和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2013年12月31日

混みだしたアンへレス

29日頃から 沢山の日本人で混みだしたアンへレス。

今年も沢山の鴨が ネギを沢山しょって 現れました。(笑)

久しぶりに活況が戻ったこのアンへレスにも こもごものドラマがあります。

寒い雪国から来た人たち、また同じ名古屋から来た人達(その他大勢) 皆さん一様に言います。

暖かいって良いですね!それだけで体がリラックスします。

そうです、暑い日差しを受けて、体から汗を流し、少し日焼けして帰ってください。

働くばかりが能ではないです、たまには体にもボーナスを上げてください。

スービックの海も良いですし、ゴルフにサーフィン海水浴と、現在寒い日本では 出来ないスポーツもいろいろあります。

体を解放し 思いっきり 背伸びをしましよう!

あたたかさは、身も心も良い気分にさせてくれるでしょう。

年末に当たり 今年も、たくさんのお客様にご来店いただき 誠にありがとうございました。

来る年が皆様にとって良い年でありますように心よりお祈りしています。

では良いお年をお迎えください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 17:00 | 日記

2013年12月30日

予約が予約でないホテル

友人たちがやって来ると、このフィールズでは必ずホテルに泊まるので、ホテルのリザーブは欠かせない重要な仕事です。

でも、2か月前3か月前からの前もっての予約なので、事前に確認に行ってきます。

でも3軒に1件は、必ずリザーブがリザーブになっていない!

それでも とにかく日にちが決まったらまず最初にリザーブ。

一月前にも確認に行きます、でもその時は決まってOKOKとしか言いません。

日にちが近づき、直前にダメ押しの予約確認、その時には、決まって3軒に1軒は予約が取れてないだとか!フリーブックで予約が漏れています。(そんなばかな、そんな時は大慌て!)

私は言う、だいじょうぶだと言ったでしょ!そこからの交渉が難しい。

もう値段も、ホテルも予定に入って居ます、今からではとうてい他のホテルも間に合わない、来たい時期はだれも皆重なるのです。

その為の事前予約が予約になっていない!(だから大変なのですこのフィリピンは!)

金を前もって払う人に 先に優先的に部屋を明け渡すという事が多いフィールズいや、フィリピンのホテル。

よほど常連になっていないと、ホテルで痛い目に合う観光客は、3人に一人ぐらいの割合でいます。

こんな事もフィリピンの悪い習慣です。

予約が予約にならないフィリピン。

先金が重視の お国柄は、何度も行って 粘り図よく交渉しないと とてもうまくは行きません。

先に予約のお金を払えば別ですが、予約だけでは何ともならない現状。

どうしても予約を取りたいときは、お金を立て替えるのですが、それも大変な事です。

まあ!とにかく お客を迎える事も(側も)大変な現状がある事も、覚え知っておいてほしいと思います。

当店はホテル予約はタダでサービスしていますが、たまに入れない事も有るので大変です。(今までにはそんな実例はありませんでしたが(くどい確認で)、今後はどうなるか解らないと言った事も付け加えておきます)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月29日

25日は定休日

クリスマス25日は、お店は年に一度の定休日です。

今年は静かなクリスマスがおくれました。

聞く所によれば、フィールズアベニューも お客はいない 女の子は少ないでバーはガラガラの模様です。

お客さんが お店に行けば 必ずこの時期こう言われる。

ナサアン・レガローコ (どこ私のプレゼント?)アギナルド(お金を提供する!いうなればお年玉の様な事)お金ちょうだいの一種だが、クリスマスにはアギナルドプリーズ・イサン・ダアン(100ペソ)でOK!

なんて!言葉が飛び交う!

でも私は バーなどには行かないからこんな話にも無縁です。

朝から晩まで日本から持ってきたDVDや 買って来たDVDの観賞三昧で一日を過ごしました。

おなかがすいたら日本から持ってきたお餅を食べます。(カップヌードルも標準装備)

また明日から年末商戦の始まりです。

28日から友人達がやって来ます、また忙しくなりますね。

体調を整えて準備を用意周到にと 余念がありません。

出来るだけ快適な旅を演出してあげたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:11 | 日記

2013年12月27日

統合失調症

いま日本の若い世代に広がりつつあるこの病気。(読書文より)

一世代前は精神病疾患者としてひどい扱いを受けた病気である。

今では有名な、ムンクの作品(絵画)である『叫び』などは、彼がその精神を病んでいた時の作品として有名である。

しかし、今ストレスの多い現代社会の若者に多く発症事例がみられると言うこの病気、約100人から120人に一人と言われている。(十代後半から30歳中ごろまでの発症者が多い)

今現在 良き新薬も開発され 薬による治療で大半は克服できるようになったと本に書いてあったが!

