和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年07月31日

また来たよと言って 来てくれるお客さん

私を信頼し、ウッド・ベルの のれんを信頼して来てくれている。

出された物の味がおかしければ、スタッフを呼び私に代わって叱ってくれるし。

私に向かっても 面と向かって一言の文句も言ってくれる。

そんな 信頼関係が出来上がっている、とってもうれしい事なので有ります。(やっと7年間の努力が実り始めています)

それこそが私の目指している信頼関係であり、安全の基いなのです、黙っていては何事も始まりません。

それに、日本では無い 他国で頑張っているのです。

日本と同じという訳には参りません、力も背景も無い者が、なけなしの知恵を使い頑張っているのです。

その事を解ってくれている人が大勢い出来てきました、とてもありがたいと思っています。

7月も終わりに近づきあと1か月過ぎて9月が来れば8年目に入ります。

自分でも良く嫌にならず、頑張って来られたものだと思います。

これも 応援してくれた常連さんのおかげだと思っています。

金が有るから やれたんだ!と言う人もいますが?そんな事だけで続く道理が有りません。

道楽でやっていると言う人もいますが、それだけで困難な事が多い店を継続出来る筈もありません。

ましてや 赤字で客がいない店!とも紹介されているみたいですが?そんなんで店が続くなんて考えている人は大間違いです!

趣味や金儲けだけでも続きません、使命感が有るからできるのです。

それがなにかを 見たい人や 確かめたい人は!ぜひ、話しをしに来てください、いつでもお相手を致します。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月30日

21世紀 日本人のビジネスモデルの提案

キーワードは共に生きていける関係を重視するという事です、私達は戦後 平和 平等 の意識の中で育ってきました。

今までの様な弱者をいじめて利益を出すと言う考え方や構造では無く。

知識や情報を与え 生産者の利益を考えて、出来うる限り最高級なものを 共に作り上げていくと言う考え方です。

品質の良いものを得る受給者(消費者)にとって さも良い形で届ける為には。

掛ったコストを値切るのではなく 適正な価格で買い取り 共に栄えるように(利益を与える事により)

利益を還元して 生産者を守るスタイルの確立こそ 今後21世紀のビジネスモデルにふさわしいと提唱されています。

こういった考え方をエシカル(倫理的)ビジネスと呼ぶそうです。

社 会貢献であり、環境保全であり、情報と利益の循環を目指すビジネスという事です。

一昔前は、安い人件費、労働搾取をして 仕入れを安くし 利益を取るビジネスが多かったと思います。

今でもその商品の適正価格(世界的な価値)を教えず 安く仕入れて高く売るビジネスもまだまだ多いと思われます。

知らない事を良い事に 情報も教えず 物の価値を偽り 買いたたくビジネスも多くあります。

しかし今は情報時代 いつまでもそんな事がまかり通る はずはありません 新たな確執や紛争の火種を作るだけです。

適正な利益を還元しさえすれば 今後 づーと良い関係でいられるはずですし、無駄な競争も避けられます。

そんなスタイルを確立し、日本人らしく、平等に人を扱い 良い物を見極める目で取リ組む事こそ これからのビジネスの在り方です。

厳しく本物を見極める力は 日本人に備わっています 世界の中から価値ある物を見つけてビジネスに結び付ける(生かしていく)

これこそが21世紀の日本人 ビジネスマンです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 23:33 | 日記

2014年07月29日

昨日の続き

どうも 対女性となると個々の認識が違うという事で、あまり男同士の横のつながりがうまく取れず 対策が遅れていることが原因でしょう?

どうも悩みの大元は似ているのに それに気付かず 対女房 対家族と  対応を間違え どうにもならない深みに落ちて行っている様にも思います。

まず一番目、日本人とフィリピン人は、違うと言う 簡単な事柄でも、最初の間違いを起こす。

まあ!しょうがない いいじゃないかと!懐の深さを見せる日本人?(これがそもそもの間違い)

最後まで あんたが『いいじゃないか』と言った事を持ち出します。(何でもいいと言える金持ちだと信じ込むフィリピン人側)

お金がいる!しょうがない出してあげよう!これが欲しい!しょうがない買ってあげよう!してほしい事は言いなさい!何とかしよう?

女の家族にいいカッコウをする、相手は最後までやってくれると信じている!・・・金がないから止める!そんな事 契約違反だ!!

娘を持って行きながら!女の家族はそう思う、女もお金を持っていると信じているから!金の無いのは縁(円の)切れ目で 怒り心頭!

そう貴方を日本人の大金持ちだと思い込んでいるのです。

そこから男と女の溝が広がる、最初から金は持たない男だと認識させることが必要だったのだ!

それを怠リ 誤解が 誤解を生み 争いの深みにはまって行く。

家族は、彼が仕入れたコンテナ分を売リさばき いざ日本に帰る時 金庫に有るはずのお金を奥さんに出してもらおうとしたら金庫は空っぽ!

金持ちなんだから 家族の為にお金を出すのは当てり前、奥さんはいつも責められている。

奥さんも いいカッコウして 家族の前で金が無いとは言わない。

困るのは いっも旦那さん、帰りの空港券を買うお金も無い。

困った彼は 商品移動用のトラックを売りさばき 金に換え航空券を買ったという。

私から見ると どうも奥さんにも問題がありそうだが?彼は認めない。

唯一の自分の味方だと言い張る。

奥さん曰く 私も家族は嫌い(特に両親)でも しょうがない?と歯切れの悪い事を言うみたいだが?

いろんな話を総合すると一蓮托生のような気がする。

彼はまた日本に帰り、何とかしょうと!今度は中古の自転車を大量に買い付けフィリピンに持ってきたようだ?

(私は現物をまだ見ていない聞いた話だけ)

結局は、たぶん元の木阿弥 同じ事が永遠に続くだろうと思われるが?

