和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年02月28日

ブログの読者様へ(納得とご理解をお願いします)

私のブログは書いた内容の日にちが前後したり、起きた時点でのニュース速報的なものではございません。

自分で考え 納得した事を自分なりの理解と解釈を踏まえて、書いているもので 良く起きた期日と書く時期とが異なっていたりします。

又思い出しながら日記を書く時もありますので、特には事が起こった期日と書いている日と、掲載時期が違う事も時々あります。

毎日書いてもおりますが、かきだめをして順番に乗せているときもあります。

又編集者の都合で掲載がおくれたり、不適格な用語で原稿を入れ替えたりで 順番に乗ったり 遅れたり 掲載日が飛んだりで!

毎日楽しみにされている読者の方には、ご迷惑をお掛けすることが度々あります。

そんな時 当方を気遣い どうかされましたか?メールを沢山いただくことになります。(大変ありがたく思って居りますが、全ての方へは返信メールを出す事が出来無くて申し訳なく思っております)

また!いつの話をしているのだ!とか、あまり頓珍漢な時期に書くなとか!

誰の事を言っているのか教えてとか!日にちが違うとか!お叱りメールもいただきます。

あくまで 公開はしているものの、自分の想いと日記なので、自分への記録的な要素を多く含んでいますので、あまり他の方からのご批判の的には、ならないのではないかと考えております。

ブログではありますが 人が見る事を考慮して あくまで他人のプライベートには関わらない様にも 気を使っているので、特定の方の事は書か無い様にもしております。

しかし、もし書く時は 誰の事か?は、解らない様にも致しております。

人は(私を含め誰でも)完ぺきではないので、頭に来たり 腹が立ったりで こいつの事は晒してやりたい衝動にもかられますが!

そこは大人の対応でこなしております。

万事、そこの所をご理解いただきご覧いただきます事を お願いするものです。

敬具 筆者 鈴木


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月27日

受渡の日24日月曜日がやって来た。

残金を持って販売店を訪ねた、車は綺麗に洗車されワックスも掛っている。

周りと車内を慎重にチェックし 問題がない事を確認し 私は事務所内にいた奥さんにお金を渡した。

すぐさまカウンターの裏に隠れお金を数え始めたが、2〜3分後にOKと言うサインをもらった。

すぐさま書類一式の説明をされ、袋に入れられて渡されたが!私には何が何だか良く解らない?

一緒に行った車に詳しい人 I さんを呼び チェックが始まった。

OR、CRも OK 後は銀行と持ち主の売渡証明書だけ(ディード オプ セール)と言う。

そのIDも付帯されている、これなら良いと確認をしてもらい車のキーを受け取った。

その時点で売り買いは成立したことになる?

領収書は?そんなものありません、預かり書なら書く事が出来ます?

値段が決まり、お金を払って、書類と車を受け取れば、それで終わりなのだ!そうです。

いやに あっけない話でも!そこからが大変なのです。

一旦車を受け取れば、後は 何があっても責任は取らないと言う意味です。

さっそくその洗礼を受けました!

テスト・ドライブでは あくまで車の動きとエンジンだけはテストしましたが、その他の細かい事はあまり気にはしていなかったのです。

ガソリンスタンドに行きガソリンを入れようとした時、ガソリンタンクのフタが開きません。

スタンドの兄ちゃんが言うには、内側のケイブルが切れていると言われ、さっそく故障個所が見つかった!(本当に頭に来る!)

普通 販売する者の責任として故障個所や、手入れが必要な個所を知らせる義務があるはずだ!(日本だけか?)そんな事をするのは!

故障個所は、知らん顔し、上辺だけを綺麗にする商法は、後の客を逃がすという事を知らないのだろうか?(信用を大切にしない車屋さんはいつかお客を逃がす)

それが フィリピンの騙しの商法(でもこれが普通だと言う?)事を 改めて勉強した私。

どんなに慎重にしても何か抜けている!案外そんな所が日本人のウイークポイントかも知れない、他に何もなければよいが?

日差しの強い炎天下から車を守るカバーと、キーホルダーを買い新しい車のオーナー!私の友人に引き渡した。

どうぞ安全運転を心掛け、たのしいカーライフを楽しんでください!

事故や災難にぶつから無い様に!もし、ぶつかった時の対処も日頃から考えておいたほうがよろしいかも?

でも!車は、諸事から自分を守る最良の方法である事は、私も身をもって経験しています。

自家用車はビジネスマンの必須です、大切に乗って長い付き合いにしてもらえたらと願う私です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月26日

中古車の売り買い

近い知り合いの友人から車が欲しいと頼まれて中古車を探した。

たまたま日本人経営のカーウオッシュに良さそうな車が有ったので紹介した。

それが、きっかけで、友達はこの車を気に入り、この車を買いたいと言う!

それなら買いましょうという事になり!車を買うお手伝いをすることになった。

此処から私の体験した事を書いてみようと思う。

私は中古車を買ったことが無い!今まで買った車はデイラーからの新車ばかりで すべて購入店にお任せで、名義も車も納車されて終わりと言う手筈が多かった。

しかしフィリピンの中古車と言うのは、手数が半端でないと聞かされていたし、売り買いが大変だと聞かされていた。

まず騙されない事、金を払っても書類の不備、そして車の不調などあり、ありとあらゆることが自分の責任で降りかかってくるとも言われている。

ゆえに慎重に事に当たる事にした。(だから私は中古車を今まで買わなかった)

しかし今回友人の車を買う手伝いを お願いされたので、これも経験と思い慎重に事を運んだ。

車は1年乗っただけの新車に近い車、まだ保険は1年以上残っているが、前バンパーにと前タイヤの前に少し傷がある程度でまだ中は新車の匂いがする。

前オーナーは女性 ローンが払えなかったのか銀行管理となっていた。

まず値段交渉から始まったが、なかなか値引きに応じようとしない。(これが一番大変見たい)

値段交渉で大方1カ月が過ぎようとした時に動きがあった。

他の人がしきりに値引き交渉をし始めた、売れてしまうかなと思ったが!