しかし益々ストレス社会が進展する機構の中で(社会の中で)この病気は無くならないであろうことは誰もが心配するところであろう。

心身をすり減らし少子高齢化の現代にあり、毎日の暮らしを支えていく若者や若い夫婦には、つらい病であるようにも思う。

一世代前には 心身症などと言う言葉がはやった時期もある。

それも多くは 自分の未来に不安を持つ若者が発症していると言うが、その内容は未来への不安と金がないと言う点に多くは起因するらしい。

雇ってくれる会社が無い、お金がない貯え(貯金が無い)と言う事に多くの人は不安を抱え、金さえあればと貯金至上主義に陥る。

金=幸せと考える、何も考えないで金に頼る、自分を信じられず 他人を信じず、努力もしないで いざとなったら金で全てが解決出来ると信じているからであろう。

金が無いから不安が倍増する そして精神に異常をきたす?

なぜもっと頭を働かせない 最高学府を出た人までが そこで立ち止まっている。

お金など現代日本 働こうと思えば、何処でも働ける、あれは合わない これは嫌だ!と選り好みさえしなければ、少なくとも1歩は踏み出せる。

まず体を動かせば、お金はそれに付いて来る、そしてあとは自分で考える、その種銭で何が出来るか?

考えて動かなければ、精神もおかしくなる。

そんな時こそ 人の持てる創意工夫で乗り切り、金より 信用と 信頼を 勝ち取り 働き動く継続の中に未来があると信じる事だ。

貴方がすべてをなくしても、信じられる家族と(単身者、妻帯者)女房と子供がいれば大した問題ではない。

薬で体調を直し、健康な体と精神があれば、チャンスは幾度でも巡って来る。

あまり悩み過ぎない 悩みは物事を複雑にし、現状を考え得る事は、物事をシンプル化するのに役立つ。

全ての統合失調症の人はその違いをまず実践して復調の目標にしてほしいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月25日

メリークルシミマス(毎年苦しみます)

1年に一度いろんな人にクリスマスプレゼントを渡します。

知り合いの子供や、友人、知人、スタッフやスタッフの子供いろいろ考えて贈り物をします。

本当は、こちらがほしいのに!なんてね!(冗談です)

でも、ほんと些細な物ばかりで申し訳ないが、張り込むと いくらお金があっても足りないほどお金がかかる。

題名通り メリークリスマスと言いたいが、メリー今年もクルシミマスだ!

しまった!クリスマス前にフィリピンに帰ってしまった なんて!思っても もう遅い!

日本は寒すぎて嫌だし、フィリピンはクリスマスで危ないし、この時期ほんと如何したら良いか苦しみます。

顔を見れば、地域のバランガイのパーティーへのドネイションをお願いされたり、トライクドライバー達のコミュニティへのドネイション、ポリスへの年末ドネイションとか、お金を入れてくださいと!からの紙袋が沢山当店にも回ってきます。

ヘイ!マスター!!メリークリスマスと言われると!背筋がゾクゾクと寒くなります。

もう最近 キリストの誕生は喜ばしいが、クリスマス 後の二文字のマス(祭り)は嫌いになってしまった。

金も無いのにクリスマスだけは、借金してでもやる?と言うお国柄、電気代も上がり(最近ラリーが頻発する)台所は火の車でも、プレゼントを買いあさるフィリピン人達!(不思議ですね)

もう少し、身内のプレゼントを買う前に 道に転がる人達の事や、家の無い子供達を何とかしたいとは思うのだが。

もっと最下層の人達の事を、少しは考えたらどうでしょうか?(政治家や金持ちは、そういった人達に関心が無い)

また、アメリカからビリオンと言う金額のドネイションが送られました。(今日の朝テレビで見た!)

ハンド ツウ ハンドなら一家族500,000ペソ約100万円づつ手渡したなら被災地でも、そう誰も困らないクリスマスがおくれるはずなのに?

政治って本当に難しいものですね!

パワーのある人はアンダーマネーが入り、良いクリスマスが迎えられるフィリピン。

神は平等に人を作られたと言うが?このクルシミマスの人達を見て、どんな面持ちで見ているのだろうか?