どうも本人だけには解らない様子、心を開いて相談する相手が・・・・いるのでは?・・と思う。

フィリピンに移住もしくは、住もうと言う人は、女性問題だけでなく ビジネスでもまず心を開けて相談できる人を探してからの方が正解のようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月28日

続 女・女房で苦労している人達の話

今日は2人の中古品販売業者(ジャパン・サープラス)を運営していた 知り合いの話。

一人の方は もうフィリピンを離れ1年以上になる?以前ブログにも登場していただいた事のあるSさん。

奥さんや家族の対応に苦慮し また一粒種の子供を介しいろんな騒動があった。

今は、ご自分の病気もあって日本に帰られて静養されていると聞いています。

長年中古販売でフィリピンで頑張って いられたのだが、自分と奥さんそして 奥さんの家族と の確執という問題を 避けては通れなかった様です!

そうして もうい一方の いまだ 此処で頑張っておられる方も、どちらも根は同じ事の様だ。

この方は、奥さんの問題と同時に 家族との諍いの問題も抱えている。

少し思い違いがあると思われるが あくまで奥さんが味方だ!と想っていらっしゃるみたいだ?

日本から送った コンテナの中から これはと思われる 売れる商品を 奥さんの両親が来て持って行ってしまうらしい?

今までかなりの在庫を抜かれ、自分用にと 取って置いた バイクまで所有権を主張され 自分の思うままにならないとか?

苦肉の策で お店の隣に 日本食店を開業をし 経営の足しにと努力をされていたが どうもこれもうま く行かなかった様だ?

私も 以前1〜2度お店に お邪魔した事があったが、ご本人は、いたって物腰もやわらかく 気丈で優秀な方と言う印象がした。

当店のお弁当の箱型の入れ物は 彼の所で買ったものだが!現在は お店も存亡の危機に有ると言う。

フィリピンで頑張る為には、たとえその人の 能力と経験が一流であったとしても 一人で単独で立つには、人間的にも商売的にも不利である。

俺は大丈夫だなんて、意地を張らず、信頼できる仲間を増やさなければ 孤立が深まり 心理的にも精神的にも追い込まれやすい。

そんな時が一番 取り巻きとのいざこざが尽きず、いつも窮地に立たされるし、家庭内もぎくしゃくする。

自分の家の問題を他人に話す なんて!日本人のその思い込みが 事態をさらに悪いものにする。

根本的に 日本の女と フィリピンの女の違いが判らないからである?

男同士 嫁はんの愚痴の言い合いでも良いし、他人の愚痴を聞き、また言い合えば フィリピンの女の内容と違いが判る(客観視できる)

そんな中から、今の自分の問題を推し量る事もできるのではないか?と思われるのである。

また長くなるので明日に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 23:33 | 日記

2014年07月27日

(女・女房)で苦労している人達の話

金も無く 60近いおじさんがこのフィリピンで生きていくのは 大変です、一度日本に帰り 自分自身を立て直した方が良いと!

でも・・・・持ち込んだお金は底をつき 食べるものまで 転がり先に頼っている生活。(オバーステイにはなっていない)

彼には年老いた年金暮らしの母親がいるだけ!それでも 彼から電話番号を聞き出し お母さんに相談電話を入れた。

老いた母親も 彼を心配をし 何もできないが飛行機代くらいならと、金を工面し 帰りのチケット代を振り込んでくれた。

が・・!彼自身は なかなか帰る決心がつかなかったようだ!

奥さんがいなくなって4カ月が過ぎた頃 彼の奥さんを知り合いがマーケットで見かけた!

仲良くフィリピン人の彼氏と歩いているところを見たので!急いで彼に知らせた。

彼は慌てて奥さんの所に行き 私の子供達はと聞いた?

元気にしているけど 養育費が欲しいと 反対に詰め寄られて帰って来たという。

その翌日 彼は決心をし 日本に帰った!もう一度働いて金を持ってフィリピンに来れば!と?想ったみたいだと知り合いは言う。

が!!その後 彼の奥さんは、妊娠をしている姿を 知り合いに見られている。

日本に返したその人も その後音信不通になり、どこにいるのか解らずじまいで 連絡が途絶えた!

最近 彼の元奥さんとSMの駐車場で再開した。

ちょっと相談があ るのだけれど?と声を掛けられ 話を聞くと!!

日本人の元夫を訴えて、子供の養育費を取りたいので、お礼はするので 彼の肉親の住所と電話番号を教えてほしいと言うのだ!

フィリピン人はづうづうしい!旦那がいながら他の男の子供を作り、なおも日本人をだしに 養育費が欲しいと言う?

思わず言ってしまったと知人!・・・・・・バカ言え!今の彼氏に食わせてもらえ!

彼が買った 家も土地も売り払い 金が亡くなれば(日本人)元夫を訴えるって!それはないだろう!

結婚している人間が 他の男の子供を作れば お前の方が捕まるのだぞ!フィリピンの法律は。

訴えても良いが 自分が捕まり モンキーハウスに入る事も覚悟しておけと!

こんな日比夫婦のフィロピン妻ばかりがなぜか 俺の周りには多いと、知り合いも考え込んでいた!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月26日

最近あちこちで(女・女房)で苦労している人達の話

聞いた話ばかりでは、ブログで紹介しても仕方ないと思うが?

反面教師という事も有るので 少しお伝えしようと想う。

以前このアンへレスで バーベキュウの焼き鳥をやっておられた方があったらしい。

彼には正式に結婚した奥さんがおり 子供もいたらしいのだが?

悲劇は止める事は出来なかった。

フィリピンに持ってきたお金が残り少なくなり 何か適当な商売をして生活費を稼ぎだそうと!ローストチキンの店を始めたらしい?

しかし あまりうまく行かなかったのだろう?

現金がなくなり バーベキューにする 鳥の仕入れもままならなくなった日に 奥さんにこう言われたと言う!

あんた!本当にお金が無くなったの?もう何も買えないの?私の毎月の手当は?

あー!もう無い!あー!だからバーベキュウ(ローストチキン)をやって金を稼ぐんじゃないか?

あんた!いい加減にしてよ!こんな商売 儲かる訳ないじゃないの?あんたがやるって言うから一緒にやっただけ!

現にお客も無しで いつも食べるのは残ったチキン もうこんな事は嫌!(仕入れを差し引き 炭代 機械代 電気代 を差し引く)と家賃も出ない(こんなのやっても無駄よ!)

エプロンをその場に投げつけて出て行ったという!

