさ話U

フィールズの6割は韓国系バーになってしまった?

お客さんの間では、次々名前の変わるバーは、すべて韓国系経営者が店を買っていると言う話が まことしやかにささやかれ始めた。

元カルーセルもオープンしたが、名前を変え新期オープンでした。

ここも内容がすべてチェンジしたという事だ?(女性も、マネージメントも)

元アラスカと言う店名のバーがあった場所も、今改装中でビルが出来始めている。

ホテルと1階がバーだと言う話だが?出来上がるまでは解らない。

今年中にはオープンしたいという事だが、私が思うには 時間がもっとかかりそうな気がする。

また新たな波が起き始めているこのフィールズアベニュー(大丈夫かな?少し心配)

ホテルの新規オープンはこの時期に至って、この周辺で4軒がオープンと言うすごい事になっている。

そんなにお客さんが増えたという実感は無いのだが!(日本が休みになると周辺のホテルは満杯になり予約が入らないとも聞いた)

ちょうど!なんか過渡期が来たかな?どんな流れになるのだろう?

いろんな人のうわさ話が気になってしょうがない。

しょうもない聞いた噂話ばかりで すみません。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月25日

うわさ話

今回の災害で、サマール、レイテから このバリバゴにも難民が多数やって来る?と言う物である。

この噂の根拠は、このフィールズで働くお姉ちゃん(出身レイテ、サマールが多い)達の親族が被災に逢った地区を捨ててこのあたりにやって来ると言うものだ?

という事は!!このフィールズに女が増えるという事?

なんて気軽に考えた私だが!どうも違うみたいだ。

いや!若い女とは限らない?とある人は言う。(悪い奴も多くやって来る)

働き手一人に親兄弟5人くらいはいる筈で、若く綺麗な女性が含まれる確率は1割程度。

水商売で働く女性 現在ローカルを含めればこのあたりだけで1万人程度?

その6〜7割程度がレイテ、サマール出身 仮に7000人の女性が家族を呼び寄せ一個人に5人の親族がこのパンパンガ州に呼び寄せ られれば、3万5千人程度の人が新たにこの周辺に 住み移る事になる。

若い女性はそれでも3千5百人程度、これは良い方の心配で!

此処でささやかれている事は!また少し治安が悪くなり、色々な事件が起こりそうだ!と言うネガテブなものだ?

やはり新しい事態が始まる前と言うのは、誰でも少し ネガテブになるものだ?

マニラには この5倍程度の人(難民)が集まるだろうと言う話も聞いた。

こんな話がまことしやかに地元の人達の今の話題になっている。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 03:09 | 日記

2013年11月21日

今回フィリピンを襲った地震と巨大台風をとうして

地球が悲鳴を上げ最後のバランスを取ろうとしているのでしょう。

日本でも例年以上に早く雪や冬がやって来ています。

縁起でもないが、フィリピン日本を含め世界に天変地異が続出する気配を感じる!

いくら日本がCO2を削減しても、アメリカ、中国、フィリピンを筆頭にアセアン諸国が沢山 排ガスを出して地球を破壊し続けている。

地球はこの地球に張り付いたカビの様な人間を嫌がっているのだ。

自然は増え続ける人間を嫌っているみたいだ。

自然はサーズ、エイズで人間を殺そうとしたが根強くよく対抗策を考えるので!

大胆な災害で人間の大量殺戮を考えている?

まあ!おとぎ話の様にも聞こえるが!

人間が種の保存を自力で本当に達成できるか?

本当に人間は種の多様性を確保できるのか?

コンピューターの次の時代はどうなるか?(インターネット スマホの次は?)

情報は本当に人間に有利になるのか、幸福をもたらすものなのか?)

経済の論理に翻弄されるだけではないのか?(大半の人間がPCに追いつけない現状がある)

地球は人間のいたずらにもう限界を超えているのだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月20日

犠牲的精神とは?

お金は私たち人間にとって命の次に大切なものである。

それを見ず知らずの災害を受けた人達に施す、並大抵では出来ません。

しかし貧しいながらもフィリピンの人達は自分が貧しくてもその中からなん分の一かを喜んで寄付をしている姿をよく見掛ける。

あんなに利己的な人達が?タイフーンで大変だから、カワワだから!沢山パタイだからと!お金を寄付している?

