和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年05月31日

フィリピン人達の老後(海外就労のフィリピン人)

ある知人のフィリピン人がアメリカから故郷に帰って来た。
米国で働き暮らしていたフィリピン人である。
その顔は、いかにも苦労はしたがこれで満足という表情がにじみ出ている。
アメリカの医療は、保険制度が低所得の外国人ワーカーまで行き渡らず 終末医療を受けホスピスで死ぬとなると、米国では非常に高額になる。(子供たちはアメリカ人アメリカに住み独立して出て行った)でも、フィリピンから出て行った就職組は故郷に帰り最後を迎えるのがステータスになっている様だ。
彼らはある意味で成功者なのだ(金持ちフィリピン人の帰国と、とらえられる)
高齢者と言っても日本人と同じくまだ若い 多くは60代半ば リタイアメントは、長年の就労により、富を蓄えた成功者の人達なのです。
新興国が、出稼ぎによって多くの財力を蓄え、個人でもフィリピンに家や土地を買い親戚 縁者をサポートし、その努力が実って、親族うち揃っての歓待なのです。
死を間近にした その事と、残された時間を親族とともに暮らし、そして親族に見守られながら死ぬと言う事に、人生への満足が感じられます。
フィリピン人の海外就職者は、成功者、長年の苦労が実り幸せな最終期を迎えるためにフィリピンに帰ってきます。
フィリピンに送った送金額はたいしたことなくとも、月300ドルを送れば100ドルが10年で田舎では家が建ち、残りの200ドルで縁者のサポートが出来たと言う。
フィリピン人の帰郷は、金がなくフィリピンで最後を迎えると言う構図ではありません。
我々日本人 いや!私は、かなり誤解をしていたようです。
フィリピンに帰って来る海外就労者は100%とは言いませんが かなりの高い確率で凱旋帰国を果たしているようです。
日本人より良い終活の様にも思えますが、皆さんはどう思われますか?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月30日

フィリピンで暮らす適正

1、まず老後を年金に頼り、安いアジアやその他の海外で暮らそうと言うのは、まず無理があります。
(今年金でフィリピンに暮らす人達には受難な時期です)
2、一度も海外渡航経験のない人も無理があります。
3、現地の言葉が解らずコミュニケーションが出来ない人なども適正に欠けます。
4、現地の食べ物が苦手で、日本の食べ物しかたべられない人も少々適正に欠けます。
5、現地のルールに従えない人は(がまん強くない人は)難しいと言えます。
では、海外生活に適応できる資質の持ち主とはどんな人でしょう?
十分な知識と経験、柔軟な頭の持ち主に限られると思います、そして適度な資産と資力がある方と言う事になります。

1. 残念なことに現在の日本の年金制度は多くの方にとって 年金で豊かに暮らせるほどまでには、制度設計されていません。

あくまで持ち家があり、子供たちに扶養されて、少々補ってもらい生活が成り立つそんな程度のものなのです。
(誰かの手助けが無いと生きてゆく事が困難な制度設計になっています)
厚生年金の方でも、高級官僚や会社のCEOは、別にして配偶者の基礎年金と合算してプラス個人年金と組み合す事により何とかという感じですが!
多くのサラリーマンは、各家族という生活形態が標準になり、子供達は親の面倒を見ない(子供に頼らない)社会になり少子高齢化で国の財政難は社会保障制度をより一層後退させようとしています。(そんな現実がある)

1. 一度も海外の経験がなく 海外事情にも適応出来ない人が、物価が安いと言う理由で移住しても上手く行くわけがありません。
2. 言葉、生活習慣、食べ物、全てが年齢を重ねてから適応しようと思っても実は大変です。
日本並みの生活を実現しょうとして食べ物も日本料理にしたい人は、日本以上に食費がかかることになります。

自分で何でもできる人は別ですが!メイドも日本語が出来て日本料理も出来るなんていう条件だと相当高くなりますし、安全な移動には、車も必要になる為、運転手も必要になる。(フィリピンの交通事情は高齢になってからの運転は難しい)
こんな条件を満たせる人はあまり多くはないと思います。
今一度 移住希望の方は、再検討されるとよいでしょう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 23:59 | 日記

2015年05月29日

人生が引き算になった今いつまで頑張れるか?