それか らというもの 音信不通で一月過ぎても、彼一人でチキンを焼いている。

どうしようと相談を受けてから、また1カ月が過ぎ 彼が家でくつろいでいた時 嫁の親族が現れ イカウ何している?

ここはお前の家じゃない!

土地も家も、うちの娘の名義になっている 出て行ってくれと 執拗に催促され 自分の金で買った家を追い出されたのだ!

そして行くところも無いので この話をしてくれた 知り合いの家に転がり込んだ!

何をする訳でも無く、焼き鳥店も休み(いや家賃が払えなくて店も取られた)

ぼ〜〜としている日々が2カ月ぐらい続き、知り合いもさすがに 身の振り方を考えた方が良いと忠告をした!

長くなるので続きはまた明日


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:17 | 日記

2014年07月25日

友人の嘆きの相談!

慰めた友人から聞いた話) 聞いた話だから 大まかな事しか解らないが、相手の彼は70才若いフィリピーナに恋をした様だ?

俺は騙された騙された!と嘆くらしい?アパートも借りたし ほしいものも買い与えた!

でも その彼女は、他の男と住んで居るらしい?(俺が気付かないとでも想っているのか?)

嫉妬心がメラメラ俺はどうしたらいいんだ!?(今真剣に悩んで いるらしい)

前回この友人は言った まあ!のめのめ!惚れた女に男がいるなんて!ここではよくある話さ!すっぱりと諦めてはどうだ?

アンへに女は五万と居るゴーゴーバーに 新しい女を探しに行こうとね!

ダメだ!俺は彼女を愛している、何とか彼女と一緒に居たいんだ!(彼はこう言って譲らないそうだ!)

老いらくの恋という 典型的なパターンでもある!もう周りが見えていない!周りが何を言っても聞き入れないだろう?

でも その執着がさめるのは 当分先 きっと!まだまだお金に 余裕があるのであろう?

こうゆう人は どうしても!年間300万円位の出費を余儀なくされる。

でも、5年間位の生活維持費を持っていれば 結婚まで行 かなくとも共に生活は出来るはずです?

一緒にいる事を金で買うしかないだろうが!資金は1500万位になるが、気持ちは成就できる。

まあー ほっておけばよい!いつか解るでしょう?でもそれが生きがいならしょうがないではないか?(とも思う)

もし なけなしの金で夢を見ているなら!結末はきっと悲惨になるだろう!

しかし うまく行けば いい思いをして 見守られて死んでいけるかもしれない?

人の人生は選択の問題である。(他人がどうこう言う事ではないのかもしれない!)

できうれば!早く冷めるのを友人として待ってあげるのが正解です。

私のアドバイスは、あくまで余計な事を言わず 見守るだけにされると良いでしょう?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月24日

お客さんに言われて、ひとりごと!

マスター最近 店に力が入っていないんじゃないの? えーそんな事 無いですよ!

でも!お店には いないし、ブログばかりやってんじゃないの?

いえ!ブログは余った時間を利用して書いています、 けっこう 何や!かや!の野暮用が有るんですよ!

それはいいけど!最近 店の味が少し落ちてんじゃないの?

この間なんか チャーハン食ったけど 味がフィリピンナイズしていたぜ!!

そうなんですか?申し訳ありません。

少し経営方針をフィリピン人に近づけ 彼らの努力を今見てみようとしているんです。

では、今日は、その話をしてみようと思います。

今までは、ある意味でフィリピンのメリットと言うものに着目していました、それは人件費が安いという事です。

でも!それに準じるという事は、フィリピン人には 努力をしても家 族が食えないくらいのサラリーしか もらえないという事です。

私は そこに ある疑問を感じて、君たちコックが日本人がおいしいと思える味作りをして、綺麗で衛生的な仕事をすれば!

仕事ぶりを見て 最低給料を1日500ペソまで引き上げる と言うものです。(時間外手当 等は相応をプラスする)

一ヶ月10000ペソの最低基本給が15000ペソに上がります、しかしその条件は日本人に美味しいと言われるものを作り出す努力に有ります。

クオリティの高いものを作り出すには、それなりの技術料を支払わなければいけないという事です。

アドバイスはいくらでもする、今までやって来た事と 教えられたことを駆使して 美味しいものを作りなさいと!

人件費が安いからと bそれにかまけて、身近な従業員まで 貧困の中に置いてよいものだろうか?と言う事からの出発です。

店の利益が 働く人々に還元できるシステムを作って行くことが フィリピンを良くする一歩だと思いました。

働く条件をもっと改善して行こうと考えています。(適正な給与で生活を守るようにする)

きちっと適正な利益を還元していく事が いい関係を保つ秘訣ではないかと思ったからです。

まだその途中に居ますが、今後 競争戦力としても 意味のあることかもしれません。(まだ解りません)

従業員と共によくなると言う事に重点を移して行こうと思います。

まあこんな事は、家内工業的な小さな店で、共に働き作ってきた従業員 がいる場合に限っての事ですが!

そう決めて 逆に 今 従業員に店をまかせて取り組をさせているところです。(かえって味が悪くなるかも?)

まだまだ始めたばかりで、どうなるか解りませんが!我慢出来る所まで(忍耐と努力で)頑張ります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 23:27 | 日記

2014年07月23日

インターネット(ブログ)

小さなスマートホンの中に世界が有る!世界とつながる末端を持っていると信じていたパソコン!

そんな事が現実社会ではほとんど幻想だと知らされた。

どこでもだれとでも繋がっていると信じていた物は、ごく狭い趣味を同じくする者であったり 同好の士であったり 情報を多く持っている国や地域の独占常態で  本当に知りたい特定地域の情報や 隠された情報を知る事は、一般にはたどりつくのが難しいという事が解り始めた。

このインターネットが普及し始めた頃 私は 文化の壁まで このネットの力で乗り越えられるのでは?と思っていた。

その根拠と言うのは 物は 世界の遠くに運ぶのは困難だが 情報ならネットで瞬時に飛んでゆく事が出来る。

これで世界は同一化し変わって行くだろうと思っていた。

でも現実は違った!情報より物(品物)の方がはるかに世界中に移動し出回ている。

フィリピンのマンゴーなら 日本のスーパーならどこでも買える。

しかし フィリピンの本当に伝えたい こまごました正しい情報をニュースやネットで得るのは極めて難し い。

私がよく利用するデルタ航空の空港路線では世界のどんな都市ともつながっている地図を見る事が出来るが?