私も同じで、何もできないが、今夜は貧しき人や、災害を受けた方達の為に祈ります。

地に平和が来ますようにと。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 01:22 | 日記

2013年12月24日

フィリピンに帰りました

日本滞在日数も少なくなった日 フィリピンへ送る荷物も 痛い腰を 騙しだまし作り送った。

今回も200キロを超える荷物だ。

でもアンへレスまで100キロ11500円に値上がりをした運送費など、円安の効果がジワリと肩にのしかかる。

良く高い高いと指摘される当店メニューの値段だが、当店が生きていけるギリギリの値段でやっている。

また、10%のサービス料を取ると言われるが、フィリピンの(消費税)税金は12% 内税ではとてもカバーできません。

マニラでは12%+8〜10%=約20%以上のサービスチャージを取られるところもあるのに 田舎だからと言う理由で、TAXチャージもこんな店で取るのか?なんて言われる。

しかし、やって行ける値段をもらわなければ店は継続できない。

儲ける為ではない 存続させるために努力している。

まあそんな努力も利用者には関係ない、でもこの努力が無いともっとお粗末な事になる。

最初から まあ味はこんな物だろうと妥協しているので、とび切りおいしいなどとは思ってもいないが、日本人が食べてまあまあいける、と言う処で我慢している。

しかし日本から運ぶ調味料が無いと、なにこれ!味が違うという事になる。

米も日本米を使用し、しょうゆやダシも日本から運ぶ、ましてや みそ は名古屋産を使うと言うこだわり これだけは名古屋人の私のこだわりです。

年を取ると 食べなれたものしか食べられなくなるのです。

困ったものだ!多分店などやって居なくても、きっと食材は日本から運んでいるだろう?(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:49 | 日記

2013年12月23日

あまり本当のことを書くと恐ろしいかも!

クリスマスシ−ズンは恐ろしく危なくなるフィリピン

特に外国人は、お金持ちと判断される国 ホールドアッパーからスナッチャー!

タクシー強盗から詐欺師、強盗殺人者からコソ泥まで、クリスマス資金、ニューイヤー資金を得ようと躍起になるこの時期 危険度は最高レベルまで上がる。

この時期 うかつにうろうろすると、確実に何らかの被害に合う。

これからクリスマス、年末、ニューイヤーまで金の絡んだ凶悪犯行がいっぱいになる。

ベテランの域に有る私でも行動を自粛、自重、するくらいだから 素人は 本当は この時期にフィリピンには来ない方が良い。

と言っても正月休み位しか時間の取れない人も多い!

それに 各地での災害被害で、何とか金を手に入れようと危ない人達が各都市や市街地で暗躍する。

ローカルのテレビを見ると、そんな事件や犯罪が次々と出てくる。(本当に恐ろしい事件がいっぱい貴方もローカルTVのニュースを見ましょう)

モール(人が多い所やCCTVで録画されているにもかかわらず)その中で強盗や殺人が行われガードマンなど何の役にも立たない現状が浮き彫りにされている。

平和に慣れ過ぎた日本人など、格好の標的になる。

とにかく年末年始に フィリピンに来る人は気を付けた方が良い!

被害に合う確率は、フィフティーフィフティー位になると思ってちょうど良い。

恐ろしいけど本当の話ですぞ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 23:08 | 日記

2013年12月22日

日本へ帰ると逆に体に変調をきたす

最近日本へ帰れば帰るほど ナーバスな気持ちになり、情緒不安定になる。

なぜだろうと考えてみた。

今日現在の体の不調は寒さによるものだが、どうも情報量の多さに比例するみたいだ!

テレビを見ても本を読んでも 問題提起が、数限りなくある。

情報の洪水の中で 何をどう選択するかを、真剣に考えれば考えるほど 頭が混乱する。

まして本を読めば読むほど 今後の未来社会に不安を抱くようになる。

情報不足のフィリピンの田舎から出てきた 世捨て人には、刺激があまりに強すぎると思われる。

目の前に並べられた百科事典の様な、とてつもなく膨大な資料が簡単に目から飛び込んでくる。

たった飛行機で3時間半の距離なのに、この違いは いったい何なのだろう?

それは、日本に取捨選択の自由が無い事、選ぶ前に与えられると言う生活なのだろうと思う。

競争と改善の名のもとに毎日あおられている国民の姿なのかもしれない。

そうだ 以前とっくに投げ捨てたはずの、ビジネスへの感覚がすぐ戻ってしまう!