値段は***000ペソの段階で壊れた!私はすかさず**万ペソで買うと表明しておいた。

それから1週間たった時、それでもよいと返事が来た!すかさずデポジットを払った。

そして、では まず先にいくら払うかという事になったが日本人経営者はおらず、スパーバイザーとの話なので、まず**万ペソ払いたいが これを払って大丈夫かと心配になり車関係に詳しい人に聞いてみた。

とにかく車の売り買いと言うのは、販売預かり店は展示だけ 後は売る人との交渉なのだと言う?

もしデポジットをしても、展示販売店はデポジットと言う預かり書をくれるだけ!

売る人 本人の確認をしないとダメだということで一緒に行ってもらい、車の売り買い証明書ORとCRのコピーをもらい、誰の持ち物かを確かめその人の証明書のコピー そして販売責任者の預かり書とIDのコピーをもらい始めてデポジットのお金を払った。

が、そこに至るまでも3日も掛った。

デポジット、P******と書かれた領収書みたいな!預かり書が出ただけで、そんな物を渡されただけで!少し心配だったが!手付金として渡したので 車の買い取り権利は確保されたと思った?

そして、翌週の月曜日と、車の受け渡しと金銭授受の日が決定されたが?

その日に行ってみると(受け渡しの確認に行けば)まだ書類が一部届いていないと言う返事ではっきりしない!

いつ出来るか?の問いに、ネキスト・マンデイ(来週の月曜日)と言われた。

少し 心配になったが車は置いてあるし、他の販売車も置いてあり 仕事も継続されているので、此処は安心しても良い車屋さんであると確信はした。

他ではよく騙されたと言う話を聞くので、お金を預かる立場としては(心配症の私には)少々つらい日々が続く。

明日に続く



にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 05:07 | 日記

2014年02月24日

没収されたお金の行方?

最近5300万円と言う高額なお金をフィリピンへ無申告で持ち込もうとした人が居る。

http://philippine.sblo.jp/article/87854138.html

一体どうしてそんな事になったのだろう?

いま日本では300万以上の海外送金には税務局に届け出が必要。

国税局に、睨まれる様なお金だったのだろうか?

日本で高額の海外送金を依頼すると銀行は嫌がるし、銀行間の手数料も馬鹿にならないからと考えたのだろう?

良く言われる通説の一つにフィリピンでは、申告し高額の現金を持ち込めば、入管の誰かにチクられホールドアップに逢うと言う?
でもこれも通説で本当かどうかは解らない?

まあ・・・そんな事!!現実にそんな現金持ち込んだことが無いので解らないが。

しかし、うちの顧問弁護士に聞くと返還請求は出せると言うが?

裁判に持ち込んでも10年以上かかるだろう!とも言う。

そして裁判費用、弁護士費用、日本からの代理人費用(これも英語にたけた弁護士)
それに、これが大変になるかもしれないが!!

日本国からの使途使用証明書(投資証明書)(出所証明書)なるものがいる。

当然国税の追及を受ける事になる。

裁判にするにも 強制送還なので返還請求の裁判での入国が難しいので、日本で弁護士の代理人を立てる以外に方法は無い。

その間の費用が10年と見て見積もっても(アバウトですからあてにならない数字)

初期に500万円年間300万円X10=3000万円無申告のペナルティと弁護士の成功報酬など!どう見積もっても帰って来るのはスズメの涙ほど だ!と言う。

でも、どうしてそんな馬鹿な事を?

それだけのお金があるなら 何回かに分けて運ぶとか!何人かに分散するとか?まだいろいろ方法はあるはずなのに?

考えもせずに短絡的に、なんで そんな性急に物事をケチってするのだろう?

そこが解らない!不思議な事件ですね本当に。

これもフィリピンと言う国や 人を考えないで 起こした行動に無理があつた!

と言うしかありませんね。

彼の周りには 信頼し 相談できる人が居なかったのでしょう?きっと!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月23日

本日は日本の女性がいっぱい

今日は、あまりお客さんの入りが良く無いと 少しがっかりしていた。

ふだんの土曜日ならけっこうお客さんが入るのに!どうしたのだろう?

そんな心配をしていると すぐに女性の集団が入って来た?

若い女性が6人 韓国の女性達かと思いきや!話は日本語!!

20140222_194528.jpg

日本人女性だ!めずらしい!アンへで若い日本人女性の集団を見るのは初めてだ!

さっそく応対に出た、メニユーをすすめると!一人の御嬢さん!あら 日本語がお上手ですねと言われてしまった!

はい日本人ですからと、お話ししますとすいません!現地の方かと思いました!

との返事。

最近私も現地化していますから!良く言われるようになりました。(日本人に見られない)

それを呼び水に 後から後からお客さんが入り、お店は結構一杯になってきました。

20140222_194618.jpg

このお嬢様方いろんな地方からの、より集まりで2週間の語学留学だそうです!

こんな事も有るのですね!若くてかしましい姿を見るのは久しぶりです。

皆さん頑張ってお勉強してくださいね!



にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月22日

女を買って益々ストレスをため込む男達

何のために此処に遊びに来るか解らない男達が増えている?

あくまでこれは私の感想とだけ!と言っておきたい。

もともとここは、女と心をかよわせる場所では無い!

あくまで花街なのだ、男が女を金で買う場所で、心などは おまけで着いて来ない。

ましてや一夜だけの男に心を開く女などはいない。

そんな簡単な事がなぜわからない?

サービスも金で買う、たくさんサービスがほしいなら沢山お金を使うこれが正しい。

規定料金までもケチり、女に食事も酒も飲まさずに、ホテルに連れ込みサービスが悪いと帰りのチップまでケチる、そんな男がもてる訳がない!

何もしないでも 今日は楽しかったとチップを沢山くれた人、女は、今日も彼が来ないかと お店で心待ちにするような 男こそが、此の花町で持てる条件だ。

金は使ってこそ生きるものだ!