でもそれは均一では無く繋がり具合には相当むらが有る様です。(便数が低開発国には相当少ない)

ロンドン・ニューヨーク・ヨーロッパ・日本等は、かなり密接だが 世界の低開発国とは均等につながっているとは言えない。

一流メディアも扱うのは 豊かな国と 紛争地域と 世界に問題を投げかける国ぐらいです。(アメリカが無理な侵攻をした国以外の情報は少ない)

自分でもネットなら世界の新聞が読めるはずですが!言葉の変換が難しく読みません。

ネツト人口の上位10か国の人々は、興味あるニュースの閲覧という事に限れば 平均95%が国内のサイトを見ているだけです。(日本98%、アメリカ93,9%、イギリス95,4%)

今の世の中の人って 頭の中だけ世界主義、ネットで世界の事なら何でも 解っていると想っている。

日本人なら、フィリピンの色々な問題を大変だと知りつつ!見るのはジャイアンツの勝率であり、名古屋人ならドラゴンズの勝ち負け!

でもこう行った事が大きな問題で 今の世の中 時代的に様々な問題は 実は世界規模の問題が多い。

話し合いを持つなら 世界規模の話し合いでならなければならないはずだろうに?

でも現実は それぞれの友好の士が集まった群れ状態で、他の群れからの情報が入りずらいのが本当の現実です。

ですからブログを発信する人 の狙いは、面白いネタ、他の国の人が乗れるネタを探し!ネツトのメリットである広域性を利用し、幅広く 知識が無く 知らない人達の多くに、個々の国の有益な情報を伝える事なのです。

こうした 橋渡し的なDJをすることこそが 日本人と これから海外を目指す人に大切になってきます。
私は商売を通していろんなネタを拾っていますが、ブログでこれからも国と国と人と人を繋げる架け橋に成れればと思っています。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月22日

ストレスと健康

今まで私も ストレスが 健康には良くないと信じてきましたが!

どうもそうではなさそうです、私は今までストレスがあらゆる病気の原因になりうると信じてきました。

でも!ストレスは=敵 という考え片をそろそろ直す時が来た様です。

最近ストレスとうまく付き合う事が 健康や人間関係には欠かせないと言う事を、アメリカのハバード大学に置いて 検証されたと言うものです。

こんな研究も発表されました、ストレスが多いと死亡するリスクが43%セント増加する、ただし ストレスが健康を害すると思っ ている人に限ると言う結果です。

アメリカでは年間20万人の人が ストレスで死んでいるとの事ですが(ストレスで死亡という推計が正しければの話ですが?)

ストレス=害 と言う意識は アメリカ人死因の15位で、皮膚ガン・エイズ・殺人より少し上だけです。

ストレスは、捉え方 考え方次第で ストレスに対する 体の反応が違うらしいと言うものです。

ストレスにより 体が活性化されたと捉えられたら ストレスは人間の体に対して 有益な物であると言うのです。

たとえば バクバク心臓が早く脈打つことは 対処する物事への準備、早い呼吸は脳にたっぷり酸素を送る事で回転を促すと!

それにより緊張が解け 不安が軽減され 自信を持つ事が  出来ると言う様に 身体的反応も変わって行くと証明されたのです。

元来のストレス症状とは 心拍数が上がり血管が収縮をお越し、心臓疾患者には致命傷と言うものであったが!

ストレスはとらえ方次第で血管が収縮せずに 開いている状態にする事が出来ると言うもので、これは喜びに満ちている時や 勇気に拍車が掛っている時と同じ状態である。

そう考えれば身体的ストレスは健康的なものに成るし また人を社交的にもすると言うものです(これは新説です)

なぜなら オキシトシンと言うストレスホルモンを同時に分泌するからだそうです。

そう!オキシトシンと言えば、抱き合ったり、母親が子供に授乳するときに出る 愛情に満ちた 神経ホルモンです。

人と人の絆を強め 心臓の修復や 人の社会的行動を調整したりする働きのあるホルモンです。

人がストレスを感じる時 アドレナリンと同様に 脳下垂体から出るストレス反応の一環らしいのです。

また オキシトシンは絆を強める作用が有り、ストレスを持ち苦しい時ほど助けを求める作用を促し(自分だけで悩まず誰かに打ち明けたり 相談したら良いと 助け合うにとを指示したりします)

そうですストレスを感じた時は 誰か身近な人に声をかけ 積極的に助けを求めましょう、人と触れ合う事により幸福な気分にもなります。

ストレスを多く感じるという事は、人をいたわり 自分も癒されましょう!と言うサイン・メッセージなのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月21日

二人の次期社長候補

長い付き合いの友人の一人に、この2人の面倒を見てくれとお願いされた!

アンへレスは初めて、遊び方も ついでに教えてほしいとの事であるが そこは花街 知識はあるであろうし、あまり深入りは出来ない。

でも、具体的な夜の遊び(店の紹介及び女性の紹介等)のお付き合いは出来ないが、大まかな事は説明した。

このフィールズ通りの明るい場所は 比較的安全、でも一旦暗い場所に行けば 何が潜んでいるか解らない?

安全に遊ぶなら、知り合いのいる場所で遊ぶ、又ベテランと共に行動する 単独で動くのはリスクを伴います。

翌日は スービックにご案内すると言う予定になっている。

翌朝ホテルに迎えに行った、空は晴れて快晴で 暑い熱帯の天気になった、海水浴日和ではある。

あれ!4人じゃないの?前日の話では女性同伴なんて話だったのに!ふられたかな?

車で移動する道中で いろんなフィリピンの事に付いて 質問攻めにあった!

いったいここの女性たちはどうしてこんな仕事をしているの?フィリピンではこれが当たり前の事なの?

まだお若いが やはり次期社長さん達 質問は鋭い!質問は文化風習から、貧困問題まで多義にわたる。

ええ!特に若者には、働く場所が無く仕事がないのです!教育に問題が有り、見えないカーストに縛られています。

此処はフィリピンです 難しく考えなくても良いです、日ごろのストレスを発散し 大いにお金を使い 楽しんで帰ればよいのです。

ただ、花街では体の関係だけで終わる事です 後に引いたり 感情を入れてはいけません。

フィリピンも 今は過渡期です、いずれこんな場所も無くなっていく事でしょう!