とても追いつけないのに しがみついている自分の姿がそこに有った。

嫌で逃げだしたはずなのに、現役時代に愛着はあっても未練はない。

今の自分なら全部投げ出してもたかが知れている、会社の社会的責任 従業員への責任、その家族への責任などは、もうないからだ。

それにPCに向かっても、興味のある部分にしか クリックを入れない。

命題がいくらあってもクリックしなければ開かない、そんな生活に いつしか慣れきっているせいだろう?

テレビのチャンネルも 3っしか無いし ニュースはごく限られている。

それが良いかは別にして、温かい所に戻りたいと体が求めていることだ。

私の生きる場所はスローライフのフィリピンしかないかもしれない。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月21日

人と人のつながりを大切に

私の信条の中で、今、昔、を問わず一番大切にしているものがある。

それは、日本でも フィリピンでも同じ、出会いと別れである。

人と人は偶然に出会い、又は 意図して合う事も有るが 会い、そして どれだけのコミュニケーションが出来るかは別として 様々な印象を残して出会いは終わる。

私は、また会ってみたいな!と言う余韻を残して別れが出来る様 精一杯な話しを心掛けている。

自分の心を開き、嘘を言わず、体裁を整えず、ありのままを素直に話す。

合う人も、合わない人とも居るし、全然折り合わない人にも 精一杯のノリで話す。

誤解する人もあれば 共感を共にする人もいる、すべて理解してもらえる事など有りはしない。

でも、自分は相手の事を悪くとらない様に また理解できるように 聴きに撤する事に大抵は努力をしている。

でも 話は、あくまで理詰めにして、素早く何でも一応決断をする(結論を出す)時は待ってはくれないし 私に残された時間は少ない。

この年になっても 毎日何らかの出会いがあるし、出会いはいつも新鮮だ!いつも新しい情報が入るし、知識が増える。

でも、長い知り合いや 友人たちに最近話す事がある。

それは、何かって?

あんたも そろそろ引退して、寒い日本より暖かい国に遊びにいらっしゃいだ!

不老長寿を目指して 新しい楽しみと出会う事こそ 長生きの秘訣。

人生を楽しみ、新しき人と出会い、人と人とのつながりを大切にする事こそ!

生きる楽しみに違いないと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月20日

美女が多いフィリピン

いやー!最近とみに世界の美女コンテストを総なめのフィリピン女性!

本当にすごーい!の一言であります。

昨今のフィリピーナのビューティー・コンテストにおける活躍ぶりは、目覚しいものがあります。

さすが混血の国と 私も目を見張ってしまいます。(混血には美人が多いとの定評)

前回のミス・ワールド2013の栄冠をミーガン・ヤングさんが射止め。

Megan_Young.jpg

今回のミス・インターナショナル2013までもがフィリピン女性のピーナ!ベア・ローズ・サンチャゴさんに決まりました。

Bear_Rose.jpg

2013のミス・インターナショナル世界大会は東京で行われました。

12月17日の夜に彼女の優勝が決まり喜びを手に入れた模様です。

私は後で知りましたが、マスバテ生まれの23歳です。

17歳でモデルを始め今回の栄冠をつかみました。

昨年はミス・ツーリズム・クイーンでトップ10に入賞した経歴を持つ女性だそうです。

ミス・インターナショナルの栄冠はフィリピンがこれで5回も輝いた事になります。

これで誰もフィリピンは世界の美人生産地だという事に、意義は申し出ないでしょう。

フィリピンに帰れば私の周りにも美人がいっぱい。

特にフィールズ近辺には、白人の顔立ちをしたハーフ達があちらこちらに一杯居ます。

しかし気の強さとプライドの高さは天下一品、美形は世界を制すと言うくらい女性が強い国です。

そんな風潮もある事を頭に入れておいてください、うかつにマナーなしで近づくと やけどをする事も有ります。

あるマナーのない日本の観光客(男性)が、可愛い子を見つけ!

ハウ・マッチと聞いて!バックでぶん殴られたなんて話も聞いています(笑)

私も あと20年若ければ、ぜひ お友達になりたい女性が いっぱいいます。(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月19日

1本のメール

先日、最近ブログを書かれていませんね、どうかしたのですか?

と心配して ある読者からのメールをいただいた。

いつも会社へ行くと まず私のブログをチェックしてから 仕事が始まり、今日のブログが無いと何かがっかりしてしまうと言う趣旨のメール内容でした。

自分でも!読者の中に こんな人が居るなどとは、とても信じられないが!

うれしくもあり、恥ずかしくもあります。(メールありがとうございました)

なぜ!私のブログなどが?その方の一日の気分に影響を与へてしまうのか?

フィリピン情報など沢山あり、私の物書きなど全然大した事など無いはずなのに!

