和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年07月07日

年々増える老害と日本の現実

少子高齢化の裏側で 高齢者ストーカーの増大が問題となっている。

2013年の警察庁の調べでは、2003年高齢者ストーカーの事件は473件。

2012年には1834件とこの10年で4倍に増えた事を示している。

高齢者における男女のトラブルが 寿命が長くなるにつれて 増大している事は確かです。

余生が長くなり(健康とパワーがある)高齢者が多くなり、女性に対する執着心が高まっているのだろう?

特に目立つニュースの中には体力を持て余した男性が起こす事件の中で、風俗店の女性に入れ込み。

そののち交際を断られて 逆上し相 手を傷つけると言うパターンが多いらしい?

此処でも 金目当ての女性に 相手も気持ちがあると 思い込んで入れ込んでしまうパターンだ。

結婚や交際を申し出ると、拒否されて落ち込む!

また 怒りに任せて 脅迫したり 付きまとったりして 暴発する姿が浮かび上がる。

相手に拒否される事は、人格を否定される事であり 男性のプライドや自身の心を傷つける事にもなる。

その満たせれない気持ちが ストーカー行為となって近年高齢者ストーカーの話題に上るのだが!

それと同じことをフィリピンでやっている人達がいる。

日本の様に『かい離社会』ではないフィリピン、少々のお金で何とでもなるフィリピンでは、女を使い捨てにするストーカ ー行為のいかに多い事か?

動けなくなる前に もう一花咲かせたい、失った 若さやたくましさ、繋がりたい願望を持って フィリピンにやって来る。

事情はいろいろあるだろう、離婚や 死別 家庭崩壊 個人的には一見自由になった様だが、一人の寂しさはいかんともしがたい。

でも 海外に新天地を求めるそれ自体は悪い事ではないが、フィリピンに来ると現地の事情を無視し 日本人の上から目線がより事態を悪くする。

人と人とのふれあい求め、孤独の解消を求めているようだが!自分の壊れている心がまず問題であるはずなのに。(人と人との繋がりは、まず愛情が基本です)

でも男性は、何故そんなに異性に執着するのだろうか?

それは、心満たされる のは異性の 優しさが一番だからです。

執着の強い人は、日本ではあんがい仕事が出来、やるべきことを真面目にこなしてきた人が多い。

だからこそ お金は持っているし、女性はこうあるべき、男はこうあるべきと『べき論』の感覚が強い人で 女性の選り好みも 激しく 
厳しい。

強く愛情の屈折がみられる人であり、フィリピンにいる日本人男性の移住者の 遊び人の多くにそんな兆候が見受けられるのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月06日

もう一度ご批判に答えてくりかえします。

沢山のご批判をいただきますが、文章を良く読んで下さい、誤解されている方が多いように思います。

言い回しに少し独特な表現があるとは思いますが!

このフィールズに遊びに来られる方を批判するつもりはありません。

安全対策と遊び方を考えてほしいと言う希望を述べているだけです。

私の文章から遊び人をボロカスに言うとか!その遊び人でもっている店とか言われますが!

遊びにもルールがあると言っているだけです。

昔から海外に出れば、こんな女性のビジネスが有るのはごく普通と言わ無ければなりません。

今まで痛い目に合った人もいるでしょう、でも相手を知らずに はまった結果なのです。

日本国内の風俗に目をやれば、沢山の男の社交場はあるし、違法なソープランドまで顕在している。

なのになぜ、海外まで来て、自分を傷つけるのでしょう?
 
海外では、恥も外聞も無く 無節操な遊びが蔓延して、大きな落と し穴が待ち構えています。

そんな状態を 見るにつけ もう少し大人の対応をしてほしいと思うのです。

国内では、人目を気にして目立たなく行動し、周囲に気を使い自分をカバーしています。

なのに このフィリピンではなぜか、日本人がステータス、周りの批判も解せず、若い女を金の力で口説きまわす 駄目な中年オヤジが多すぎる。

それゆえ、まじめな旅行者 までとばっちりを食わされる。

もう少し遊び方を考えた方が良いと言っているだけなのです。

こんなバー街が有るのも現実、日ごろのストレスを解消するのも一手、でも此処には 心は無い。(あるのは 自分の想い込み)

勝手な思い込みが、人生を狂わす、そうならない為の 心の防御も 大切だと言っているだけなのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報


 
 

posted by マスター at 13:32 | 日記

2014年07月04日

ここにきてまたまた邦人の危険度が増している(辛口提言)

毎日のように日本人が襲われたり、強盗被害や怪我をしているのに?