せこせこ女を探し、少しでもいい女、安い女、やさしくて小金で遊べる女、食いもんはジョリビー事が終われば100ペソ渡しバイバイ!そんな男は、こちらからお断りだ!と女達は言っている。(女達の雑談会話より)

そんな事も解らず毎日血眼で女を探す男達、どこか間違っていませんか?

余裕のない男は、女遊びなどするものではない!これは人生の鉄則だ!!

金が無いなら溢れ出る 愛情とサービス精神を注ぎ、ユーモァを忘れず女性の味方となって女性にサービスをする、そんな男なら 金は無くても、もてるかもしれない?

そんな気持ちが無いなら、いつまでたっても通常のお客さんでしかない。

苦虫潰したような顔でひたすらステージを見つめる誰かさん!

あなたは、一体何を求めているの?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月21日

早足で過ぎた4泊5日

面白仲間がやって来た、ゴルフにバーホッピングと雪国から南国へとやって来た。

暖かいね〜ここは天国か?

私)いや地獄の19番ホールだよ!(笑)

ホテルも取っておいたよ、一人で回れるゴルフ場も、今日からは安心して私に任せて!(すみません またお世話になります!)エアーポトでの挨拶が終わり、いざ出発。

乗り込んだ車は順調にアンへレスに到着、今日からは日本のストレスは忘れてバカンスを楽しんでください、非日常の世界が此処にはあります。

ところで マスター体は大丈夫? 腰が痛いと言っていたので 骨盤を閉めるベルトをおみやげに持ってきたよと!やさしいお言葉 感謝です。

さっそく荷物を置いて 晩の食事とバーホッピングが始まりました。

最近出来たばかりのこのホテル プールもムードもいい感じ!

なんか?いいホテルで良かったと 感想を言ってもらえました。

明日も、あさつても、しあさっても、7時起きの早朝ゴルフだいじょうぶですか?

昼間はプールでまったりと ひと泳ぎ、体も焼いて帰りましょう!

夜はカラオケとローカルバー周り、とんでもないバーにも入りました!

それはそれで面白かったですが、良い経験になりました(笑)

たのしい日々はすぐに過ぎて行きます。

帰りの車の中で一言、今自分の事業で分かれ道に来ています、莫大な借金を背負い事業を拡大するか、分相応に自分の器量内で納めるか迷っているんです!

大きなストレスを胸の内に持っていたんですね?(経営者には毎日が決断と選択の日々です)

しかし人生はいつでも いくつ(何才)になってもチャレンジです。

経営者にとって道を選ぶとは、楽な道を選ぶことは後退を意味します。

それがどんなに難しく見えても、貴方の号令を待っている人達もいるのです。

苦しい時、だが!今がチャンスかもしれません。

貴方ならそれが出来ると信じています、応援しています 頑張ってください。

また南国19番ホールで会いましょう!待っていますよ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月20日

ハニートラップ

最近高齢者が元気だ、うちの店にもたくさんの高齢者が来る。

その中でも インテリジエンスの高い人に 多くこの現象が目立つようである。

たとえば、高齢でも英語が喋れる人や、コンピューターに強い人など ネットで女性とのコンタクトが容易に取れる人を多くは指す。

しかしフィリピンには、いろいろなトラップ(罠)が待っている。

最近聞いた話では、日本で、無料通信ネットを使いフィリピン女性と知り合いぜひ!会いたいとか?最近結婚に失敗したとか、災害で家を失い困っているとか?

援助を願い出る女性が多くいるみたいで、ついつい鼻の下を伸ばし このフィリピンまでやって来る男性が多くいる。

特に高齢者が(60歳以上)が、これにはまっているケースが多いと言う話も聞こえてきている。

しかし フィリピンでは、ホテルで会って部屋に女性を入れると 電話が掛って来て、夫が現れたり、ホテルレセプションから電話が掛り 下に降りると、その間に女性とスーツケースがが無くなっていたり。

油断している魔に現金を抜き取られたり!相手が18歳という事で部屋に入れたら16歳で警察がやって来て、逮捕されたり!などという事がたびたび起きている。

警戒しホテル、ロビーで会えば、美人の友人を紹介され、彼女の家で誕生日パーテイが開かれていたりして 一緒に行かないかと誘われ 付いて行けば博打や、葉っぱで現金を巻き上げられる。

まかり間違っていい思いをした人には、帰りのスーツケースに解らない様に麻薬が仕込まれていたりで 大変な事態となっている。

今回、海外旅行者の中には、関空で摘発される高齢の運び屋が急増していると言う。

覚醒剤やコカイン 高齢者が海外から日本へ不正薬物を持ち込む「運び屋」に仕立てられる事例が昨年から急増していると言う記事も読んだ。

(毎日新聞) 高齢者が海外から日本へ不正薬物を持ち込む「運び屋」に仕立てられる事例が昨年から急増している。

関西国際空港から 覚醒剤を密輸しようとしたとして昨年、大阪税関が関税法違反容疑で摘発した8人のうち 60歳以上は5人。

2011、12年は0人だったことから、大阪税関は「高齢者を敬うことで検査が甘くなると踏んだ新たな手口」とみて、警戒を強めている。
その中の一人は、フィリピンからの密輸コカインの運び屋として 利用されてしまったとみられる。

そんなハニートラップが急増しているので、鼻の下を伸ばしたおじさん達に警告です。

私の知り合いにも何人かはいますが、大きな痛手をこうむる前にやめた方が良いと思います。(そんなに簡単にタダマンや良い話はありません)

ネットで友達や恋人作りは、大変大きいリスクを伴います。

(俺は大丈夫だと言うあなたが一番危ない)

くれぐれも気を付けていただきたいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 21:30 | 日記

2014年02月19日

やられた!