ここで働く女性達に気持ちを入れれば、最初から問題を持つのと同じ事です。(君子危うきに近寄らずです)

貴方たちの双肩には 日本の会社の社員の未来が掛っています、遊びと現実をきっちり別けて 遊ぶことをお勧めします。

他国と言っても国際社会の一員です、相手を尊重し、比較対象の片輪をなし 己が国を見直し いろんな経験を積んで!

今後に生かしてほしいと思います。(思わず 老婆心にての忠告となりましたが、理解が早く助かりました)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 02:04 | 日記

2014年07月19日

エレクトリックバイクを買った

いつも炎天下にくそ熱いヘルメットをかぶり走らなければならないバイク!

また ヘルメットをかぶらず捕まり、罰金2500ペソを払わされた。

頭にきた私、エレクトリックバイクならノーヘル NO免許の特典がある。

わざわざヘルメットなしで乗る為、一番 モーターバイクにそっくりの 電気バイクを買った!

もうこれで止められる事は無い!走りもそう悪くは無い、さっそく町に さっそうと出た。

案の定ポリスに止められた!お前ノーヘルだ!切符を切る まだ新しくナンバーも無い様だがバイクをここに置け!

態度のでかいポリスに・・ what my violation ?・・・・・this is electric bike,

Ano Problema????(アノ・プロブレマ?タガログで言ってやった)

驚いた様にエレクトリックバイク?本当だ!マフラーも付いていないし エンジン音がしない!

ソーリー 行っても良いですよ!

始めてポリスから ごめんなさい!を引き出した。

あ・は・は・は・は!ざま見ろこの野郎!こんな気分の良い事は無かった!

ささいな反抗が!これほど気分の良いものとは!でも!NOヘルメットの運転 以前より より気を付けなくては!

俺も馬鹿だなーこんな事の為に40000ペソもはたいて!

でも 今日一日気分良く暮らせそうだ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月18日

タイフーンが終わり停電が来た!

16日 大雨と強い風で朝から全くお客さんは来ない!商売はあがったり!

夕方少し風も弱まり パラパラと数人のお客さん でも雨はまだ少し降っている!

今日17日朝から停電!(暗い店内を見ていぶかしげに帰るお客さんもたびたび)

エアーコンディショナー(クラー)もかからない店にお客さんは来ない!

やっと夜の7時に電気が入った!でも!ともるに少し遅すぎの感がする!

ほんと!この国で商売なんてする物じゃない!

雨が降ろうが風邪が吹こうが 槍が降っても 台風が来ても 出来る時には店を開ける。

それが商売を続ける信用となる。(商売人のモットー)

でも、本当に つくし甲斐の無い国!又 雨が降って来た!もう私は帰って寝よう!

まあ仕方ない!従業員の給料が出ればよいか!それで あきらめが 付けば良い!

商売の町だ!電気ぐらいまともにつけてほしい!

そんな事 おもってもだめ!また新しい台風が出来たみたい!あーあー言っても無駄なことをつぶやく!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 05:33 | 日記

2014年07月16日

反応メール

最近のブログの内容が少し過激になっているせいかも知れない?(自分では言いたいことを端に言っているだけなのだが)

私のブログにはコメント欄が無いので、直接ダイレクトの感想コメントが送られて来る事が多いです。

ご批判メールも多いが、いつも読んでいますとか、今後とも続けて下さい期待していますとか、頑張ってくださいとかの 激励メールも多く頂いております。(感謝です)

日記ではあるが 公開しているので 読まれる事も 念頭に置いて書いています。(最近文章 が長くなってしまつているので気を付けたい)

ただの想い付きではあるが、いつも引っ掛かるものがあると 心のポケットにしまっておくので 確かに雑多な話の引き出しが多くなり過ぎかなと言う気がします。

私のブログには毎日何らかの論点が 自分なりに作って有ります。

ほんとに些細なことでも、何かの切っ掛けがあると それが突然ブログに出て来る時も有ります。

パソコンの前に座り キーボードに触リ、考え 書き始めると 突発的に出て来る事も有ります。

昔学んだことや、以前に読んだ本 テレビやインターネット 他の人のブログや新聞など 書話のきっかけは色々であります。

特に 歴史に関する本は 良く読みますし、私の好きな歴史書など の本は 時々ブログのネタとして出てきます。

歴史には人間が詰まっていて、良い事も悪い事も 悔いる事も反省も、先人の犯した過ちなども歴史の中からくみ取リ 考える事が出来ます。

そして反省し 今の自分を重ねる事で 自分を知る事が出来ます。(いろんな材料や手がかりにもなり重要だと考えています)

ましてや 海外に住んで居ると いろんなハウツーにも出会いますし 危険情報なども 身近に実感として感じます。

そしてブログを書く事も、他の人に危険情報を知らせたり、こう有りたいと諸説を解いたり 伝えるという作業の中で!

自分の知識の欠けている点や 知らなかった事などをどんどん調べ書き加へていきます。

書いている内に いろん な情報を積み増していく機会になります。

他人の為などと偉そうなことは言えません、それにより自分が学んでいるのです 今はそのことを大切にしていきたいと想っています。
 

にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い



 
 

posted by マスター at 04:05 | 日記

2014年07月14日

サッカーのワールドカップ

FIFA・W杯・ブラジル大会は13日、ドイツが6大会ぶり4度目の優勝を飾り幕を閉じた。(優勝監督ヨアキム・レーウ監督は10年間の努力が実ったと喜びを語った)

日本では、熱が冷めたかのようにサポーター姿の若者たちの姿は、もう話題にも上らないが、それにしても リオデジャネイロ州が表彰してくれた日本人サポーターのマナーは立派なトロフィーでした。

それと 皆さんはもう忘れただろうか?