人間というのは一人では何もできないのが現状です。(ましてや外国では・・です)
私も、お店はやっていますが、あまり利益追求型の店にはなっていません。
それ故に道楽商売だとか言われますが!この国では商売するその事だけでもすごい労力がいります。(個人で立ち上げた為 経験をしました)
やってみたかったと言えばそうなのですが?
現状のフィリピンでは金だけあっても、現状把握が出来なければ何ともなりません。
法の整備や、システムが未整備のままで、特に外国人には 非常にわかりにくい事になっています。
日本みたいに頼めば気軽に手伝ってくれる人もいません。
頼れる公的機関もありません、自分で何事も 調べて聞いて 手さぐりで進まねばなりません。
つても 知り合いも ない中で、海外で起業するなんて言うのは!
見知らぬ地に、裸で放り出されたようなものです。
己の自力しか頼ることが出来ません。(不慣れで、不安で、誰かに頼りたくなる)
故に、私の場合などいろんな人に声をかけましたが、現実問題となると!
やり始める前は協力すると言ってくれた人でも、国のシステムには疎い人が多く!
何か問題が持ち上がっても、その方の直接の問題として向き合ってはもらえないのが現実です。
なぜなら、相談した相手もきっと!そんな経験がないからです。(何でも大丈夫なんて言う割には言うだけの人が多い)
こうしたら良いとは言われるけれど 直接にその人は 交渉の場には介入せず、人を紹介するからやってもらってとフィリピン人を紹介するだけで、直接の頼りになる訳ではない。
そんな経験もしました。
そもそもフィリピンでは自分の人間力だけが頼りなのです。
私の場合は、そんなに頑張っていても、量が少ない、味が悪いだの!始めたばかりの店で完ぺきを求められます。(同邦が頑張っているから応援しようと言う人は本当に少ない)
他国に来て孤立無援 多人数の集団でなければ一度にすべてが出来る訳ではありません。
私だけでなく、そんな頑張っているに日本人に、悪口を言い 足を引っ張る輩も大勢います。
何もできない批判だけの傍観者達です。
私は、どんな店にも3度足を運びます、最初に行って良くなくとも半年後にもう一度足を運び 繁盛していれば健闘を讃え、うまくいかなければ、なぜうまくいかないかを勉強して帰ります。
1年後ぐらいした後に、もう一度行きます、そして自分なりにその店の今後を占うのです。
これは商売人としての自主勉強みたいなものですが、今でも続けています。
今 私には やりたいことが沢山 出て来ました!
年が年だけにどこまでやれるか?頑張れるかは、解りませんが 少しづつ進んで行くつもりです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 23:31 | 日記

この連休で起きた面白話は、ひとまずこれで終わり

5月17日位でひと段落となった 連休エピソードを書いてきましたが!
今日からはフィールズの現在の近況を、またお伝えしたいと思っています。
一言でいえば『ひま』と申しましょうか、お客さんも少なく フィールズの通りは、まさにお客のいない通りと化しています。
また、たまに当店へお越しになったお客さんに聞くと!バー街のお店(bar)にはお客が入っておらず 閑散としているようです。
相変わらず韓国の方たちが基本的には多く、韓国系のお店には人が少し入っているものの!
それ以外では、全体的に客が居ないと言われます。
各ホテルもお客が少ないために、お客の獲得に必死になっている様だ!
との事でしたが、お客の数に対してはホテルも少し出来過ぎの感がありますよね!
今後どんな動きになってゆくのでしょうか?(少々心配な面も出て来ました)
どうもフィリピンも、最近動向がおかしく感じられます?(各店の客数の低下です)
景気指数は好調のようですが?今年は観光客の数がかなり減っているような気がしてなりません。
それに、全体的に活況がありません!そう感じているのは私だけでしょうか?
具体的に数字が表れないと何とも言えませんが!そんな感じがします。
最近このあたりからでも 日本人の方の出入りが少し激しくなりました。
日本に戻られる方や、他の都市へ行かれる方、このパンパンガでは暮らしにくいと一様におっしゃいます。
昔この辺で花ホテルを経営されていた清水さんにもお別れを告げられました。
来週の金曜日に日本に帰られるそうです。
いろいろお話を伺いました 御年78歳だそうです。
機会があれば、彼の言葉と感想を私が聞いた範囲でまたお伝えしようと思います。
それと、書き出して中途半端になっている60からの生き方の!自身の決意も おいおい続けて書いて行きたいと思います。
つまらない独り言にお付合いくださっている皆様ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 05:01 | 日記