その姿をいろんなところで見かける、今、色々な場所で義援金のキャンペーンをしています。

本当かどうかは 知らないが道端の街角でも義援金を受け付けている。

SMデパートでも 街の小さなスーパマーケットでも 教会 銀行でも受け付けている。

入れるのは簡単 でも出して!どこに行くかは、はなはだ疑問が残る!

日本の銀行では送金と言う形でレシートは残り 何日にどこの当座に振り込んだかを確認できるし、自分の身分書も必要 だが フィリピンでは 、該当口座にdeposit(預金)するという形をとりますので、入金者の名前や住所などは必要なく だれがどれだけ寄付をしたかなどの証拠は残りません。(あくまで気持なのです)

賽銭箱と同じ入金するのは容易で、出金するのは難しいが 誰が何処へはやぶの中です。

私達知識人は思います、どうせ義援金を送っても政府筋の誰かが大半をポケットに入れてしまうだろうと!

フィリピン人でもそう思っているのが普通の感覚だろうと思う?

では!なぜ?フィリピン人はドネイションをするのでしょう?

我々は困っている人に施すのが普通だと、やむに止まれぬ気持なのか?なぜドネイションをと聞いてみた。

その答えは、しいて言うなら気持ちが良いからだという。

フィリピン人の発想は、その金がどう使われるかよりも 自分の懐から大事な金をわざと神様の為に手放すことにある。

本当に これはキリスト教 いやすべての宗教につながる発想だ。

これは人間の成熟度の問題?最低だと評する一般フィリピン人の行為なのだ!

アメリカを初め 諸外国の先進国は経済のみならず内面も成熟した国なのだろう。

そんな国の国民は政府筋に義援金を使い込まれる可能性も十分解った上で寄付をする、支援物資を渡す時も同じことが言える。

お金は被災者へ行かない可能性があるにも関わらすだ!

しかしお金を手放すことの意義と 被災者の悲惨な姿とを感じながら渡すと、気持ち良く渡すことができ、神様に褒められたように気分が良くなると言うのだ。

たとえよこしまな誰かに義援金を大半に吸い取られても 心のダメージが少ないと言うフィリピン流ドネイションの心構えに心を打たれた。

私も修行が足りん!まいりました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 23:22 | 日記

2013年11月19日

何も考えて無い政府の無策ぶり

毎日毎朝テレビのニュースで見る光景が事態の大変さを物語っている。

いくらフィリピンでもこんな事があるのか?この後手後手のやり方はなんだ!と驚かされるばかりである。

災害対策がほとんどなされて無いから余計に大変な事になっている。

避難した建物でさえ流されて、避難した住民に余計被害が拡大するというお粗末な現状になっているのが、テレビ報道でだんだんわかって来た。(亡くなった人が沢山いる)

想定外?いや来る前から最大級の台風だという事は解っていたはず、災害が起来てからの政府の対応がずさんで、世界各国の支援がいまだに生かせていない。

フィリピンって台風が毎年起こり災害天国なのに災害時のマニュアルがきちんと作られていないて事は どういう事なの?信じられない!

大災害が起こって世界が注目してから、動き始める国であるのは先日も書いたが!

フィリピンって お金持ちがお金持ちの為にだけある国だから、誰も政府が被災者を助けなければならないなんて思っていない。

だから一般人は強奪をするし 略奪が横行する、又それを防ごうと殺人まで起きる。

こういう緊急事態の時に限っては、生活必需品を必要な分だけ盗るのは罪に問われないが、その他の物まで強奪するのは本来の意味内容ではない。

でも仕方ないと思わされるのは、待っていれば確実に救助される日本と違って!

待っていたら確実に家族もろとも飢え死にするしかない人達だから!致し方ない所はある。

この国のトップと言うのは、実に何も考えていない、恐ろしいほどだ!

まったく政治家が国民を想う政治家ではなく 国民の下層の痛みなど真に感じてはいないエリート集団なのだ!

テレビも 災害支援を多くうたい文句にしているが それは支援と言うよりパホーマンス性が高い!