ブラジル・ワールドカップ 日本の初戦の相手(6月25日)コートジボワールと言う国との試合。

私は日本も応援しているが、コートジボワールをアフリカ一の強豪にし、激しい内戦を止めた一人の英雄的なサッカー選手がいる コートジボワールも応援している。

彼の名は デイデイェ・ドログバ と言う選手で、私は彼のフアンであり 応援している中でも大好きな選手の一人である。

ここで少しあまりなじみのない アフリカの国コートジボアールについて 私の知っている事を紹介したい。

アフリカの西側に位置し GD Pは、日本の1/200で2、3兆円 チョコレ-トの原料 カカオを生産する農業国である。

16世紀にヨーロッパ各国が アフリカに進出し 多様な部族がいるにもかかわらず 勝手に境界線を引き支配がはじまった。

国名のコートジボアールの由来は、フランス語で(日本語に直訳すると、象牙海岸と言う意味)この付近の海岸には 奴隷海岸とか コショウ海岸とか 勝手に名前がつけられていたが その一つを国名にしたと言うものだ。

1960年フランスから独立したのは良いが、民族同士が 北部と南部に別れ ぶつかり合う激しい内戦が勃発する。

(コンゴの内戦も、ルワンダの内戦もその名残である)

その戦いは 悲惨を極め 希望の見えない貧困と内戦が続 く、そのさなか一人のヒーローが現れた、それがデイデイェ・ドログバ(現36歳)と言う一人のサッカー選手である。

フランスとコートジボワールの2つの国籍を持っ選手で、フランスのサッカーで大活躍した事で ご存知の方も多いと思うが。

フランス代表で ワールドカップ出場と思いきや 彼は、生まれ故郷のコートジボワールに帰り コートジボワールで代表を目指す。

決して強くは無かったチームを率い、彼自身の活躍で、2005年 ワールドカップ出場権を獲得した。

喜びに沸いている時に どうしても伝えたい事があると ロッカールームに報道カメラ陣を呼び カメラの前で ひざまずき全自国民に呼びかけた。

*コートジボアールの国民の皆さん、今年ワールドカップ出場と言う共通の目標のもと コートジボアールのさまざまな民族が 共存してプレ―出来る事が証明されました。

歓喜によって人びとは団結できます 今ここで 『ひざまずいて お願いします』 どうかお願いです!

豊かなコートジボアールで 内戦が起きるのは許されません 武器を捨ててくださいそして選挙をしましょう。

それで全部が良くなるはずです*

この一言で本当に内戦が一時止まった。(そう報道されました)

南と北の内戦のさなか まだ危険地帯とされた北部(ブアケ)の競技場で試合をなし(水も電気も無い貧弱なスタジアムでの試合で)

自らの得点で勝ち、南北の自国民サポーターが一つになって応援するのを見て 国は一つに成れる と北部の反政府指導者(ソロ)に平和的交渉をすると口頭で約束させ、その成果が実りました。

南北の人民の心を一つにさせる事に成功したのです。

サッカーを通じて 社会貢献を成し遂げた偉大な選手であります。(コートジボアールの国民には神様的存在である)

私はそのことを知り このドログバ選手の大フアンになりました。

(当日の試合 どっちも勝てと応援していたが、結果は皆様の知る所となりました)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 23:14 | 日記

2014年07月13日

消費税(若者たちの嘆き)

若者たちの嘆きと書いたが 私に言わせれば『馬鹿者』達の嘆きに聞こえる。

日本で消費税が8%になったからそれがどうしたと言うのだ?

もらう所得が同じなのに3%の増税は こたえるだの?

貧乏人はつらいだの!俺の初任給は1万5千円だった  でも所得税はしっかり取られていたぞ!

給料が安いからと言えど なぜ!取られると言う意識ばかりが先行するのだろう?(税の知識はそれなりに有るだろうに)

それに付随する良い事が沢山ある事をなぜ!認めないのであろうか?

給料が高くとれないのは能力の差以外の何物でもない、それは努力と自分磨きの賜物なのだと想うがどうだ。

日本の消費税が8%だろうが10%になろうが、それは国民へのサービスと言う物でちゃんと帰って来る物なのだ!

フィリピンの消費税いや付加価値税を知っているか?

21%なのですよ!で!!フィリピンの(消費税?、付加価値税?)国民に何のサービスも無い税金ほど高いものは無いと想っている。(使途 用途不明)

なぜ税率が21%で なにに使われ、どういった基準で導入されているのかも さっぱりわからない?(現地人に聞いても誰も答えられない)

まあわれわれ外国人には、それに従うしかないが、日本の消費税は 首相答弁に有るように(社会保障費の増額を補う為)福祉に使うとか、子供手当、少子化対策に使うとか、おおざっぱではあるが網に掛けられ 国民サービスとして帰って来るのである。(個人では出来ない事ばかり)

それ以上に国民一人一人が危ない時は 110番すれば警察がすぐにやって来るし、火事だと119番すれば消防車がすぐに駆けつけてくれて消火活動が開始される。

病院に行けば 何日も待たされる事無く診察が受けられ、緊急を要すすれば 救急車がすぐ 病院に運んでくれて 手術が必要なら緊急オペが開始される。

フィリピンは、緊急通報しても、相手の都合しだい(誰も来ない)

火事だと電話をしても 消防車は来ない!来たのは焼け落ちた後!(以前のブログをみて、焼けるのをただ茫然と見つめるだけ)

警察も信じられないし、かえって危ない?病院に行っても先にデポジットを求められ 金が無ければほって置かれる。

救急車は有料で バカ高いし、金持ち市民以外は、全く使えない代物なのである。(これが公共サービスか?と想えるほどである)

私が飲食店として起業して払う税金は、いったい何処え行くのだろう?(フィリピンで暴動が起きない事が不思議です)

私は日本人として 日本の馬鹿者いや間 違った、若者たちに言いたい!

陰でこそこそ文句を言っていないで、政治家にもっと思いのたけをぶつけてはどうだ!

税金の使い道は政治家たちが決める その管理をしっかり見つめたらどうだと!

政治と政策を決める議員を選ぶのも、これからは君達若者の番だ。(年寄りは次第に小さくなるマイノリティだ)

政治に興味を持ち 未来をどうするか?を決断しなければならない時期に、選挙に行っても何も変わらないからなどと言う若者もいる!