2015年05月27日

いい女とも出会えるかも?

そんな事解っているさ!と言いながら、鼻の下を伸ばし、女を売春婦と見下げ!
声が かからないと むっつり機嫌を悪くして、目は少しでもいい女はいないかと?
血眼にになって女を探す、スケベ心丸出しの男達が 居るばかりであるという。(彼の個人的見解)
在住組と旅行者組が毎日火花を散らして、少しでもいい女を探しているのがLAカフエだ。
たまにセツトアップに嵌って 思ってもみない金額をむしりとられ地団駄を踏む人もいるみたいだが?
タイミングが良ければいい女とも出会えるかもしれない?
どだい!不自然な事を小金で済まそうとする人に、そんな良い思いが出来る訳もない!
考えてみれば、見ず知らずの知らない女を自分のホテルの部屋に入れるなんて事が!
危険を招き入れていることに他ならない、大丈夫さと鈍感になっている人が一番危ない。
なんかがあっても仕方がないことを 平然とする事自体が危険ではないのか?
フィリピンの熱い太陽に もう神経がいかれている人ばかり。
自分のスタッフでも金が部屋にあると知っていれば、刺殺されたりする(最近の事件から)
睡眠薬強盗、第3者を招き入れる強盗、ポリスとの結託で恐喝、毒殺、刺殺、撲殺・射殺 など昔からホテルで起きる事件は数限りない。
ここアンへレスのフィールズのゴーゴーバー街でも、若いねーちゃんの手を握り 得意顔で歩く人もいるが!
そのうちの何%セントは、必ず嵌って痛い目にあっている。
俺だけは、大丈夫と思っている人!次はあなたかもしれない。
フィリピンは小金持ちの天国なんて誰が言った?
女が安いなんて誰が言った!全財産つぎ込んだ人がどれほどいるか知っているのか?
遊んでいれば 面白い国なんて誰が言った!落ちぶれて帰る人はみじめだぞ!沢山いた。
雑誌の宣伝などで、興味本位でやってきたバカな男達が また嵌り働き蜂奴隷にされる国。
情報があまりにノー天気な国フィリピン、その怖さを思い知るのは嵌った後だと思い知らなければならない。
太陽がまぶしい朝を迎え、彼の言葉がずいぶん重みを帯びて自分の中にこだまする。
この話を書き始めると、恥ずかしいからこの連載を途中で止めてほしいとお願いされたが!(投稿二日目)
こんな素晴らしい体験をわたしひとりが知っているだけではもったいないと!
説得し書かせてもらった。
きっと!同じような事が記憶にある人達もきっと多いと思われる。
甘い罠などに掛からず、フィリピンなどに来ない方が幸せな人も きっといるのかもしれないと思った。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月26日

情報があまりにもノー天気なフィリピン!