一体どれだけの義援金や寄付が被災者に届けられるか?(テレビで見ている限りでは撮影用に届けられるスピードは速いが、集められている内容より あまりにも少ない)

その集めた金額と支援の規模の追跡報道は全くと言っていいほどない?と!私は思っている。

今までそんな報道を見た事が無いからだ。

ただのポーズで視聴者集めにやっていることだと内容を見ればを良く解るはずです。

それに現実に届かない物資が いまだ山積みのセブを見れば、想像がつくだろう!善意が届かないのだ!(ガバメントの対策が遅すぎる、量とお金があるにも拘らず動かないのはなぜ?)

それも他国のテレビが映し出している。

何という事だ!そう感じるのは私だけではないはずだ。

一日も早く被災者に物資が届けられる事を願うのみしか出来ない自分に情けない思いを感じる。

中国政府はフィリピン政府を信じていないため物資で届けるみたいだ!!

お互い内部事情が良くわかっている国同士はさすがと思う所もある。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月18日

災害と国

災害に逢った時に初めて人間の質が現れると言います。

日本国民は津波災害に有っても地震に有っても、もう少し耐え忍べば国の政府機関が助けてくれると言う信頼を国に寄せています。

しかし他国の災害を見るにつけ、あまりにも利己的な行動に走る人が多いと言うのは、なぜなのでしょう?

この違いは「民度の高さ」「モラルの高さ」とも言えるかもしれませんが?

自国の政府や公共機関を全く信じられないという事の裏返しなのではないでしょうか?

今回のフィリピン共和国に起きたヨランダによる台風災害でも、フィリピン人のモラル,民度の低さはある程度仕方のない事にしても!

これまで、国を信じてなにか役立つ事をしてもらった事の経験が被災者には無いのでしょう?

口先では立派な事を言い続けても、裏では私利私欲に走る役人や政府公人(市長、議員)達 選挙が終わったらほったらかしなんてよくある話だそうです。

フィリピンの長い歴史の中で身についた国や政府、役人は、なにもしてくれないという事を真に骨身にしみて知っているからの 行動なのかもしれません。

自分の身は自分で守るしかない、本当は これではないでしょうか?

だけど、略奪行為や盗みが許されたり、正当化されることは、後世への事実としてありません。

まして、死者への冒涜行為、略奪行為はけっして許されるものではありません。

普段キリスト教徒(カトリック)を自称しておきながら、このむき出しの執着は見苦しくもあります。

あくまで一部の人達であることを念頭に置いていますが!

生きようとする気持ちは良く解りますし、家族を守ると言うのも理解できます。

でも秩序ある人間としての復活と復興を願うものであります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:55 | 日記

2013年11月17日

災害援助 良い話と・悪い話

先日書いた災害緊急時には、暴挙もいとわない略奪も正当化されると書いたが?

どうもそれを良い事に、緊急事態でもない時に 被災を逃れた各商店を襲い!

中の物品を強奪し それを路上行商し(道に物品を並べ売る)姿をテレビレポートで見た!

しかし、これは少し違うだろう!と思わされることもしばしば起きている現実模様に驚きを隠しえない。

此処に民度の低さが現れる!

災害に有った者同士、助け合うどころか盗んだものを10倍の値段で売っている?

テレビでこの現実を見て一体この国の国民は何を考えているのだろうと感じてしまう!

また災害に近い場所では、ガソリン1リッター3500ペソ?不足を理由にこんな値段がまかり通っている。

こんな人たちでは援助物資もいつの間にか、高値で売られるのではないかと半分疑心暗鬼になる。

ただでさえ、食糧やお金を寄付するにしても、今までの通例を見れば まともに届くかさえも心配なのに、こんな光景を見せられれば疑心暗鬼に陥り猜疑心しか生まれてこない。

こうなると自然災害と言うより人災に近い。

被害が多く出ているフィリピンでも、こんな理由で援助に支障が出ても これまた防ぎようがないとも思っている。

悪い話が先になってしまつたが!

お店のお客さん(以前から顔見知り)が飛び込んで来た!

マスターお願いがあります、実はレイテに彼女がいるんです。

やっと電話がつながり、家も家族も流された、助けてほしいと連絡が来た!

私も飛んで行ってやりたいが、なんせレイテは遠い!行く方法も無い!

お金でも送ってやれないかと相談に来られた。

しかしレイテでは、今現在お金も送れない状態、何とかセルホーンはつながるみたい?なので!