始めから戦線離脱 うざい!うるせい!知らんぷりで!何が変わる。

1000兆円の負債は国民が政治家を管理監督しない付けが廻って来たに過ぎない なぜ自分達の消費税の使われ方を検証しない?

それでは  これからの日本の政治家達の舵取りを誰がする!もう少し目覚めたら、どうだ!このバカタレども。

追加;消費税のルーツは古代ローマ時代から始まり、近代では(消費税)ヨーロッパでは付加価値税で この概念は1954年フランスで始まり、日本では1988年竹下内閣で導入された。

現在世界の税率は ハンガリーで27% スエーデン25% 標準で約20%だ、世界148か国中 日本は消費税8%で、140位に付けているまだまだ低いだろう!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月12日

ある若者たちの愚痴

いま日本の借金て1000兆円もあるんだって、知っている?

それも俺達がした借金じゃ無い。

昔の人 今の爺さん婆さんがやりたい事をやって作った借金だ、どうして おれ達若い世代が払わなきゃならない?

そんなの不公平じゃないか?ましてや リタイヤした人達の年金まで若い世代が抱え込まなきゃならないなんて!

そんな事できないよ!益々俺たち若者が、貧乏になってしまうという事じゃないか? とんでもない事だ!

これじゃまるで 働き蜂の様に働くだけで 結婚も子供も作れないよ お先真っ暗で絶望さ!

俺 日本人辞めたいよ!こんな言葉が良く聞かれる。

お前たち!的外れもいい加減にしろよな!

高齢者に支払うものは 負の遺産とでも言いたげな暴言!(聞き捨てならない)

今の 豊かな社会を誰が作って来たと思うんだ!(働き蜂以上 に、額に汗して先人が働いてきた結果だろう)

小学校 中学校は無料で、今度高校まで無償で行かそうとしている。(人と教育こそが国の宝だと想っているからだ)

国民の医療の補助をし、年金の強制加入を推進し 将来の君たち若者の年金まで確保しようとしている。

高速道路や、高速鉄道、そして道を作り、教育を行渡らせ 国を活気づけ 生産性を向上させ 労働環境を整備し ファッションを定着させ 食文化、公衆衛生、その他etc(すべてを作り出してきた世代にもっと敬意を払え)

例に出せば きりがないほど この国を豊かにして来たのは、我らとその先代の力があつたればこそ 出来た事なのだ!

我らの 前の世代は戦争を経験し、死に直面し 原爆の放射能 と死臭の中から 裸一貫で立ち上がってきた世代だ!

尊敬と敬愛されて当然の世代が、たかが1000兆円位の借金で文句を言われる筋合いはない。(それは政治屋たちの仕業です)

私達も 前の世代を支えて来た 今を生きる若者達が 老後の世代を支えるのは 相互の関係で正しい事であり 相互扶助が悪いなんて!そんな思想はナンセンスだ!

先達者の貢献で生きていられる お前たちが 俺達がした借金では無いなんて?そんな大そうな事が言えるか?

お前達こそ その恩恵で 学びも待遇も改善され 今まで生きてこられた世代ではないのか?

根性も無く 文句ばかりのひ弱な世代、女が出しゃばり、草食男子なんて言われ、ちょっと嫌な事が有れば すぐ何もかも おっぽり出して逃げ回るくせに!でかい口を叩くんじゃない!

少子高齢化で 日本人の男に子供を作る能力が無いのなら いっそハンサムなやり手の外人男性を輸入して、産めよ増やせよに貢献してもらい 日本女性を席捲した方がてっとり早くて 良いかもしれない?(ていたらくな日本男児などもうクソくらえかも知れない)

愚痴や口は一人前 やる事は半人前のお前たちに言われたくはない。(日本人の血を守りたい私達に情けない思いをさせるな)

感謝を持ち、先人たちをいたわり 国の発展の為 若者が国を支えるのは当然の事ではないか。

もっと国を愛し 年寄りや先輩に敬意を払え、こんな生きやすい日本にしていただきありがとうございました。

引き続いてこ の国を発展させていきます位の事が言えないのか?

近視眼の若者がこんなに多いのを不思議に思う、海外の例を見れば富裕層はどんどん税金の安い国に逃げている、法人税を引き下げ消費税を上げる事等 当然のテーマではないか?

こんな素晴らしい国に生きて、この体たらく もっと海外の国に目をやったらどうだ?

生きる事が難しい国などまだ沢山ある。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報


 
 

posted by マスター at 23:14 | 日記

2014年07月11日

あるおじさんの愚痴

年金は削られ 金は無いし 体は言う事を聞かない、ときめきは無いし 俺たち年寄りはつまらないなー!

フィリピンに来て 女には不自由しなくなっ たが、やる事も無くバーめぐり、もう少しましな女はいないか?

どこに行っても皆同じ、人生年を取るとつまらなくなる。

若い人がうらやましいよ!俺もあと20年若かったら 金なんか使わずに遊びたくれるのに!

もうこのまま死んでいくのを待っだけなのかな?

この時期 私達モーレツ社員時代の人は 自分の人生に疑いを持たないと 生き方の二毛作は出来ない。

今の自分の人生を これで良いと思う人はこの愚痴道りの人生を送る。(フィリピンにいる人の愚痴)

今 壮年代を 迎えている人は(60〜70代)もっと熱いものを広げる人生に切り替えたらどうだろう!

フィリピンで生きる人にアドバイス 金でどうにでもなる 途上国の女だけを 追いかける人生もういい加減にしたら?

それでいいのかな?あなたの価値観の隙間 絶対にこれで良いとは思っていないはず!

誰にでも 何かが出来る これが突破口 そう思う事こそ 切っ掛けなのです。

自分のネットワークを生かす これが長年働いてきた我々の強みであり 人生の宝物です。

日本の社会こそは(海外にいても)歳を取ってから大学に進み 研究者になり 自分のネットワークで 自分の想うテーマに挑戦する。

それこそが 定年後 自分の時間を無駄にしない 人生の送り方のような気がします。

ある人は起業であったり ボランティアであったり 何らかの追求であったり 社会に役立つ事であったり。

もちろん金儲けなんて事でも 良い 研究テーマをとうし 考えるのが楽しくて 毎日が楽しい位に 没頭できる事があるかも知れない。

経験は 金では買えないし、今まで働いてきた心の余裕も有る、若いことをうらやむ必要はないじゃないか!