もう何人の人が被害に合っているか解らない?(ラグビーボーイ達)子供のスリ集団。

今日も当店の近くやセブンイレブンの前あたりに20人近く集まっている。

私と友人が昨夜の6時45分頃店を出て車に乗り込もうとした時、友人が5〜6人の子供に囲まれ逃げようとしたが、財布を抑え逃げる際に日本の携帯をあっという間にすり取られた。

財布は気に掛けていたので取られる事は無かったが反対側に入れておいた携帯が無い!車に乗り込む前に気付き子供たちを探したが、どの子が犯人かまるでわからない。

仕方なく車に乗り込み移動する事になった。

翌日また他のお客さんから、今日の朝3〜4人の子供に取り囲まれ当店の前でお金をすられたと報告があった。

しかし、被害に合った少年の仲間の一人の手首をつかみ大声で ヘルプ―!と叫んだ。

周りの大人や、当店のコックまで飛び出し、逃げ出そうとする少年たちを抑えた。

トライクドライバー達は、少年たちの 服をはぎ、身体検査をすれば すり取られた1800ペソが出てきて、被害は未然に食い止められたのでした。

今日は、昨日すり取られた友人の『日本の携帯の被害届を』 ステイション4に出し、ポリスクリアランスを発行してもらい 日本の旅行保険のインシュランスで損害をカバーするようにと手続きを取った!

出来るか出来ないかは、これからの事だが!とにかく被害届をだしこの事態に対処する事にした。

被害届を出しに行ったとき、相も変わらず スティション4の仮留置場は満杯、目の前で白人二人が刑務所に送られる為に手錠を掛けられ送られていった。

結構 歳の様だが?警察官曰く カードスキミングとヒュウマントラフィックで、多分もう死ぬまで刑務所は出られないだろうと!言っていた。

それでも、私はツーリストポリスを探しだし、被害届を受理しさせ、被害届書を書くようポリスに交渉し作ってもらった。

でも!ポリスはヤクザと言われる由縁で、やはりやんわりと賄賂を要求されたが!

払うは払うが!いくら払うとは言わず どこに泊まっているのかの質問にも 安ホテルの名前を使い金の無い日本人を装った。

帰り際に300ペソを担当者に支払い、そそくさとポリスの詰め所を後にした。

やはり日本人一人で被害に合ったからと言って、ポリスと交渉するのは危険!

取られた金額に見合う金額を要求されるが?今回は、対処法を心得ていたので、まあ通常!3000ペソコースを300で抑える事が出来たので良かったと思う。

こんな時は、慣れたベテランを頼み、一緒に交渉に当たりましょう。

(これは皆さんへ、今後のアドバイスです)

140220.jpg
(その時作った被害届の書類です)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:18 | 日記

2014年02月17日

パイロット資格取得の落とし穴

鈴木さんに聞いて、この操縦士[パイロット]の取得はかなり難しい事は良く解りました。(パイロット資格にはPPL,及びPCLの2種類となります、ちなみに私はPPLです)

いやー実は、鈴木さんに聞けば、お金で何とかなりますよ!なんて甘い話が聴けるかと期待して 実は来ました。(う〜んと腕を組む私!そんなフィリピン神話は昔の話)

しかし、いま アキノ大統領は、不正に対してはかなり厳しい態度で臨んでいます。

ペーパー試験(PC)を使った試験も 時間制限や航空法規や、機械(航空機のエンジンや機体)気象学など10のセクションに別れて各項別に70%以下では受かりません。

フィリピンだから!となめてかかっていては到底 受かる事さえ難しく、私も2年半と言う歳月を勉強して受かる事が出来ました。(年のせいで記憶力も低下している)

スチューデント・パイロットのライセンスが2枚 そして正式ライセンスのコピーが1枚私の顔写真を添えて店に展示してあります。

それに加え、今は英語のトーク試験まで加えられ、私達ネーテブで無い外国人にはハードルは非常に高くなっています。

所で、その斡旋業者に付いて聞いても良いですか?

お話を伺うと 酷い業者だという事は解るのですが、入学金を払う時にきちんと話し合いをされたのでしょうか?

パンフレットやメールや電話だけで振り込まれたのでしょうか?

このフィリピンでは、パイロット最短コースでも4カ月くらいかかります。(オムニ(私の飛行学校の名称)の場合で、他の若い日本の人の学生の取得を見た経験によります)

45日のフィリピン留学ではどんなことをしても、パイロット資格取得までには至らないと思います。

お金を 払い込まれた以上あくまで自己責任と言う、ご自分の責任はついて廻るでしょうが!

学校側の受け入れ状況や(他国の学生もいるでしょうから!)現実との相違。

学生に対しての説明責任及び実際とは違う 嘘の表示による生徒募集に付いては、日本で裁判を起こし振込金返還の訴訟も出来ると思います。

現実にオムニにおいて以前そのような裁判を起こした実例があるとか聞いています。

日本で生徒を募集し、オムニに送り込んでいた業者との裁判で、訴訟を起こし裁判官による和解に持ち込んで、半額返還をさせたと言う実例の話もあったという事です。

あまり実名は好みませんが今後このような話に乗らない様に相談者から聞いた名前を公表します。

WCC、ワールドシティ・カレッジ・アビエーションコース。

BINACONAN RPC−20と言う学校らしいです?(Wさんのお話によるとですが?)

もし業者側から事実無根と言う反対意見が寄せられた場合は私のブログですべて公表いたします。

どうか皆さんも、お金を振り込む時は どうぞ慎重にお願いします。

あまりうまい話には乗らない様にお願いします。

フィリピンには まだまだいろんな話が有ります。(インチキも後を絶ちません)

今フィリピンはアキノ指導で法治国家へとの道のりを歩んでいます。

歩みは非常にのろく、成果が出ているとは とても思えませんが!その取り組みだけは評価されるべきです。

スペインによる600年の占領政策と搾取 アメリカの従続政策と!

痛い生活を余儀なくされたフィリピン国民、早くこの国にも真の民主化と平等が到来すればよいと望むものです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月16日

私を訪ねて見えた人

あまりにも個人的に忙しい日々が続いて居たので、書くのが遅れてしまいました。

4〜5日前の昼ごろ お店から電話が私に掛ってきた。

お客さんが待っています、何時位に帰れるか?と言う物であった。

ちょうどお客さんをホテルに送っていた時なので、あと30分もすれば店に帰れると返事をし、急いで店に戻ると!