何度もトライしたが、なかなかラインビィージーでつながらない。

やっと連絡を取り、いかに送るか又どう お金を受け取るかで話し合いをした。

セブにまでなら何とか出る事が出来るという事になったので、フィリピンの CEBUANA・LHUILIERで送る事にした。

セブのどこかの支店に着きアンへのセブアナから送金されるので受け取りたいと互いに連絡を取り。

セブのセブアナで担当者と話し、その時点でセブのセブアナリッター支店から電話をもらい、こちらからお金を送ると言うメッセージを伝え、その場で受け取ると言う準備をして今日は終わった。

今度の月曜日送金受領を終わらせると言う めんどくさいが 確実な方法で送金を完了させる事になった。

とにかく立ち直る事が 出来る人から、順次助けなければ復興は始まらない。

少しでもお役にたてるならとそんな事に奔走しながら そのお手伝いをしているのです。

皆さんも、もしお金を送金するなら、被災者本人に確実にわたるにはどうするかを 真剣に考えて確実な方法を取られる事をお勧め致します。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月16日

フィリピン政府に望むもの

災害後の備えにもっと配慮をお願いしたい。

ヨランダ到来の前にめずらしくフィリピン大統領ノイノイによる緊急テレビ会見が行われ最大級の台風に備えるように国民に呼びかけたと、聞いたので驚いた。

いままでに前例が無い為、政府も真剣だと捉えたのは私だけではなかったろう!

しかし先日のCNNキャスターにテレビのインタビューで あれだけ今度の台風は強烈なので災害に十分注意するよう呼びかけておきながら、災害を想定して 救助の体制をなぜ!早急に整えておかなかったのか?

初動救助や援助が遅れ、アメリカ軍より到着が遅れたのはなぜか?

などと詰め寄られ テレビの画面でも 解るほど目が泳ぎ動揺している姿を 国民の前にさらした。(このテレビインタビューを見られた人も多いのではないでしょうか)

いろいろ言い訳も登場しましたが、報道が騒ぎ 世界が注目し 政府もやっと腰を上げたなんてスタイルがフィリピンの本当のスタイルです。

金持ちは貧乏人の事など気にもかけない 被災者はごみと同じそんな国に対して援助はどうあるべきか?もっと真剣に考えてほしいと思うのです。

差し迫った命の救済には食料と水ですが、今後 環境・衛生の面での危険性の高さを忘れてはなりません。

マラリア・デング熱など、感染症や赤痢、食中毒。いずれも保健衛生管理の未熟さが原因となって起こって来るものです。

これらの病気にかかる危険性が、被災前の何百倍もの高さになるのはいうまでもありませんが!

何も考えていない後手後手の政府と言うのが 甚大な被害をより大きくしています。

このように援助被害を大きくした要因は、無計画な対応や備えのない防災、治水対策の未熟さ 防災意識の低さなどだといわれています。

でも まあこれは低開発国にはよくある現象で仕方ない部分もありますが!

フィリピンでは、同じ国民が被災地の物価を釣り上げ、水や食料品の価格が高騰して同邦を苦しめていたり。

援助物資を狙った強盗団が暗躍していたりで、まともに支援をする事が出来ない状態に置かれているのが本当の問題です。

新聞によると救援物資を首都圏から陸路で運んでいた国軍部隊がルソン地方ソルゴン州で武装集団に襲われ国軍兵士2人が死亡と言うニュースまで出ている。

腐敗政治、腐敗援助集団、人の弱みと善意にぶら下がる搾取、そして強盗集団、いったい被災者は誰を頼りにしたら良いのだろう?

世界各国28か国と地域が支援を表明したが、その想いが被災者に届くのはいつになるのだろう?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月15日

フィリピンにおける災害とドネイション

当店のお客さんで サマールに住んでおられる方もおられるので、電話をしましたが残念ながらつながりません。

お客さんからも何とかしたいのだが、タクロバンとレイテの一部しか報道が無く 他の地域の情報が何とか入らないものだろうか?との質問も受けておりますが!