若者に 変に迎合したり 若い事はイコール(=)良い事と思う必要はない。

むしろ歳を取る事が楽しい 知識もあり経験もある それに上乗せするように 人生にもっと発見がある。

それを思えば、私は 最近 年を取ることを気にしなくなった。

学びに 遅いという事は無い 語学でも 恥や外聞を気にしないで 自分流にやり出せば学びは早い。

自分の経歴や ステータス評価を シャッフルする いさぎよさも必要。

年を取ったと委縮 せずに、何事も一歩を踏み出す始まりが 一番大切な事なのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月10日

日本の直面する労働者不足

お客さんから こんな話を聞いた、最近 私の行動範囲のエリヤから ホームレスが沢山消えている。

たとえば川崎、大田区、品川、駅や 高架下に寝起きをしていたホームレス達が 殆どいや!全員と言って良いほどいなくなっている。

これは多分? 独りよがりではあるが?(日本の好景気を反映するものではないだろうか?)

東北や、オリンピック関連施設建築の為、単純労働者が駆り出されている。

おそらく 手配師によるローラー作戦で、ほとんどのホームレスが職を得ているのではないだろうか?と想われる。

アベノミックスやオリンピック誘致で 日本は、バブル崩壊後 今一番の人手不足に陥っている。

この際誰でも良い!動ける者なら、原発関連、放射能関連で 単純労働者が不足している。

とにかく連れてこい!ヤクザなリクルーターにも 大号令がかかっている?

最近ホームレスの顔見知りが きれいな身なりで地元に帰って来たが、1日か2日でまた居なくなった。

きっとまた 労働者を駆り立てるリクルーターが来て 連れて行ったのだろう?

少し話が変わるが 日本は 深夜に女性がパンツ丸見えのミニスカートで外を闊歩している!ほんとノー天気で平和な日本!

でも日本が深刻な人手不足で、今後外国人労働者を受け入れたら、レイプは盛ん になるし、歩行者優先なんて たわごとを言っている連中には!

車で引き殺される事例が増えるだろう!今まで弱者優先でひくなら ひいてみろと言わんばかりの歩行者なんて!

外国人ドライバーの運転する車なら(常識なら)引かれて当たり前!どんどんひき殺していくだろう?

また 話は変わるが!最近よく行く外食レストランチェーンのガストに入ったら、あんな広いホールをウエイトレス一人で回していた!

目の回る忙しさで お運びに レジ 接客案内と苦虫を噛んだような顔をして額に汗し走り廻って居た。

人手不足で外食チエーンがつぶれる時代になった。

ほんの数か月前まで どう従業員を減らすかと悩んでいた経営者が手のひらを返したように!

辞めて行った 同僚にさえ 電話をして復職せよと頼んでくれと!俺たち残った従業員にせかす!

いじめや、嫌がらせで いや気を覚えて辞めて言った元同僚に、辞めなかった人間が どうやって会社に戻れと話したらいい!

あんまり無理な事を言うなよ!まったく!

忙しくなれば 手のひら返したような態度に、俺達はどうしたらいいんだと!困っている。

これが今の人手不足の現状だ!人として人間としての雇用をもう少し考えたらどうだ 日本の経営者さん達よ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 23:51 | 日記

2014年07月09日

フィリピンに帰り驚いた事!

聞かされた話)以前この店を作っていた時 一人の若者を雇った事がある。

年の頃なら17〜8歳くらい 元気な若者で 暑いさなかコンクリートをこねたり 砂利を運んだりとよく働いていた。

しかし その少年はストリートチルドレンで 家の無い子であり、家族も道端に段ボールを敷き寝ている様な生活をしていた。

それからしばらくして、お店がクリスマス前に配る無料のスリッパをならんでもらいに来ていた。

だんだん生活はすさみ 酒を飲んでは喧嘩をしたり、シンナーも吸っていたりで、あまりかかわらない様にはしていた。

また大ケガをして店の前にうずくまっていたので助けた事も有る、かかとの部分が削げ落ちて血が滴っている。

対処療法ではあるが、消毒薬とガーゼ 塗り薬と包帯そして、化のう止めの抗生剤を買い手当てをした事も有った。

しばらくして彼を見た時は元気にしていた、最近は 良く喧嘩をして殴られ、青あざを作り顔をはらしている姿を時々見掛けた。

最貧のどん底でも 私の顔をお見つけるとハ〜イ ダディと笑って挨拶をしてくる。

腹が減ってどうしようもない時は、ダディと言って手を差し出し20ペソちょうだいなんて来る時もあった。

見掛けると 可哀そうに思い小金をあげようとも想うが あまりタダでお金を渡すのも良くないと思い、道端に止めた車の番をさせお金を渡した時も有った。

その彼が私の帰る少し前にバスにはねられ頭を強く打って死んだと聞かされた。(合掌)

ダオの近くにいる友達の所に遊びに行った時に 事故に逢ったと言う話だが?詳しくは解らない。

家族はバス会社から100,000(10万ペソ)の見舞金を受け取り母親はうれしそうだってと言う?

確かに社会にあまり役に立つ人間では無いし、これから生きていても良い事も 良い生活も送れないだろう?

彼のお母さんは言う、死んで家族にお金を残してくれたあの子はいい子だったと!

どんなダメな息子でも死んでうれしい訳では無い、でも どん底の生活に金を残してくれた息子(10万ペソ は日本円で20万と少し)

彼らの生活では、とてつもない大金 でもこれをもらったからと言って彼の家族が良くなる訳では無い。

すぐ使い 食べ物に代わって終わりだろう!

同情している訳では無い、路上生活者では当たり前の事なのだろうが、あれから7年18才の少年は25才位で一生を終えた。

フィリピンにもう少し社会福祉の制度が有れば立ち直れたかもしれない若い命が……残念に思う。

はじめて会った時の 仕事をしながらの笑い顔、ハ〜イ ダディと笑って挨拶をする笑顔 そんな顔が今になって目に浮かぶ。







 
 

posted by マスター at 12:33 | 日記