鈴木さんですか?少しお話をお伺いしたい事があるのですが よろしいですか?と京都市からお越しの(Wさん)と言われるお客さんから 話をきりだされた。

実は私今、飛行機の操縦ライセンスを取るためにフィリピンの学校に通っているのですが!

英語の試験がひどく難しいと聞いていますが?実際はどのようだったのでしょうか?

鈴木さんが受けられた時の状態をお聞きしたいのです、そしてまた、通常のライセンス取得の受験は、どのようにされたかを お聞きしたいのですが?

少し悲壮感のこもった話に、違和感を覚えた私、いったいどうされたのですか?

と、私も聞き返した。

実は今いる学校は、日本でネットサーフィンをしている時に、航空機ライセンス簡単取得と見出しが書かれ、フィリピンですごく簡単にライセンスが取得できると説明書きがされていた。

やはりフィリピンだから お金で何とでもなるなんて匂わされ納得し どんなに英語の下手な人でも、いや、誰でも、45日のフィリピン留学で、飛行機のライセンスが取れると言う言葉に魅力を感じ、応募し入学金を払い紹介されたフィリピンの航空機操縦学校に通っているのですが!!

でも実態は聞くのと やるのが大違い!

孤立無援の学習では非常に難しく、数人いる日本人生徒たちも 途方に暮れている状態ですとのお話でした。

私が学んだ時の学校事情などをお話しし、フィリピンだから お金で何とかなるなんて事は今は断じてありません!より難しくなっています。

私も来年英語の再試験があります、受かるかどうかは自信がありませんが、受からなければ 私のライセンスも保留という事になります。(失効では無く一時棚上げでライセンスはそのまま残る)

かなり英語の上手な知り合いも落ちていると言う事実があり、前回はフィリピン航空局も、新しく始まったばかりの試験で内容もバラバラであったので、お情けで英語の試験を通して貰った様な状態でした。

しかしすべてオムニの学校側がおぜん立てし、担当者が私達に付いて指導してくれたので受験は比較的スムーズでした。

学校が何も手助けせず、生徒任せではとても受験はおぼつきません。

生徒を集めた紹介者は、何と言っていますか?

WCC フライト アカデミーと言う学校紹介所です。(あえて実名を書きました)

連絡しても私共は紹介までです、の返事でらちがあきません(詐欺に有ったみたいです)

しかも、学校の手続きや対応が遅く、とても一人ではフィリピンの航空局に行って手続するのも困難な状態で、同じ学校に通う一人の学生などは700万円も先に払わされて困っています。

話が長くなるので明日に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 21:49 | 日記

2014年02月15日

笑い話では済まされない話

前回書いたラグビボーイ達に 大勢の人達が被害に合い!

あまりにも被害続出で、フィールズのステイション4にコンプレインをしょうと思い立ち話に行く所までは書いたが、その後の話。

私のコンプレインは素直に聞いてくれたポリス、夜パトロールをすると約束してくれた。

しかし、相変わらず通りの角に子供達が集結している。

それで今度は 当店のコックにステイション4まで行かせ 子供たちがソルベンをしていると通報させた。

その返事は、ソルベンをやっている子供を見たら 捕まえてここまで連れて来てくれと言う物であった!(なに言っている あほらしい!)

それはポリスの仕事だろうと!!もう一度私が、パトロールを促しに行った。

解った、すぐ行くと返事をもらった そのすぐあと!通りに巣食う子供たちがいっせいに駈け出して行くのを見た!

その後 ゆう ユウと 警察のパトロール隊 その時子供たちは一人もいない?

誰か?警察のパトロールが今から行くよと!!子供たちに連絡があったみたい?

クモの子を散らしたように 子供たちはどこかえ雲隠れ一人も捕まえられない?

それから1時間後くらいにまた子供たちが集まって来た!

韓国人が財布をすり取られたという情報が、トライクドライバーからもたらされたのは、その後30分くらいたった後である。

やっぱり!な〜!!うちの従業員からもあきらめの言葉が漏れる。

やっぱり取締り情報が漏れている?と言うのは、本当みたいだ!

今日(本日)も まだパトロールの姿は見えない!困ったものだ!

これは笑えない本当の話です 本当に!(フィリピンの警察と言うのはこんなもんだとあきらめざる負えない)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 21:19 | 日記

2014年02月14日

笑い話(聞いた話)

うちのお客さんに 大阪から来ている愉快な2人組のオッチャンがいる。

そのうちの一人のオッチャンの話である。

彼がいつも使う飛行機は、来る時はゼットスター 帰りはセブ・パシフィックと 2つの飛行機会社をうまく使いこなしている。

そのオッチャン!コテコテの大阪弁をしゃべる割に少しやる事の間が抜けている。

今回は、先に変える事になり、もう一人の友人に空港まで送ってもらい 空港の入管もぬけ 待合ロビーに到着した、安心したのか その場に横になり寝むってしまった。

起きたら セブパシフィックはもうすでに出発してしまっている。

こりゃーあかんがなと!解らん英語でセブパシフィックの職員と交渉する。

どないしたらええんや!困ったなーたぶん 少し日本語のわかる職員がいてか?

どんな交渉をしたかは皆目わからないが?

ただで明日の帰国便の切符をもらえることになり、喜んだ!

明日もう一度来て下さいという事になり、フィリピンエアーの空港内事務所を出て空港を後にした。

それで もう一度 出直すためにアンへに友人を頼り帰って来た?

あんた!!帰ったんやないの!!驚く友人に わし寝てしもたんや!ほやけど明日の飛行機の切符と変えて もろたんや!いちんち延長でよかったがな!

と うそぶく手前 パスポートには、今日付けで出国スタンプも押されてしまっている。

本来空港の中に留まらなければならない筈が、アンへに舞い戻って来てしまっている。

こりゃ!えらいこっちゃがな!帰ってきたらあかんで!もうあんたのパスポートは不法滞在になっているがな!