当方でも まだどういつた方法で支援を届けたら良いかなど、具体的な対策が打てず困っています。

日本でも津波災害の時に 4月の前半 約1か月後に訪れましたが まだ一般が入れる状態では無く、私共々多くのボランティアがテントの生活で肉体労働と言う支援を行うのが精一杯の状態でした。(三日間の奉仕活動で帰り1週間寝込みました)

ましてやこの脆弱なフィリピンのインフラでは災害地に 1週間後でも たどり着くのは大変な状況でしょう?(政府機関の公式援助部隊の活躍を期待します)

最大の危機約1週間を脱し もう少し落ち着くまで今の私達では まだ手を出せない状態だと思います。

今 フィリピンの航空会社では、無料でドネイションを行う人を運ぶと言うキャンペーンやSMデパートではドネイションボックスがおかれ、訪れる人達に募金を呼びかけています。(ここでもいくらかの現金をボックスに投じました)

また、昨日乗ったMRTでは、切符売り場のサイドでフィリピン赤十字が募金を呼びかけており、釣銭を可哀そうな台風被災者にと言うメッセージを耳元でささやかれます。

此処でも思わず募金箱にお金を入れてしまいましたが!

果たしてこのお金 本当に被災者たちに届くのでしょうか?

いつも言われます、フィリピンでは災害太りの人達や!地域の権力者や!政治家が大半を取ってしまい、被災者にはほんの一部しか回らないという!いやな現実を今まで幾度となく見聞きしてきました。

また赤十字なども 寄付の大半を運営費や役員給与に使い、集めたお金の2割ぐらいしか被災地には届かないなどと言う話も聞いた事があります?

本当かどうかは解りませんが (日本でもそんな事が一時問題になりテレビでも報道されていました)

ましてやここはフィリピン 何でもありの国で 人の善意が被災地に届かない事は大いに考えられます!と言うか!フィリピンならではの事情で、国際的にも信用度が著しく低い事は!フィリピンに住んで居る私達には 良く解るのです。

ドネイションをいかに被災者に直接届ける事が出来るか?

この辺が一番難しいのです。

どなたか効率的な届け方 または、直接現地に入られる方達の連絡方法を教えていただきたいものです。

(皆さんの善意を被災地に直接届けられる方法が見つかれば、当方でもボランティア組織を立ち上げられます、よろしくお願いいたします)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月14日

フィリピンの台風被害に想う事

沢山の被災者を出したこの台風(中心気圧895hpaの超大型台風30号比名ヨランダ)フィリピン人にとっては、この台風による被害はまさに空前絶後と言ってよいのではないでしょうか?

そんな中 幸いにもこのパンパンガ近辺は台風もそれ、あまり天気には恵まれない中でも ゴルフ三昧の日々に没頭している自分達は、とても気が引けておりました。

しかし、まずは予定をこなす事に神経を集中していたのです。

台風被害に合われたフィリピンの皆様には何とも申訳の無い状態でありますが、心よりお見舞い申し上げます。

今回がフィリピンを襲った台風による最大の被害と言っても良いのではないでしょうか

以前の台風での被害経歴を見ますと。

台風 ニタンのビサヤ襲撃(1984年)1400人

台風 ユリンのレイテ襲撃(1991年)5100人

台風 パブロのミンダナオ襲撃(2012年)1900人

台風 30号ヨランダ(2013年) まだ未確定ながらも死者数1万人

ヨランダが上陸した地方 レイテ・タクロバンでは 救援活動が難航し略奪行為による死者や 米の倉庫への襲撃による死者が出ている模様で、そんな報道されるたびに心が痛みます。

災害による混乱状態の中での略奪行為は人道上の人権として国際法でも罪に問われないと記されているので、商店、デパート、コメの倉庫などは いち早く被災者に対し開放すべきであると私は思います。

それなのに銃火器を持って民衆に発砲するなど!どうなっているのか?災害時のフィリピンにおける助け合いなど無いのに等しいと思います。

報道によれば、タクロバン市の当局者は街の9割が壊滅状態であるにも拘らず、支援を受けているのは2割に過ぎないと言っています。

略奪は犯罪行為では無く、自分を守る為の正当行為だとも 述べています。

また水道管を壊し水を確保している人達もいるようだが?緊急時には仕方がない行為かも知れません。
私もタクロバンに付いては友人から聞かされていて、機会があれば一度行ってみたいと思う場所ではありました。

聞いた話では、タクロバンの良さは治安と食料品が豊富で暮らしやすく清潔感のある都市であるらしく 今回の被災は誠に残念です。

またレイテ島には先の大戦の戦没者慰霊にぜひとも行きたい場所の一つでありました。

しかし続々と届く被害のテレビ報道を目にした時には とても悲惨な光景ばかりで、お亡くなりになられた皆様のご冥福を祈るばかりです。

日本の自衛隊の災害派遣も1000人規模に膨れ上がる様で一日も早く到着する事を望んでおります。

今後 自分では、この災害に対し フィリピンに住む外国人の一人として何が出来るかを考えております。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 23:07 | 日記