たいていの人は、美人で若い女が安いとか、簡単に引っかかるだとか?
女はやり放題で楽しいし、カラオケのねーちゃんは金をちらつかせればなんとでもなる。
いろんな雑誌・ブログ・インターネットで取り上げられ、高齢者の男性でも若い女がちやほやしてくれると!
良い面ばかりを強調するが、それに伴う出費とリスクは、あまり書いてはいない。
爺さんが若い女を手に入れるには、それなりの苦労がある事は書かない。(金だけではない)
爺さんは、やっぱり!最終的には捨てられる!金と時間の交換が出来ている間だけの関係を!
もてる と言う事自体がおかしい事は、さらっとしか書かれていない。
まるで、自分のブログで 自分がとてつもなくモテモテのようなことが書いてあるブログもあるが!
嘘八百で、それを信じてコメントを入れるバカばっかりが見受けられる。
自分のかかった蟻地獄に、また知らない誰かをはめようとしているとしか思えない?
純粋に相手の事を思うブログでは、スケベで成り立つことなど ありえはし無い。
危険とリスクが常について回ることなどは、おくびにも出さず、危険なロマンと夢を振りまいている。(嘘が大半でそれでものっかてくるバカが居る)
それか?そんなスケベ男をだまして金にするというカラクリがあり!
多分どこかに深い落とし穴でも掘ってあるのだろう?
そんな話に乗ったつて あくまで安全やリスクはすべて自分持ち、女の話でもっているブログやサイトなんて!
うわすべりか、詐欺情報以外の何物でもない。
たしかにLAカフェのような所に行けば、あちらこちらからお声がかかり、より取り見取り的な感覚にはなれる。
それにしても、彼女らは 個人商店のオンパレード 自分を売り込み 自分を買ってもらう以外 売るものを持たないのである。(それゆえに必死に食らいついてくる)
もっといえば 自分の体一部を時間いくらでレンタルリースしていて、イカウ・グスト・アコ(アイ・ラブ・ユー)と言うサービストークも其の料金に中に入っている。
彼女たちにとってLAに来る男は、誰でも良い!男など見ていない、若かろうが年寄りだろうが、黒人だろうが、白人だろうが、イスラム圏だろうが!
自分に興味を持ってくれて!
金もっていそうな男で、その懐にあるペソに両替したその男の持つマネーだけを見ている。
それが 現実さ 男がもてている訳ではない!金のない女が 自分の武器を金に換えているだけの事さ。
フィリピン人なら誰でも知っていることを日本人は 知らないのか?
大ばか者だね、彼自身そう感じたと話していた。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月25日

人それぞれの家庭

私も、うまくいっていると言う夫婦もたくさん知っているが!
今一旦那は幸せそうではない!気がします?
どうも価値観の比重の置き方と、目的思考が違う夫婦が多い?
フィリピン国内では旦那の妥協により成り立つている場合が多く、ゆるさが繋ぐ夫婦ともいえる。(いつも旦那の口からは愚痴を聞く場合が多い)
事業で成功している人で、そのピナ奥さんが素晴らしいと感じた人は、今まで出会った中には一人もいなかった。
奥さんとは関係なく自分の力と器量だけでで立つ人のみが成功しているように思う。
またその一方うまくいっている人達もいる、奥さんにビジネス的センスは一切求めない人で、多くが人的労働力としてのみ価値を奥さんに見出す人だ。(日本在住者に多い)
家庭サービス、性的サービス、介護的サービス、のみを求めている人に円満な家庭が多く、奥さんも働き家庭を支えているなど 男性側の事情によるところが大きい。
この方がフィリピン人女性と付き合うには 良いかもしれないが、知的サービスを求めるのは土台無理な話みたいです。
と!!ここまでが彼のフィリピン女性や妻に対する御自身の見解の様だ!

*確かにフィリピーナには計画性や、先を見こして(予測して)何かをする事が出来ない。
その場のパフォーマンスや言う事だけは 素晴らしく もっともらしいが!
フォローの行動(言った事を実現する)や、言ったことの記憶があいまいで行動力の実績に欠ける。(つまりは言った事が出来ないのだ)
だから当のご本人には信頼して任せることが出来ない。
やる仕事もいい加減で、言っても出来ないし、交渉事などやらせても出来ない。
こんな事では会社は立ち行かないので数年で潰れる。
でも本人はやっているつもりでバリバリのキャリア・ウーマンのつもりでいるから始末に悪い 困った現実にほとほと愛想も尽きると言う訳だ!
私も、外国人ビジネスマンにはここフィリピンは つらい境遇の国だと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月24日