驚く友人を しゃないなー!ほな!また明日空港に行きまっさーと驚くほど冷静。

下手うてば、監獄行きやちゅうのに! どうするのかいなー?

明日は一人で行きなはれやーと 送り出しても 気が気ではない!(友人談)

飛行機の搭乗時間に友人に電話が掛って来て、大丈夫でしたわ!

心配してんねんけど!セブパシフィックの職員が付いて来てくれはってな!

なんか入管の人に文句をいっぱい言われていてはったけど、わてには解らんかったけど!ここまで来たんやからいいんやないの?

今日も また何とか 搭乗のロビーまで来たんで!ねむらず!まー!帰りますわー!

と 電話が、ウッドベルで食事中の友人に掛って来た!

私の目の前でのやり取りに、ほーですか?めちゃくちゃですね!

またえらい事をやりましたな!大事にならんでよかったですな!

目と目が合って大笑い!!こんな事も有るんですね!

まあそんなんで良かった!よかったですね!と私。

またどちみち又来るんでしょう!話はこれで、また本人に聞きましょうと!また大笑い。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月13日

この3日は猫の手も借りたいくらいの忙しさ

2月8日から2月11日まで日本人が多く、お店も満員御礼の期間が続きました。

今日 やっとひと段落し 落ち着きを取り戻しております。

この3日間、席が満席で ご迷惑をおかけしたお客様も多く 大変失礼いたしました。

お詫び申し上げます、また それに懲りず、お出かけください。

やっと今日、ブログもここ数日間の事を思い出して書いています。

今日 今年初めての雨が降り、客足もまばらなので、PCに向かい ゆっくり落ちついて書いています。

11日の未明 昨夜3時ごろから古タイヤを山積した、場所から出火し、作りかけのコンドユニット10階建てに飛び火し、この火災で大破と言う悲劇が起こりました。

真夜中から消防車のサイレンがうるさく、朝方まで続くと言う火災で、どうやら一人死人も出た様です。

その隣に住んでいたアパートの友人の部屋の中も煙が入り、黒い煤けた灰で 天井もろとも部屋の中全て真っ黒になったという事です。(火災に遭遇しても、命に別状なくて良かったネ)

友人談) 此処の消防の能力は低いねー!水をまいても火に油を注ぐだけ、そんな事も知らない。(火に水を掛けないでビルの壁に掛けろ!古タイヤは石油そのものだ!!)

3階まで位しか水が届かないし、一番後に化学消防車が到着したが、燃えるだけ燃えて鎮火した!

黒い煤けたビルの残骸が今も無残な姿をさらけ出している。(写真を見て)

DSC_0410.jpg

DSC_0403.jpg

DSC_0424.jpg



まつたく、うちも油断しては、いられない 火災対策もしっかり見直さなければ?

しかし、隙間の無い連棟では、類焼は免れないかもしれないが!

とにかく 自分の所から火を出さないよう気を付けよう。

とにかく フィリピンにバカンスで来ても、命の危険には いたるところで遭遇する。

最近出来たホテルでさえ!いざと言う時に脱出する事が出来る様な、安全設備に金が掛っていない。(困った事だ!)

お客が多い昨今のフィールズ・アベニュー、でも それとは裏腹に遅れる安全対策!

泊まりのお客様方には、ホテルのそんな所を見てほしいと思う今日この頃です。

くれぐれも火災と災難にはご注意ください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月12日

危なくなったアンへレス

今までは バジヤオ(海洋民族)のお金ちょうだいの子供達から、ラグビーボーイの出現により とても危なくなったアンへレス。

ラグビーボーイと言うのは、日本で言うシンナーを吸う少年達の事で ラグビー(ソルベン)靴用のボンドをボトルに詰めそれを吸う。(ソルベン中毒者)

此処にいるのはシンジケートに管理された少年達だと言う?

いくつかのグループに別れてはいるけれど!それでも根っこは全て同じで 同じシンジケートの大人たちに管理されている。

最初はタダでソルベンを配り 食いついてきた子供達だけを薬漬けにし 言う事を聞かせる。

言う事に従えば飯とソルベンを渡し、稼ぎが無い子には鉄拳と飯抜きの罰が与えられる。(子供グループで、罰や 刑務所に行かなくても良い年代だけを集める)

あの少年グループとこちらの少年グループは違う?違うように見えても皆同じ穴のムジナです。

全て 同じソルベンをもらって 悪い事を強要されている子供たちなのです。(中にはナイフを持った子もいる)

それに加えもっと悪いのは、ポリスとつるんでいる事です。

一部のシンジケートから金をもらっているポリスは、取り締まりもせず、見て見ぬ振りをして、盗んだ金の上前を撥ねるのです。

金を盗む子供の頭を叩けば、捕まるのは外国人と相場が決まっているので、殴る訳にも行かず大声を出すのが精一杯。

でも そんな事を 子供たちは良く知っているのです。

集団で取り囲みポケットやカバンを探る その手は素早い。

財布を握れば一目散に逃げるが、盗んだものをリレーで渡し 誰が持っているかは、すぐに解らなくなると言う寸法です。

当店のお客さんも店を出て すぐズボンのポケットから、お金を3万円位スリ取られた。

もう一人は財布をポケットからすり抜かれ逃げられた!

追いかけても逃げ足は速い、もうこんな事件が3日間も続いているのです。

何とか早い対策をしなければいけません。

明日ポリスステイションにコンプレインに行くつもりであります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 18:36 | 日記

2014年02月09日

映画『永遠の0』に魅せられて

どんな理由で このフィリピンから飛び立ったしんぷう(神風)特別攻撃隊の事を知られたのかはあえて聞かなかった。

共に会社の同僚と だけしか あえて聞こうともしない私!