と!思っていたのですが、自分の本音や愚痴がある意味で共通する思いになっているのではないかと思います。

年末ジャンボで1億円当たったら南の島でゆっくり遊んで暮らしたいと思う人は多いでしょう?

でも、私は仕事に帰ろうとフィリピンを目指します。

もちろん小さな飲食店をやっていますが、それが金儲けになる事はありません。

お金の為に働いている訳では無いのです、衣食住に困らないだけのお金はすでに持っています。

昔は、自分の時間と引き換え 苦労に我慢を重ねて その対価をいかに多く受け取るかばかりを考えていました。

だが!今は最も多く時間を投じる仕事に 我慢や忍耐など必要はありません、仕事を楽しみながら稼ぐ時間にしているのです。

時間は無尽蔵には与えられていません、与えられた時間の中で、一時をお客さんと楽しく過ごす。そんな生き方が出来る様な仕事を心がけているからです。

金=仕事ではない、仕事に対する取り組み方の問題であり、やりがいを作るのも自分なら やりがいを見失うのも自分です。

今は楽しく 南の島で仕事が出来る事を 感謝しているのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月18日

日本は寒い

ここ数日間 日本には寒波が訪れ 腰が痛いは 咳が出るわで 体調を崩し、弱気の虫が出て ブログの更新もままならず 憂鬱な日々が続いておりました。

でも、幸いな 事に本屋さんで十数冊本を買い込んでいたので、それを読みふけっておりました。

今後の日本は、根拠別にうまく行くと言う人もいれば アベノミックは失敗しアメリカの不安定要因により翻弄され2014年から最大級の不況に突入すると言う人まで様々の意見が錯綜しています。

その中で、ワクワクしながら読んだ一冊の本があります。

本の宣伝ではありませんが、昔 この人は面白いなーと思った人の一人で、通称 ホリエモン、ライブドアと言う会社の代表をして テレビにもよく出ていた人で その人のその後の 個人物語で タイトル 0(ゼロ)に戻って出直すと言う本だ。

今でいうIT関連事業で財をなし、株式上場をしたかと思えば、テレビ関連の株を買い占めたり、プロ野球団を買おうとしたり、又国会に乗り込みシステムを変革しようと衆議員選挙に打って出たりと 時の話題を一人占めしていたが一転して刑事告訴されて、刑務所に収監されると言う 時代にほんろうされた人である。

その人が、その顛末を赤裸々に 自分の家庭環境から、会社を興した経緯 人生観 何もかも無くして 自分をゼロに戻し、もう一度 どう努力するかを告白した本である。

が!内容的には、今までの角が取れて(押し一辺倒な強引さが取れて)とても良い共感できる題材に仕上がっていた。

彼の書いた本を以前2冊ぐらいは読んだことがあるが あまり印象には残っていない。

たぶん他力(借りて来た言葉で)書いた本だった?のではないだろうか?

今回の著書では、彼の言葉と心情に感動をした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 17:19 | 日記

2013年12月14日

他の命の大切さ

自給自足の考え方に学ぶ。

私達はいつか便利な社会や経済を追い求めて行く内に他の命に付いてあまり考え無くしてしまった。

スーパーに行けば肉が並び、野菜が売られそれが何処から来たのかなんて考えもしない。

経済とは究極の分業だと解っているものの実感が伴っていない。

貨幣文化だけが先行して物の価値を決めてしまう。

動物を捕まえてそれを食べる。

なんか残酷なように思えるが、命をつなぐという事は他の命をもらって生き延びているだけの事なのだが、あまりそのことが解らなくなっている。

私達人間だっていつしか家族の元を離れ病院で死ぬことが当たり前になり人間の死はこのようだという事があまり知られないように隔離され始めた。

昔は良く畳の上で死にたいなんて言われたが、もう畳の上で死ぬことも許されず孤独に病院の機械の上で臨終を待つ身になってしまった。

命が一体どんなものかもわからなく隔離されていく。

文明って臭いものには蓋をする文化なのだろうか、日本に帰ると変わり果てた日本に出会う。

いい事と悪い事が同時に進む日本、死の尊厳なんてものも、身内のぬくもりも、電気的に(バーチャルに)置き換えられる日が来るのではないだろうか?

人と人とのつながりもメールに置き換えられて携帯の中。

だって昔は親や兄弟や親友の電話番号くらい覚えていた。

今は自分の番号さえ覚えていない!