外国人ビジネスマンには冷たい現実がある

フィリピンでは自分が前面に出る事の難しさ、内縁の妻の力量のなさで事業は、いろんな搾取に 逢う事になる。
いろんな役所の人間、フィクサー、弁護士、公証人、に騙される。
もともとビジネスを知らない経験値の無い女には難しい事ばかりである。
役所の構造が解らない日本人、賄賂やチップなしでは動かない公的役所の役人。
各種の手続き、BIR、DTI。賃貸し契約に税金等。
それにたかるいろんな人々がおり、異文化の中の自分と周りのギヤップに悩むようになる。
事業もいろんな所で足止めを食い うまくいかなくなる。
彼の、当時 知り合ったレストランのオーナーなど、古くなった店を改装し、自分で店を作り上げ。
店の準備が出来て いざ開店の日に、賃貸借契約の家賃が倍になり、こんな家賃では契約できないと言えば!
新設の店舗(新しく作り変えた新設店舗を追い出されてしまった人もいる)
文句一つ言えない嫁、地主の強さをまざまざと見せつけられるフィリピンのシステム。
もうあきらめるしかないと尻尾を丸めて逃げ出す人もいれば、もう二度と商売なんかする物ではないと言う人!
奥さんに大金を盗まれ持っていかれた人、知っているだけで10人は下らないとか?
力量のないパートナーと一緒になった人の行く末は見えた。
でも気力がなえ、幾ばくかのお金が残るか、まだ日本で稼げる人は、今ある物だけを大切に生きるようになる。
まだ日本人ブランドと対面だけはフィリピンに残っているので 心はいじけないで済む(まだフィリピン人の方が貧しいからだ!)
情けないと感じても、この女は自分にふさわしくないと解っていても!
自分が、その泥沼から這い上がれなくなっている人であり、あきらめるしかない境地になる。
まだ俺などは あきらめるだけでよかったが、監獄に放り込まれる知人まで出た。
金が尽き、別れて日本に帰るなんて言った人など!育児放棄と家庭内暴力で警察に捕まり監獄行き、裁判で禁固18年を食らった。
嘘でもなんでもフィリピン人女性側からの訴えで外国人なら誰でも簡単に体を拘束される。
後日 オチがあって日本人を捕まえ監獄に入れたのは良いが、しばらくするとお金がなくなり訴えた旦那の所へ 生活費をもらいに来て。
日本人が居ないとご飯も食べれれない事が解り、急遽訴えを取り下げ和解を申し込んだ妻もいたと言う!笑い話にもならないほんとの話が 笑える。
そんな女性の選択間違いは、日本人の人生に重くのしかかっている。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月23日

懲りない自分に自分でも呆れるが、また女に惚れた!

一人は寂しい、何度女を取り換えても自分の理想には届かない!・・・・?
*口を挟んでは何ですけれど、もともと探しているような人は見つからないのがあたりまえです。
私の私感を述べれば!
*砂鉄の国で金を探しても見つかる訳はないでしょう!もともと砂の中にある物と言えば2足三文の値打ちのない砂鉄ばかり。
姿かたちは良い子もいるが その中身は使い物にならない子ばかり。(顔とスタイルの良さ そして若さ 見た目の部分での満足でしかない)
そんな事は、たびたびこのブログでも紹介するが、レベルの高い人や女性は、まず最初に金持ちに引き上げられる。
中途半端な秀才は同世代の男女で繋がり 高みを目指す、優秀な男女は、海外に活路を見つけ国を出て就職をする。
この国に残っているのは、海外への就職レベルから落ちた教養のない人間ばかりです。
そして、頭も性格も悪く常識もないが、姿、かたちで拾われる女達は、まず水商売。
海外向けタレント(ジャパ行き)カラオケ、ローカルKTV、ヌードダンサーやウエイトレス。
そして体で稼ぐゴーゴーバーガールズ達!見た目は良いが、頭は空っぽの田舎娘が多い。
なぜ、そんな娘たちに期待をする?
それは無知のなせる業だ(知力は小学校4年生程度)
知らないと言う事はとんでもない間違いの入り口にいる事なのだ。*
日本人が相手に出来るのは下層ランクでしかない、この中から どうしてゴールデンレディ(金の卵的な良い子)が見つかる訳がない。
どうしてそれくらいの見境がつかなかったのですか?
と言う 私の意見でムッとしながら?こう答えた。

