和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年03月06日

フィリピン女性の性風俗との係わり

一説によるとフィリピンでは、10人に1人の割合で風俗に流れる 若い女性がいると言う事が、あるブログに書かれていました。

日本でも貧困女性が風俗に流れる確率が高くなっているとも 先日覗いたブログに書いてありました。

しかし、このフィリピンでは 生活の為と言うのが通説で、遊ぶ金が欲しくてやっている人はごく少ないと思います。

その根拠と言うのは、やはり賃金の低さと言う事が 起因していると思われます。

1日8時間働いて350〜450ペソと言う低賃金で働いているのが現状です。

400ペソと言うのは日本で言うと800〜900円位で時間給と同じくらいです。

一ヶ月25日働いて1万円位ではまともな生活は出来ません。

もう40数年前の私の初任給と同じくらいです。

ましてやシングルマザーになった女性にはミルク代も無いような有様で、赤ちゃんの紙おむつも買えません。(ゆえに多額のチップが入る性風俗に入って行く人が多い)

体を動かして 働けない女性は、ネットカフェで外人のカモを探し、少し可愛ければシンジケートの組織に入り 組織的にセットアップするカモを見つける仕事や、フリーの子でも仲間とつるんで罠を仕掛けて、引っ掛かる外人を待ち受けています。

援助してくれる外人を探して 根気よく助けてください、お金を貸して下さいと ネットで呼びかけている子も沢山います。

綺麗でスタイルが良ければ、サイバーセックスの相手やダンサーとして働きます。

体以外に資本が無いからです。

又学生でも カラオケやKTV バーなどで学費を稼ぐ人もいます。

親の手取り収入が少ないからです。 

てっとり早く ヌードダンサーや個室で性サービスをして稼ぐ人もいます。

又フリーで援助交際喫茶に出入をし、あしながおじさんを探す人もいます。

全て 教養と学位のない、底辺の 弱い女が生きていく為の手段です。

しかし、これが転落人生か?と言うと そうとも言えません!

世界には若さに価値があると考える(思い込んでいる)おじさん達が居るからです。

これで敗者復活する女性も多くいると聞いています。

その条件は、若くて美しいと言う条件がいりますが、18歳から25歳までの才女にはそのチャンスがあるという事です。

しかし、選ばれる と言う その門はかなり狭いという事が出来ます。

女の視点から見れば、まず遊びたいだけの男はすぐに対象から外します。

自分に惚れて 入れ込んでくれる人の中から、相性が良く 金払いの良い人をターゲットにします。

この時点で頭の良い男(事業家)は避けます。(常に女が群がるからです)

馬鹿で 人の良いおじさんを掴んだ人が勝ち残ります。(サバイバルなのです)

何とか女が35歳くらいまでは、性的魅力で!これで行けるのです!

その後はどうなる?

それが知りたい人は、今書いている事!(聞いた話ではあるが)

明日の女のサバイバルを見に来てください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年03月05日

LTO交通取り締まり警官のアホンダラ!

しかし、交通規則違反などの、交通取り締まりに 違反しなければ良いと言う声が聞こえてきそうだが?

女性をすぐそこまで送る途中ノーヘルで(ヘルメットが無くて)後部座席に乗せLTOのポリスに捕まった。

少しでも違反は、違反 自分も反省して 免許を渡して違反切符を切ってもらった。

ペナルティは380ペソだと言う!(自分の考えが足りなかった 仕方ないかと思う!)

翌日LTO の事務所まで免許を取りに行った。

すぐ ペナルテイを支払うのと交換で、免許を返してもらえると思っていた。

所がどうだ!セミナーを受け1750ペソ払えと言われたのである!!

なんだと!・・・怒り心頭、警官達はノーヘルで平気で走り廻って居るでは無いか?

1時間もしないうちに撤収、ランチ前の 昼飯稼ぎの取り締まりで、後は運転手までノーヘルで走り放題になっている。

片や地方へ行けばヘルメット禁止区域もあり!解釈に苦しむ。

ついこの前までナンバーの着いたジャケットを着ないと乗れないだとか!

マニラでは7歳以下の子供は、たとえヘルメットを着用しても乗せればペナルテイ!違反切符が切られます。(これは本当の話です)

また今、二人乗りは禁止するとか、しないとか?かなり迷走した法案が出されている様です。

それもすべてに公平ならそれも良いかもしれないが?