人間が人間として生きるのも大変な時代なのかもしれない実感を伴ってそう思う。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月13日

今年去りゆく人達

今年夏に 帰国した際 初めて見たテレビ報道で見た 藤圭子さんの自殺報道。

(私のブログでも取り上げた8月22日没)今年も 色々な方との別れがあった。

私達の合言葉にもなった巨人、大鵬、卵焼き、そんな子供時代から大好きだった

大鵬も今年1月19日没そして、巨人軍の元監督 川上哲治氏も10月28日没。

どなたも 間違いなく一時代を作った私達のヒーロであった。

私の青春のシンボル『愛のコリーダ』当時のピンク映画であるが 私は大島渚監督のファンでもあった、隠れて見た最初の作品でもある。(1月15日没)

そして歌手の島倉千代子、別にフアンと言うのではないが!彼女の歌で、人生いろいろ 男はパロパロと 歌詞を変え 受けの為に カラオケでお世話になる位です。

そして12月5日に亡くなったネルソン・マンデラ、アパルトヘイトに立ち向かい1990年代初めて南アフリカで黒人の大統領になる(1994年)その前年人種和解の功績でノーベル平和賞を受賞する。

残念ながら、あまりよく知らない でも 彼の人生を映画化した映画を見た時 こんな人もいるのだと感動をしたことをよく覚えている。

人類は素晴らしい大先輩まで無くしていくのだと 時の流れを恨めしくも思う。

やはり人は死んでいくのだ、誰の上にも平等に時が流れ、金持ちも貧乏人も 天才も凡人も等しく時の流れの隙間に没してゆく。

何だか今日は、気の重いひと時を過ごしている!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月12日

声なき貧困

日本に帰り まず目にするのがテレビです。

まずニュースの中で気付くのが凶悪犯罪の増加です、特に最近 殺人事件などが増えた様に思えます。

一昔前には殺人事件などは特異で 注目の的でしたが、今はさほどでもないようです。

それから気になるのは貧困問題のニュースです。

日本もいよいよ格差社会に入ったのを実感します。

もう少し 個人別の孤立社会では無く フィリピンのように 家族に頼ると言う事をもう一度見直した方が良い社会になりつつあるのではないかという事を感じます。

社会が担えないセイフティ―ネットを家族が代用しているフィリピン。

一昔日本もそうであったように、家族で支え合う文化を取り戻してほしいなんて思っています。

とかく 日本人というのは、恥の文化と言う物を持っています。

日本人個人には金がないとか!生活が苦しいとか!を言う事が 恥だとする文化が定着しています。

また国に頼る事が恥ずかしい事で、災害にでも合わなければ 他人に何かしてもらえるとは、思ってもいない文化があります。

自分の事は自分で何とか しなければならないと 思い込んでいる。(社会人的プレッシャー)

でも 自分や個人では何ともならない人達も増えているのです。

親子、兄弟、自分一人で我を張るのでは無く、甘える関係 ゆるく付き合う関係をもう一度見直したほうが良い。

支え合う大家族(じーちゃんがいて ばーちゃんがいて、父母がいる家庭)と言うのも今後視野に入るのも大切かなと言う気がします。

一人で食えなくなったら家族の元へ帰り 社会復帰へ向けて出直す。

離婚して子供を抱えたら実家に戻り今後の身の振り方を考える。

会社をリストラされたら一時戻り再起を立て直す、こんな事があっても良いのではないだろうか?

*日本は生活保護も充実していると言うのは過去の話、今はそんな人が多すぎて 行政も対応しきれないと言う話です*


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 02:16 | 日記

2013年12月10日

昨日 スナッチャーの現場を 店の中から見てしまった!

昨日 お店の中で日本に帰る準備をしていた時!

何気なく外を見ていると、店の外を歩く どちらかと言えばヒスパニック系の顔おした男性2人に、バイクに乗った男が近づき 店の前で止まり声を掛けた。

外人だと 解る様な顔をした男と話をしている!

ヒスパニック系のもう一人の友人は、女と何か話しをしていて 離れて行き その隙に

突然バイクに乗ったヘルメット姿の男が外人の首のネックレスに手を掛け、そのままバイクを発進させた。

男はつんのめりになりながら首に着いたネックレスを抑える。

バイクが転びそうになるが そのまま、まだネックレスを離さず引きちぎろうとする。

怒った男は殴りかかろうとするも、いち早く手を離しバイクはそのまま逃走。

何事かと近寄って来た友人がバイクを追いかけようとするがすぐにあきらめた様だ!

その場は一時、見ていた周りの人達が寄ってきて 騒然となるが!