でも気持ちは、はるか遠く70年前に300キロ爆弾を抱えフィリピンの海へ消えて行った若者たちを想う、小さな集団をご案内する。

先輩、後輩と少々歳の差はあるが、4人の日本人を連れて特攻隊記念碑を今日は廻っている。

140209.jpg

リリーヒルズに建立された観音像の前で線香をたき、西飛行場と東飛行場跡地では!見知らぬ 先達者達が先の戦争で 戦い没して行った70年前を想う。

日本の為に戦ったこんな人達もいたんだ!と手お合わせ拝む姿も!感慨深げ。

フィリピン人が守ってくれている 私設博物館も、昔の時間の想いでをとどめている。

写真の中では笑っているゼロ戦の飛行機乗り達。

今まさに 日本の飛行場を爆撃しようと飛んで来たアメリカの爆撃機に戦果の写真を取られている光景。

古い鉄兜や 昔の洞穴から掘り出された機銃や単発式のライフル、70年以上の時を経て、朽ち果てた残骸を今にさらしている。

彼らの胸の中(今ここに集う日本人達)には、戦争なんて二度と起こしてはいけないんだ!

僕らの豊かさはこんな犠牲の上に成り立っているんだな!と故人を想う一時の旅となっていただけたらこんなに喜ばしい事はないと想う。

このアンへレスのクラーク基地の中にはこんな歴史の爪痕も残っている。

フィリピンに来る理由は様々だが、心静かに戦争で散って行った故人を想い 今の平和をあらためてかみしめてみるのも良い事ではないかと思う。

いま日本では永遠の0(百田尚樹氏著書)と言う映画が話題になっていて、そんな事で、太平洋戦争とフィリピンが見直されているのであればミーハーでも良い、ここに来て手を合わせてもらいたいと思う。

私の叔父もこのフィリピンの海にねむっている。

でも特に感慨はない、事実を受け止め、戦い死んでいったものに感謝をささげたいと言う気持ちだけなのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月08日

足の怪我であるけないと飛び込んで来た人

今日お昼過ぎの時間にトライクから松葉杖を使い お店に入って来ようとする人が居る。

すぐ ウエイトレスに命じドアを開けなさい お客さんをサポートしなさいと指示を出す。

お客さんは入って来るなり、マスター久しぶりですと声を掛けてくださいました。

どうしたのですか?その足は?と声を掛けると、1年ぶりに来ましたが 山歩きでで足をくじき今歩けない状態です。

日本を出る時 AIUの保険を掛けてきましたが、保険会社まで電話が通じないので困っています。

どうやって保険会社まで連絡をしたら良いでしょう?

マスターに聞けば、何とかなると 痛い足を引きずり此処までやって来ました。

動かぬ足で明日飛行機に乗らなければなりません、明日がフライト切符の帰国予定日です。

困りました!如何したら良いかと!ほとほと悩まされます!なんとか力を貸してくださいとお客さん(K)さんは、そう言われたのです。

保険がありながら病院にも行けない?そんな馬鹿な!

まず足を直すように病院に行きましょう!(保険でカバーされるように頼んでみます)

車は私の物を用意します、見れば歩けそうもありませんね!病院に入院した方が良いと思います。

まず、今泊まっているホテルをチエックアウトし、まず病院へ行きましょう!

知り合いのジャパンデスクの人が居ます、お金は少し両替して持ちAIUがキャッシュフリーで使えると良いのですが、私も話してみないと解りません。(保険会社には私が電話します)しかし 現在私も病院のジャパンスタフの電話番号は知りません!

でも知り合いに知っている人が居ますので 今からバイクで番号を聞きに行ってきます少しここで待っていてください。

ちょうどマッサージ屋のダイちゃん(経営者)がいて番号を教えてもらい、すぐ電話を掛けると!だいじょうぶです、連れて来て下さいとの返事に、また急いで自分の車を取りに家まで帰った。(ジャパンスタッフのYさんのすぐの返事は心強い)

病院に着いたのは1時半ごろ スタッフも待ち受けていてくれて すぐ診察と検査が始まった。(足は思いっきり腫れ上がっている、見ているだけで痛そう!)

残念ながらAIUでは一部自己負担があり、すべてこちらで立て替える事が出来ない。

次回は、日本の損保ジャパンに入ってくださいそうすればキャッシュフリーですべてがカバーされます。(これは体験済みの事で宣伝ではありません、本当の話です)

病院の対処療法が始まった 後は、ジャパンヘルプデスクの人に任せて帰途に付いた。

海外で困った時はお互い様、アンへレスでは当店を気軽に訪ねてください。

力になれて、良い解決策があるかもしれません。

(Kさんの場合医療費は保険でカバー出来、帰国用のフライト切符まで保険で出る手続きをすれば後から帰って来ると言う物でした)

後は安心して早く足を直す事を考えてほしいと思います、これで1件落着です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月07日

私の問題点提起

1) やはりフィリピンの歴史、民俗 風習、日本とは根本的に考えが違うという事を学ばなければなりません。(奥さんに暴力を振るえば、身内に自分が殺され事もあります最近のニュースにもなりました)

2) 結婚で配偶者に出されるビザは13Aと言うビザですが、まれにそれが出ない人もいます、その理由はそれぞれですが、こんな事例を私は知り合いの人から聞いた事があります。

奥さんのフィリピンでの離婚が成立していない場合(フィリピン人との結婚が無効になっていないケースで結婚歴があり子供を持っている人と結婚した場合)又は、日本で結婚した奥さんの名前が 本当の奥さんの名前でなかったりする場合がたまにあったりします。

一昔前にはイミテーションパスポートで沢山日本に出稼ぎに行ったケースもあり、後で結婚した人の名前を調べていくと奥さんの従妹なんてケースがありました。

こういった場合ビザの取得が難しくなります。

3) 周りには話をしたり 情報を入手する同邦人が居ない?もしくは隔離されて一切ほかの情報が入らないようにさせられる。(他の日本人は危なと言う事を理由に必要以上に外部との接触を嫌う傾向がある)

銀行なども 日本人だけでは口座が作れないからと、奥さんとの共同名義にされ!