まだ フィリピンは安全だ などとのんきに構えている在比日本人達がいる!(旅行者も)

フィリピン人が悪いのではない!・・・?危機管理 の無い日本人があまりにも無防備すぎるのだ!(だから襲われ怪我をする当たり前の事さ)

悪い事をする奴らが悪い、強盗する奴らが悪いなどと 他国人のせいにしている俳が、知らずの内に札びらを切って見せびらかしている。

自分では気付かないかもしれない?たまに女と遊び、酔っ払って帰ってくる貴方を 外から見て付け狙っているのだ!

フィリピン人と日本人には、どれだけの格差があると想っているのだろう!

ましてやガードも無い家に住んで、周りとの懇親も無い、いえ!有ったとしても上辺だけの付き合いなんて何の効力も発揮しない。

貴方が簡単に出す200ペソや500ペソ フィリピン人が1日働いてもその金を手にする事が出来ない人もいる。

俺は 金持ちではない貧乏人だ!と言いながら 白米を食べ おかずを用意するその姿は、下層フィリピン人には お金持ちに見えるのだ。

もう!このブログでも くどく 煩わしいくらいに 注意警告をしてきたがまだわかっていないようだ!

日本人や韓国人は、狙われているのだ!(ある程度の裕福層は、もう少し真剣に考えたらどうだろう?)

特別大きいお金は、セットアップで計画的に取り、小金や怨み事は その場の成り行きで拳銃を突き付け取る。

自分は大丈夫だと言う油断が、結果 犠牲者になる事になるという事だ!(それなら、安全は金で買うしかない 家や防備を固める)

新聞に出てからでは遅い、他人は泥棒と思えくらいでちょうど良い。

数 年前の あの大洪水が起きてからフィリピンのマニラ周辺は 危険になった(被災者100万人が強盗やドロボウ予備軍に変わったからだ)

ヨランダの台風被害でルソン島の都市近郊まで危険になり始めた。(被災者が広がり散らばったからだ)

着の身着のままで流れて着た者に、地元の悪がくっ付けば、おのずと結末は想像がつく。

金の廻らなくなった警官や、不良邦人や韓国人、北朝鮮に不良白人 昔から悪い奴らを呼び込んできたこの国に安全など有りはしない。

まして警察機構が腐敗している国に、安全などとは 絵に描いた餅、そんな事解っているだろうに?

なぜ!もっと警戒心を発揮しない、今後ますます危険度は増すに決まっている。(格差が日本より増してい る国フィリピン)

もう襲われた側に同情はしない、いつまでそんな甘えた考へ方でいるの?(気の毒とは思うが、襲われた原因は、襲われた側にもある)

日本人が今日も強盗に逢い 怪我推したのか?お気の毒様!(もう一度 顔洗ってフィリピンの事を勉強して出直してきたら!)

冷たい様だが、外国は日本のように甘くは無い 自分の身は自分で守るこれ常識。(狙われたら、回避は不可能なのです)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記

2014年07月03日

6月30日にフィリピンに帰国しました

長い日本の滞在でした、でも毎日がとっても早く過ぎます。

なぜなら テレビの前に座ると、いつでも すぐに動けなくなるからです。

手を変え品を買えて どんどん興味ある事を繰り出すのです。

当然 老人達はテレビをくいいる用に見続けます(私も同じ)テレビは高年 壮年の子守役なのです。(笑)

でも 番組が終わってしまうと すぐに今まで何を見ていたか解らなくなります?(アルツハイマーではありません)

という事は、どうでもいい事を真剣に見させられているのです!

これは製作者側に うまくのせられているからに ほかなりません。(あんがい人生てそんなもんだ!)

画面の中を見れば美人アナウンサーが映り、美男美女がたのしく何かやっている映像が映っている。

只それだけで ハッピーな気持ちにさせられてしまっているのです。(いいことかもしれない)

真剣な話も 何処かでチャカされ、コメンテイターに笑いで まとめられますが!あまり嫌味は有りません。

おおむね 日本は平和だなーと言う気持ちでフィリピンに帰れるこ とは、私にとって良い事だと思います。

1つ2つ大変な事も有りましたが、又帰ってから(日本の嫌味も追加します)ブログにアップします。


日本は、暑くも無く寒くも無い良い気候でした。

こんな気候なら いつ帰っても良いなと感じた 帰国日和が続いたのでした。

でも 東京では、ヒョウが降り 大量の雨が降ったと確か2〜3日前?にテレビのニュースで見ましたが。

まあ!日本サイドはおおむね順調でしたという事で、フィリピンに戻りました。



にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報


 
 

posted by マスター at 23:05 | 日記