ネックレスが取られていない事を確かめると、良かったと言い 離れていく。

金のネックレスは太くて、どうも引きちぎれずに首に残っている様だった。

でもかなり首は痛そうなしぐさをしている。

このフィリピンでは、ゴールドのネックレスや ブレスは危ない。

いつ スナッチャーに狙われるかもしれない危険があるので、身に着けるのは控えた方が良い。

私も以前18金のブレス・レットをしていて、知らぬ間に(抜き取られた)又は(落とした)経験がある。

自分では落としたかな?とも思っていたが、50グラムもあるもので落としたなら気付くはずです?今でも不思議に思っているが、他のフィリピン人に言わせると、それも上手なスリの手口だと言う?

どちらにしても金目の物を 目の前にぶら下げて、歩いていれば狙われるのは必至?

案外 高級品を身に付けている人も このフィールズには多い!

時計ではローレックス、カルチエ、等 金無垢仕立ての物を身に着けている人も時々見る。

こちらは案外偽物が多く、見分けがつかないので多少は大丈夫だけれど。

見る人が見れば輝きが違うのですぐに気付くし、私などは一目見ればすぐ解る。

なんせ自分も愛用しているからだが!フィリピンには持ってこない様にしている。

いずれにせよ金製品は、目に付くし 狙われやすいので出来れば身に着けてこない方が無難ですし得策です、高級品は見せないような工夫も大切です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:24 | 日記

2013年12月09日

本日から日本へ帰国します

12月の又寒くなった時期に帰るのは、あまり気が進まないのですが!

1月の寒さが最高潮に立つする時期よりは、若干良いかと思い 帰国を決意しました。

日本には、約2週間の滞在になります。

いつも長く日本を留守にしており、大変申し訳なく思っておりますが、なんせ体にはこちら(フィリピン)の気候が合っている様です。

どうも日本では、春と秋が飛んでしまい、夏から冬へと一足飛びになった様な話が 聞こえてきます。

この異常気象は、春夏秋冬の日本の文化まで変えてしまいそうな気がします。

また2週間 寒さで神経痛 ひざ痛 腰痛で悩まされそう!そしてアレルギーも!

日記(ブログ)も日本で書くことになるでしょう。

日本は、とかく流れとテンポが速い、その速度に着いていく事が出来ない今、もうこんなロートルはいらないだろうと思うのだが?

お呼びが掛れば、行かない訳にも行かない!

ウッド・ベルのお客様各位に致しましては、しばらくの間行き届かずご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

店主 鈴木


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月08日

リピーターのお客さんが多い

最近お店は、とても暇になりました、あまりに日本人が来ていない様です。

でも!毎年 クリスマス前までは、意外とお客さんが多いのですが?

今年は当てが外れてしまいました。

11月の年末に近い時期に、地震、台風と、続いて災害が訪れているフィリピンには なかなか来づらいと言うのが本音の所でしょうか?

しかしそんな中、少しづつではあるがリピーターのお客さんが来て下さっています、とてもありがたい事だと思っています。

マスターまた来たよ!と言ってくださる、明るい常連さん達の笑顔が見れて 私もうれしいです。

また最近、フィリピンに住んでいる方からのメールが入り、いついつ行きます!なんてメールをいただいてから実際にご来店にもなります。(感謝です)

長年フィリピンに住んで、いろんな経験をされ それでもなお フィリピンで生活をされている方々です。

そんな方々は、たいてい私のブログに共感を持たれた方々が多い様です。

当たらずとも遠からず!の私の書いた本音のどこか?気持ちを同じくされている部分があったのだと思います。

ある所には、 まずい 高い店と紹介されているが、そんなにまずくは無いですね!

むしろ味は日本に近く おいしいなんて、こちらが驚く事まで言われるお客さんもいます。

共にありがたいお客様ばかりです。

でも困りごともあるみたいです!(アンへに遊びに来るお客さんの中には!)

このアンへに出稼ぎに来ている子の多くは、ビサヤ地方のレイテやサマールの出身者の女の子が多いのです。

聞こえてくるのは クヤ― 田舎が大変 ドネイションちょうだいの!ちょうだいコールが多い為、お金が沢山出て行ってしまうと言うのです!

聞く所によると お客は少ないが!女の子は 各店多くなっているとの事です。

きっとサマール、レイテ あたりから沢山の女の子たちが、出稼ぎに 新しく来ているのでしょう?

ここアンへのゴーゴーバーあたりでは、当分ちょうだいコールの嵐が吹き荒れそうです!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 21:08 | 日記

2013年12月07日

しあわせ感

以前にも同じようなテーマで書いたかもしれない!