2013年11月13日

愉快な仲間達

今年も日本から年1回の定期便で愉快な仲間達がやってきた。

メインはゴルフ、毎日ゴルフ三昧である。

良く体力が続くなーなんて感心するくらい毎日朝早くからゴルフのお世話です。

寒い日本から この常夏の国でのゴルフ 伸び伸びとプレーできると好評です。

しかし、さすがに毎日と言うのは驚きをとうり越して 強靭な肉体と精神力を感じます。

とうとう 今日13日 最後の組が、帰国を迎えました。

最終日1日が休息日 明日から日本でまた仕事と言うお二人さん、無事空港まで送り届けました。

お疲れ様でした!少し そのスケジュールを紹介すると。

11/1 ミモザ カントリーCC  11/2 エアーホースゴルフクラブ 11/3 ロイヤルカントリーゴルフ 11/4 コーリャンカントリー 11/5 ロイヤルカントリーゴルフ

11/6 マバラカット 11/7 コリア 11/8 エアーホース 9日  マバラカット 10日 スービックゴルフ 11日 フォンタナゴルフCC

と!こんな感じ11日間ぶっ続けと言う タフマン も2人おりました。

このグループ総勢10人 ゴルフが始まる前から壮絶な舌戦が始まり、口が後のスコアーの状況を決めるとばかりに、軽妙な言い合いがプレー前から駆け引きで始まる。

グループに分け 昼飯を掛けてスタートする 賭けゴルフ?になる。

ごますりあり ひっかけ有で いかに昼飯を『ごち』になるかでその日の気分と勝敗が決まる。

組み分け、くじ引き、じゃんけんでも 勝敗が決まり。

せっかくいいスコアで回れば、くじ引きで昼飯をおごる側に回った 長老のゴルファーのボヤキは また絶妙、おおいに笑わせてもらった!

そんな楽しいゴルフ三昧の日々を終えて先帰り組はとても残念そう!

また来年も楽しい フィリピンアンへのゴルフトーナメント?に ぜひお越しくださいませ。

しかし 残念ながら夜のホールインワンがうまくいつた人は い無かった?ようだ?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月12日

当店のラーメンの麺はかん水を使用して作っております。

最近のメールで、おたくの麺はかん水を使用していますか?それとも水酸化ナトリウムですか?なんてメールが来ました。

水酸化ナトリウムと言う意味は苛性ソーダ類を使っていますかと言うに等しいのですが!!

そんな危険な食品添加物を使用して食品を作る様な所は、今はもうありません。

もし 使われているにしても、よっぽどフィリピンの粗悪品にしか使われてはいないでしょう!

しかしこの国には、あまり規制がない事が原因で 使用する業者もあると言う話は聞いた事がありますが?

日本人の経営するお店では、そんな粗悪食品は使われてはいないと思いますし、また信じてもいます。

もう日本では、とうに食品衛生法によって規制されたもので使う事はできません。

苛性ソーダなどは 洗濯石鹸などに含まれ漂白をする成分の一種です。

ガンの原因にも列挙され人体には有害とされているので、食品にはふつう使用は許可されません。

自分の専門外分野なので詳しくは解りませんが 常識の範囲内での知識となります。

ただこのフィリピンには中国のB、C 級品が多く入荷している事も事実ですので気を付けるに越したことはありません。

フィリピンでは食の安全は、自己責任で確保するという事も、大切な生活手段という事を忘れないようにしてほしいと思います。

ぜひ外食にお出かけの節は、安心安全なお店で食事をとられる事をお勧め致します。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 18:11 | 日記

2013年11月10日

フィリピンの薬とエイズ

フィリピンってエイズ情報をあんまり聞かないよね、でも無いなんてことは絶対に有り得ません。

フィリピンだけでは ありませんが 情報は常に誰かによって操作されている。(隠されている)

おなじみの臭いものにふたをするフィリピン・スタイルですね。

でも怖いよね!聞いた話では、韓国人が多く持ち込んでいるらしい?

このフィリピンで検査をしたら、韓国人の感染が一番多かったらしいというのだ!