自分勝手な解釈で、賄賂を払わない者は勝手にペナルティを上乗せする。

外人は金持だから 講習のセミナー付にするなど、何ともやりきれないやり方をする。

違反常習者でもないのに バイクの後方同乗者のノーヘルになぜ講習がいる?

もう 3年も前になるが違反が 4回続き 右折違反、駐車違反、CRの書類同乗違反、後部同乗者ノーヘル、と続き講習を受けた事がある。

その時も ノーヘルの人達だけ集められ 5分間のみの話で、ぶつかったらノーヘルの人が可愛そう 怪我をする、日本はどうかと聞かれ!ヘルメット着用は当たり前と言うと、そうでしょう!ヘルメットはかぶるようにと言われそ のまま返された。

これが講習か?これで1300ペソも取るのか?

違反者はノーチョイス1日働いても 400ペソも もらえないフィリピン人達からも取る。

生活のバランスを少しは考えたらどうだ!(罰金も程度による)

政府のこの横暴な権力による暴挙を、国民はどうして怒らないのだろう?

飼いならされた羊がもう一度立ち上がる日は無いのだろうか?(ピイプルズパワー)

違反は、いけないと思うが、このくそったれ警官ども!を何とかした方が良い!

本当に このフィリピンこそ 住めば住むほど、いやになる国である。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年03月04日

日本に帰ります

デルタ航空で日本に帰ります。

まだ寒そうですが、日本での野暮用をこなしに帰ります。

どうも今年は、私のフィリピンでの勝負の年になりそうな予感です。

今まで温めていたプランを実行に移す時が来たようです。

その報告はまた折を見てお話しします。

この国では、ビジネスを急いでは、必ず失敗シュッパイに終わります。

急がば回れ、強いては事を仕損じるの!諺 道理です。

ゆっくり回り道をしながら気長に時期の到来するのを待つのです。

後は自分のやりたい事 そして考えた事を実行に移すだけです。

その時は、他にない様な考えを、また自分のオリジナリティを発揮するチャンスです。

一時は失敗の様に見えても、あきらめず改善に努力すれば失敗ではありません。

それが私の商売の鉄則です。

又喜んで次の報告が出来る事を願っています。

今年の11月ぐらいまでには完成させたいと希望を思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年03月03日

ある困窮日本人 2

案の定 クラークのステッカー 有り、無し の選択を間違え 止められていた。(免許が無く、無免許で車の運転をしていた!とのポリスの指摘で困った!)

CDC(クラーク)のポリスなので、これは厄介だと思ったが 私の免許証はプロフェッショナルの免許だったので、ポリスに話し、彼は私の生徒つい!車の練習で広い道を走りたかった!という事にして、今 問題を起こすと免許が取れなくなるので許してほしいと お願いし、問題にしない様にと頼み込んだ!

隠れて賄賂を握らせ ここは穏便にと平謝りに謝った。(彼は受け入れた)

彼は無言で行けという合図をガードマンに送り、すぐさま私が車を運転しその場を逃れた。

びっくりしたが!何とかおさまり胸をなでおろした!

なんで クラークなどに入った?フレンドシップへ行くなら脇道でいいだろう?

私の質問に! いやこの道を行けと 指示されたからとふてくされて言う!

彼の言動には、雇い主に対し慎重さがまるで無い!

私が言い置いた注意も もう頭にない。

この人は、車に慣れていない以上に、車の運転が無理だと感じる事が多くなった。

何も考えず その場限りでのパフォーマンスのみで運転している?(運転は、事故につながると言う危機感が無い)

片手は顎にハンドルには片手しか置かず,ハムスも通常のスピードで通り過ぎる。

何度言っても 車がバウンドしてからソーリーと言うだけ!

道路の壊れたガタガタの上を避けもせず走り、路肩に落ちそうなサイドを走る?

真ん中を走れと言うのに センターラインをオバーしたり どことなくまっすぐ走らない?

完全にフィリピンボケになっている?(対向車にも気を使わない)

たぶん彼は、ある時点で思考を 自ら停止させた、そして考えを止めた彼に 残されたものは、あきらめと 何も考えられない頭の構造だけ、だからこそここで暮らしてゆける。

何も神経を使わず、刺激の無い食うだけの生活に慣れ、普通なら気を使う事に、まるで気が付かない。(関心が無い)

マクドで話しているときには 気が付かなかったが今、彼の本当の姿が理解出来た!

彼は、神経を使うという事が無い生活に慣れきっている!

怠惰なフィリピン生活を続けていると、頭の脳みそに神経が行き届かなくなるのであろうか?