入れておいたはずのお金が もうすでに引き出され 無くなっていたと言う話も良く聞きます。(とにかくここで暮らすにはいろんな情報が必要なのです)

とにかく自分自身が孤立無援にならない様に信頼できる友人知人を持つことがフィリピンに住む大前提と言えるのではないでしょうか?

4) 日本では おとなしかった奥さんがフィリピンに帰ると性格が変わったかの様に派手になり、日本人の妻という事で見栄を張るようになります。

お金使いが荒くなり日本人の妻と言うので言い寄る男性が多くなります。

俺の嫁はんは50歳近い そんなおばはんに言い寄る男なんて居ないよ?と言う常識は此処では通用しません。

女も男もここではお金があればモテモテなのです。

5) このフィリピンで暮らすには、男女の愛情が基本です。

より良い夫婦愛が基本です(家内円満の為)フィリピンでは、女房に知られなければ男性天国などと遊びを基本に考えると、すぐに家庭は壊れ、セットアップと、命の保証が無くなります。

遊びは、男の甲斐性などと言うたわごとは通じません。

男性天国とは妻帯者の者や為にはには有りません、遊びで来る旅行客の特権だという事です。

どこで暮らすか?どういう生き方をするかを 選び取る、と言うのが移住です。

甘い考えや、女が安い!遊び放題!なんて うかれ気分でこの国に来れば、命の保証がありませんし、無1文にされて後悔するのが関の山です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月06日

私を訪ねて見えた人

2月になってから、また 私を訪ねていただいたお客さんがありました。

あまり私自身 頼りがいが あるとは思っていませんが、話を聞く程度なら!

また 些少のアドバイス位ならといつも考えております。

今回のお話の中で 前回もお話しした孤立する日本人の姿が浮かび上がってきました。

私が感じた事を少し書いてみたいと思います。

明るく屈託のない64歳のリタイアメントの方のお話でしたが、少し重要なポイントがこの話の中に隠れていました。

まず最初に、温かい国フィリピンで 余生を過ごしたいと考え、初めてこのフィリピンにやってこられたという事ですが、やはり日本でフィリピン女性と結婚されており

奥さんの故郷という事でもあり、あまりフィリピンの事は勉強なさらずに来られた模様です。

奥さんの生まれた所は、マニラのトンド地区、近くに日本人は一人も居なくて奥さんの親戚 知人達に囲まれて暮らすと言う生活で、唯一パソコンを1台持っていたので、いろんなブログをネットで検索し、読みあさると言う毎日だったと言うものです。

唯一それだけが楽しみであると言う期間が7カ月続き とうとう我慢しきれずに一旦日本に帰られたそうです。

いやー日本へ帰るのは気が重かったですよ!だって友人 知人 親戚に 移住をすると言う大見得を切った以上 ちょっと引っ込みがつかなくて、帰るのが恥ずかしかったのですが!今思えばそれが大正解だったという事です。

此処のお店の マスターのブログもその時に知りました。(いろいろ参考になったそうです、ぜひ 私に会いたいと、私の帰るのを1時間半も待たれておられました)

あえて言えば、その時見聞きした ブログの内容でフィリピンの事をもっと知らなければと思わされたのです。(いま日本に帰りタクシードライバーをされている方のブログも参考になり、帰るきっかけにもなりました)

私はフィリピン女性と結婚していたので ビザも結婚ビザで良いと思い 申請していましたが いつまでたってもらちがあきません、入管職員だと言う方にもお願いしお金も払いましたが、今一良い返事がありません。

なぜかと考えていましたが、結局わからずじまいで終わっています。

マニラは渋滞が激しく 何処か田舎での暮らしの方が 良いと思うのですが?

でも奥さんはトンド地区から出たいとは言わないそうで、どうしたらうまく余生がこのフィリピンで過ごせるか?と言うのも一つの疑問と質問でした。

この方には5つの問題点を提起いたしました。

この国に免疫のない方や国情に疎い方など今一度この国をご存じの無い方の為に少しお話をさせていただきます。

明日に続く


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年02月05日

フィリピンのインフレが急激に進んでいる

マーケットや小売りの値段がじりじり上がっているのが実感できる。

最近フィールズのバー街にも影響が出始めている。

とうとうバーファインの4000ペソの店が誕生した。(マニラと変わらない!)

通常ドリンクも120ペソと言う値上がりぶりだ。

フィリピンもだんだん住みにくくなる、マニラなど かなり物価が上がっているみたいだが!在住の皆さんは、どんな生活ぶりをされているのであろう。

寒い冬には、ゴルフもあたたかいフィリピンでと!

韓国からは大挙してお客さんが飛んでくるみたいだが?

韓国国内より フィリピンでのプレー代が安いと言うので、コースが出来上がり評判の良いゴルフ場はゴルフのプレー代もどんどん値上がりしている。

ゆくゆくは、ミモザとプレー代金が同じくらいになってしまうかもしれません。

今では日本でプレーをしたほうが料金的には、安いなんて逆転現象も起きています。

最近マーケットでも野菜が高く、一部の商品を除いては、日本より高いなどと感じています。

フィリピンは物価が安いなどと、どうしてそんな事が言われているのか解りませんが?

フィリピンで安いのは人件費位です、それと酒とたばこと女?

最後の女は、一時レンタル料金で専属にすれば料金は5倍に跳ね上がります?(笑)

生活費に比べればガソリンなどは異常に高く、車も(中古車等)はかなり高いです。

こんな調子でインフレが進むフィリピンで人々の暮らし向きはだんだん苦しくなってゆくばかりです。

この国の歴史に根付いた経済システムでは庶民にお金が回りません。

お金持ちがよりお金持ちになり、権力者がより権力をふるう為にお金が集まるシステムで、庶民は、そのおこぼれしかもらう事が出来ず、それも低賃金で働くように国民の奴隷化が進んでいる国のシステムなのです。

またその辺の事は、まとめて書きたいと思いますが、興味のある方が少ないのでいつになるやら(笑)

とにかく給料が上がらずインフレが進むこの国、外国人である私達は ここ当分円を大量にペソに変える事は生活防衛上 止めておきましょう!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記