なんせ韓国人はフィリピンに毎年100万人以上渡航してきているからね!

そして どこかの韓国系ツアー会社のハイエースでやって来て、ごっそりGROをホテルへ連れて帰る姿は ここアンへでも良く見かける。

隣の韓国人経営のゴーゴーバーのGROが言うには、コリアンは、コンドームを絶対しないという その結果フィリピーナのエイズ持ちや コリアーノとフィリピン人の子供が沢山出来ているらしく 問題になって来ていると言うのだ。

日本人でも女の子がナマで させてくれたって!喜んでいる人が居るが?それはとっても危険な事です。

お金を沢山くれるからとか,優しいからとか 特別扱いされているわけではない!

ただ単に性に対して女が無知なだけでしょう!

そういった社会状況を考えると、もはやフィリピンは"エイズの繁盛国になりつつある。

いや、もうエイズ大国なっているかもしれない。

此処アンへで遊ぼうと考えている人は、必ずコンドームで武装しなくてはいけません。

勃起薬も安易に買ってはいけません。

フィリピン人の薬に対する知識なども、思いっきり疑ってかかる事を お勧めします。

あまり薬について解っていないし、どんな薬の成分かも知らない、耳で聞いた知識だけで、簡単な下痢にはいつもイモジュウムと言うが、症状に対してでは無く バカの一つ覚えの対処療法だけで買ってくる。


私も何度も飲まされたが、症状の改善には程遠い。

日本人がフィリピンで薬を買う場合に、フィリピンの人のアドバイスで薬を飲むのは危険だと思う。

たとえば抗生物質を使う時はどんな時 聞いてもほとんどが返事をしない!

バイルースを殺すと答えた子もいたが!それがどんな時に有効かについては何も答えない(知らないのである)

下痢でも薬などは、よほど深刻な症状でなければ必用ない。

脱水状態になるほどの下痢であれば薬の必用があるが、薬の効用などは、ほとんど知ってはいない。

薬一粒に何ミリグラムの成分が含まれるとか?そんな事には関心がない。

フィリピンの薬は 日本の薬より強いし日本の2倍ほどの薬効の薬もある。

解らない薬の場合は 飲まないで済むなら このフィリピンでは、飲まない方が良いと私は考えている。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月09日

本日マニラ泊夕食にはラーメンを食べました

本日マニラ泊夕食にはラーメンを食べました。

此処も最近出店されたと言うラーメンのお店。

メガモールの裏手にあるモールの5階にある、いろんなお店が軒を連ねる食堂街の一角にあるお店です。

おいしいと聞いてぜひ一度行きたいと思っていたお店の一つです。

名前はSHITAMACHIと言うラーメン屋さんです。

006.JPG

007.JPG

5階に上がると いろんなお店があり、なかなか良さそうなお店が並んでいます。

私達は、さっそく席に座り 醤油ラーメンとチャーシュウ丼 唐揚げを頼みました。

008.JPG

ラーメンスープは、醤油とんこつ味で 変わり味の濁りスープ 味が微妙な感じでコクがあり、麺はさらりとしたストレート麺 とってもおいしくいただきましたが!チャシューがまた柔らかくて とてもおいしかったです。

チャーシュウ丼はそのぶつ切りが乗ったどんぶりです。

こんなチャシューがうちの店でも出来たら良いね!なんて話に花が咲き それぞれの店も個性を出す為いろんな工夫をされているのだなーと感心しきりです。

御馳走様でした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 23:57 | 日記

2013年11月07日

今、評判のとんかっやさんに行って来ました

マニラに行った時、昼食においしいと評判の『とんかつや』さんに 行って来ました。

131107-1.jpg

場所が解らないので行きたいのだけれど?と、マニラに住む友人に尋ねてみた。

そうしたら いやー前から よく知ってるよ!と友人が言うのでさっそく連れて行ってもらいました。

行ってみると!やはり知る人ぞ知るという様な場所では ありますが 外に看板一つ。

131107-2.jpg

少し探した位では、普通の人は たぶん見つけられません、アドバイスとしては 誰か知り合いに連れて行ってもらってください。

私の友人のマンションからは車で5分も掛らぬ場所にありました。

有ると言うマンションの前まで連れて行ってもらいましたが、何処に有るの?とまだ聞かなければわかりませんでした。

ビルに向かって左側の階段を下りた所にありましたが、降りた前はクリーニング屋さんで

その通路を少しはいった所にありますが、階段を下りればすぐ目に飛び込んできます。

ガラス張りの店で、中にはお客さんがいっぱいでした!日本人のグループも何組かいます。

131107-3.jpg

そして若いOLさんも昼食時間のせいかたくさん入っています。

お店はあまり大きくはありませんが!大きいテーブルが5つ カウンター前にも大きいテーブルが1つあり 全部で6テーブルだと思ったのですが?