でも今さらながら幸せですと言う気持ちは何処にでも転がっているものなのですね!

若い頃と今、自分のありかたではあるが 自分を比較しくらべる事は出来ないが?

日本で頑張っていた時の 躍動感や懸命さは、今ここでは表現しきれない。

でも、今思うとそんな自分も とても好きでした。

金を追いかけているダイナミックさは、時代の超児でもあり 肩で風切る金の亡者とでも言いましょうか?沢山貯めたが、また沢山出ても行った人生でもありました。

けっこう税務署にも3〜4年ごとに狙われた自分があり、悔しい思いをバネに変えた時期でもありました、儲ける事が生きがいだったのでしょう。

でも今シンプルに人との出会いや 触れ合いを楽しんでいる自分も また とても好きです。

困りごとの相談に乗り、又他人の世話をし、その処理をしたりしている充実感も又楽しいものです。

自分の余分を削り落とし シンプルな生活感を通して見えてくるものの中の一つに幸せ感があります。

もっと、もっと金や権力がほしい、欲望を満たしたいと思い、そんな事に日々精進した日々も懐かしい輝きはあるが!

でも そんな競争心や闘争心の中にはあまり『幸せ感て』なかったように思います。

もっと、もっと、と!求めてやまない力だけ、望みだけ、だったと思われます。

今その場を離れて 考えてみると シンプルに生きるって、大切な事だと思います。

何も持たない、何も期待しない、あるがままに生るって!幸せな人生だと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2013年12月06日

飛込んで来た人の結果が出た!

翌日また3時頃 携帯が鳴りSDさんから結果報告が告げられた。

いや〜まいりました!

英語で書かれた文章はヒット・エンドランつまり『引っ掛けて逃げた』それはひき逃げだ!と言うのです。

この場で拘束をして裁判にすると言う物ですが(これは絶対脅し)

でもあまり怒らせて、そんな手続きに されるのもバカバカしい ここは穏便にと!

警察に顔のあるボスも 口をきいてくれて話は続く。

所長も出てきた、車の書類不備の罰金が1000ペソこれは何処でも同じ。

そして、女性との和解金5000その他の罰金が14000ペソ全部で20、000ペソだと言われたらしいが?まず最初の提示金額8000ペソでどうか?と値切り交渉に入った!

しかし、もう相手の手の内に入って居る、此処ですぐ拘束も(体は拘束、車は更迭没収)されかねない!

穏やかに徐々に値切って行ったらしい!旅先であまり持ち合わせも無い!

知らぬ道や、知らない法律、つい頭に来て冷静さを失い暴言を吐いた事は謝りますと泣きを入れます。

(ここでは、ポリスにくってかかったり暴言を吐けば、すぐ公務執行妨害が付きます、今後、皆さんも気を付けて)

オフィサーにはいつも丁寧に、下た手に出る事が大切です。

でも言う事は言う そして前言を翻さない!当たったかもしれないが、よく覚えていないという事と、大したことは無いと言う楽観視が思わぬ事態を引き起こすかもしれません。(覚えが無くても親告罪 相手が当たったと言えば外人は受け入れるしかない)

もし当たったかな?と思えば すぐに車を降りてソーリを言い、大丈夫かと相手を気遣う!

相手が外人なら、恥ずかしがり屋で、少し痛かった位なら、相手はアノ・ワラ・マン(何でもないです)と返してくれます。

その時 重ねてソーリ―といい握手をすれば大事に至らないケースも良くあります。

この国の心得は、まず相手を尊重する事から始めなければなりません。

たとえ理不尽でも我々はこの国に来させてもらっている、そしてこの国の良い所を利用させてもらっているのです。

此処は他国であることを再認識しましょう!特にトラブルに至らない様にして楽しく過ごす事を優先してください。

そして、10、000ペソで話が付きました、たぶん上司が出てきた分値上がりしたくらいで無事解決へと持ち込む事が出来ました。

そんな報告が来てSDさんには、 お疲れ様とねぎらいを添え一件落着です。

Yさんも少し勉強代が掛りましたが、これからは安全運転に勤められるよう お話しました。

我々は、動くATMに見られがちです、トラブルに巻き込まれないように、細心の注意が必要です、それでなくてもいろんな事件に巻き込まれやすいのです。

これ以後ご注意をお願い致します、そんなお話をしてお帰り願いました。

まあ何とか乗り切れましたが 飛込んでこられた方の、こんな事件の顛末でした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記