もうこの人は 日本人であっても 日本人感覚では無くなっている。

ゆるいフィリピンに感化されたジャパンフィリピーノに成りきってしまっている。

私も、初めて気が付いた、いつも神経と気を使っていないと、こんな風にどんどんフィリピン人感覚になって行くのだという事を?

私が求める日本人感覚には、もう戻れそうにもない、私の傲慢なヒュウマニズムにくさびが撃ち込まれたみたい!(私の甘い考えは通用しないのだ!)

この人は成るべくして 今の状態になった人なのだ!という事を今初めて感じている。

俺は 甘い バカな人間なのだという事も、改めて実感している。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年03月02日

ある困窮日本人(私の経験した事を書いてみます)

以前からの知り合いの一人です。

このアンへで暮らす日本人が居る。(私も知り合って4年位になります)

私は、少し気のどくに想い 時々(1週間に一度位)マクドナルノを奢り 一緒に食べながら話しをする程度ですが いつも元気な様子です。

もうビザの更新は7年近く止まっていると言う。(現在オーバーステイだがポリスは金の無いオーバーステイなど相手にしない)

彼の生活と言えば 駐車場で車を止めた人達からのチップをもらい、周りのフィリピン人の雑用をこなして生活をしているという具合だ。(もらう金は少ないが 食べてはいける)

そんな彼に、立ち直るきっかけとして、仕事の話を持ち込んだ!(単発的なドライビング・ドライバーだ)

継続的に採用するには無理があり、たまにドライバーが居ない時の単発的なアルバイトの お願い仕事です。(日当1000ペソ位 日本人ならではの良い日給だ)

そうでないと雇う側に迷惑がかかる。(外人が働くには労働許可証がいる)

運転免許にトライした!(外国人に、又 オバーステイ者に免許が取得出来るのか?)

こんどが3度目のトライであるが、今回はうまく行きそうだ!)

しかし 彼は長い間、車関係の仕事をしており以前は、日本で免許も持っておられたと言う話なので、運転は出来ると踏んでいた。

しかし、今回私が横に乗って運転をさせてみた!

少し感覚は鈍いが、やはり以前 車に乗っていたという事で、少しぎこちないが運転は大丈夫と踏んで、クラークの中や公道を私が横に乗り走ってもらった。

でも!まだ十分ではない!固定物の横をすり抜けるのも 車間感覚が定まらず 危なっかしい すごく注意が散漫なのだ!

クラークのゲートの入り方も教え ステッカーの無い車は外側を走ると説明を加えた。

でも、まだまだ スチューデント・ドライバーの枠を超えない。

しかし、今回の雇い主から一度テストで 彼の運転する車に乗ってみたいと言う要望が出された。(まだ早いとは思ったが)

近くに行くだけと言う話に 心配はあったが まあいいか!なんて考えて送り出した。

だが!!その後すぐさま携帯の電話が鳴り、警察に捕まったと言う電話が来たのだ!

しまった!と思ったがすでに遅し!まずポリスに止められたと言う場所まで急いでバイクを走らせた。

どうしよう・・・私の胸の鼓動は、ドキドキしていたが、頭の中はどう切り抜けるかで一杯だ。

現場に付いた!・・・・・・長くなるので話はまた明日に続く


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 21:43 | 日記

2014年03月01日

フィリピンに奇病発性?

mysterious_pangasinan.jpg

おとといから(ハンドレッドアイランド有名な)地名パンガシナンと言う処で発生したとニュースでやっていた。

皮膚がカサカサになり、黒く焼けたような感じでケロイド状態になる病気だそうです。

原因はいまだ不明で、スービックやこのアンへレスにも近いので人々は怖がり、今噂の中心になっています。

同じ地域に住む友人の日本人のSDさんからも気を付けなさいと忠告されました。

どう気を付けたら良いのかも?まだはっきりしませんが!水が危険かも?

現地の人から聞くと、ホテルなどでは観光客からのキャンセルが相次ぎガラガラと言う状態らしいです?

テレビでやっていた写真を付けましたが、子供の様で痛々しさに 可哀そうになります。

フィリピンでは各地にまだ知られていない奇病が沢山残されている様です。

私達外国人である日本人には、抵抗力が現地人ほど備わっていないし、感染症はすぐに発症します。

衛生管理には、よくよく気お付けましょう。

水や、食べ物は安全な店で取るのが良いでしょう!

ミステリーニュスではあるがフィリピンDOHは、スキンのバクテリアが原因だと言い、パニックになってはいけないとコメントしている。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約



 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記