私達3人が入ったら満席状態でした。

こんな場所で すごい!と そんな第一印象を持ちました。

私は名古屋人の性格か!味噌カツをセットで頼みました。

そして友人達は、とんかつ定食とおろしとんかつセット。値段は230ペソ前後と言うリーズナブルなお値段。

その他のメニューも値段は安めでお値打ち感があります。

ぜひ今後も長く頑張って 続けていただきたいと思っています。

おいしくいただき 帰りは、またタクシーで帰りました。

前の道は、タクシーは良く通る所ですね ぜひまた食べに行きたいと思います。

*帽子を忘れ取に行った時もやさしい対応でありがとうございました*

やはり継続は力ですね、友が友を呼ぶスタイルで頑張っておられます、健闘を祈ります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月06日

テントは着いたのですか?とのメールをいただいた

以前ブログでまだテントが付かない!テントの骨だけで遅れていると愚痴を書いたが!

知人からテントはまだ付かないの ですか?と心配メールをいただいた。

自分が勝手に書いたブログの愚痴でご心配を掛けて大変申し訳ありません。

無事10月の27日に業者が持って来て付けてくれました。

こんな具合になりました。

131106-1.jpg

ごめんなさい誰もテントの事など気にもしていないと思い 付いた事など当たり前で気にもしておりませんでした。(不注意でした!ごめんなさい)

どうも 申し訳ありません、表はグリーンの色で内側は白 どこと言って変わり映えはしませんが雨降りには重宝しております。

ご心配いただきありがとうございます、無事付いた事をご報告します。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年11月05日

今日高速道路で見たもの!

昨日橋上での玉突き事故、今日その橋の手前での玉突き事故2日続けて目撃した。

昨日マニラからの帰りで2時45分くらい(この橋の名前が解らないが)にルソン島南の高速道路(NLEX)で一番長い高速道路の橋をマニラ側から入った。

反対側は、すごい渋滞 私の車線の車も急に速度を落とす、その時見えたものは!最初は5台の車の玉突き事故 また十数メートル行くと車の4重衝突 またそのあとはバンの けつの下に車の先端が入り込むと言う事故、またしばらく行くと今度は3台の車の追突事故と連鎖の玉突き事故が起こっていた。

私も運転中なのでバックは側に有ったが、中のカメラを取り出す事も、途中で車を停車することも出来ず 大変な現場を目撃するだけで通り過ぎてしまった。

マニラに帰る車は、その後かなり長い渋滞になっている。

今日も同じ位の時間にその場所を少し通り過ぎたくらいの場所でまたたて続けに車の玉突き事故を目撃した。

偶然にも同じ時間 そしてそれに近い場所での出来事に驚いている。

これは大変な事故ですね!と同乗者と話をした、まだ救急車もポリスも来ていない。

かろうじて、道路工事標識を立てる車が何台か到着する。(たぶん交通整理の為駆け付けたのだろう)

この渋滞は1時間は、有に!脇をスリぬけるのに かかるだろう?

長い橋の上での事故に付 後続車の抜け道は無い!(事故処理が終わるのを待つしかない)

今日も橋の手前のへんだ!

どうもここいら辺が事故に逢いやすい場所かもしれない?これからは気を付けよう!

こんな渋滞に嵌まればとんでもなく時間を取られる。

折しも小雨が降っている、今日も少し雨だった!たぶんこの雨で、制動能力に誤差を生じ 事故につながったかな?と思える私だったが。

死者や重症人が出ないで 車だけの損傷で終われば良いが?と!

思いながら、その場を走り去った が!高速道路では かなりのスピードを出している 私がいる。

明日は我が身かも知れない!

昨日と今日の目撃事故、不謹慎だが自分が巻き込まれないで済んで幸いだと思った。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記