そう!そうなんですが?誰もそんなことを教えてはくれないし 情報もない時代でした。
自分の勘を頼りに、探し渡り歩くのですが、つかれてしまい女の深情けにどっぷりとつかる。
最初に書いた『沢山女を乗り換えてやっとたどり着く安らぎの女』と言う事ですね?

でも何も変わらないでしょう?
自分の価値基準が下がっただけで、以前失敗した女と何も変わらない。
相手が変わらず自分が変わっただけなのに?(異国の寂しさや不安でワラをつかんだだけ)
少し一緒に暮らすとだんだんわかって来る事もある!
掃除 洗濯、自分への奉仕に、それを愛だと勘違いするのが男なのだ!
女性側にとっては、年寄りをいたわり 子供をあやすのに似ている、洗濯は手洗いしアイロンをかける。
少ない衣服を大切に着る田舎暮らしで身に着けた暮らしの延長線上なだけ。
頼みごとをすれば、半分はできない!(3つ頼めば2つは忘れる、覚え方の方法や やり方が解らないのだ)
何の知識も持たず、英語は話すが、英文が読めない。
自分が出来ない事は、すぐに他人を頼る、親 親戚の血縁の言葉しか信じない、それゆえ幼稚な発想しか出てこない。
日本人とは、言葉のコミュニケーションが出来ない為に、おとなしくしているだけの事で性格ではない。
現地の言葉でしゃべりだせば良く解る。(実にくだらないことを良くしゃべる)
しかし他人に対する見栄は思いっきり大きくなって行く(日本人妻の座は大きいのだ)
頼りにしても何もできない学のない人が多く、教育しょうにもその基盤がないことが次第に解ってくる。
フィリピンの文化世情が解ってくると、どうしようもない閉塞感に襲われる。
フィリピンの文化に合わない日本人の自分がアレルギーを起こす由縁でしょう?
やっと少し現状が解って来た との事でした!
大変な道のりを経るそのことには頭が下がりますが!
フィリピンの女を理解しないと、こんな遠周りをしなければならないと言うお手本のような気がします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:11 | 日記

2015年05月22日

起こした事業は失敗し家庭は崩壊した

ハッと気づけば金は湯水のように飛んで行った!
親戚に貸した金は帰ってこない、良い金利を付けるからと金持ちに貸したり、海外就職者に貸したり、病気の親に何とか治療費代を貸してくれ!(必ず返すからと泣かれた人にも)
情にほだされ貸したものの!すべては帰ってこない。(2千万円ほどあっという間に消えた)
いざ回収に行くと今度はブチ切れられて金持ちのくせに!(日本人のくせに)とののしられる。
(ここで初めてとんでもない人達だ!と言う事が解った)
今度は自分が大変だから返してほしいと言っただけで、親戚中から村八分!味方は誰もいない。(嫁もどちらかと言えば身内より)
フィリピン嫁も金が永遠に続くとの思い込みで、2〜3年もすると贅沢三昧にふるまい!
靴は山のように積み上がり、服もタンスも3度増設するほど膨れ上がり車も3台に増えた。子供も2人に増え、あまやかし放題に育つ。(もう完全にフィリピン人)
以前は800ペソの電気代が払えずに何とかしてくれと泣いて頼んだことなどつぶさに忘れ テレビはつけっぱなし 人のいない部屋のエアコンも1日中ついている。
通常の倍の金利を付けるから預金をと言われ銀行の支店長にも偽の預かり証で騙され、広大なマンゴウ畑も買ったつもりが、土地の売買で騙され収穫も出来ない。
あれやこれやで金が尽きると、家や車は取られ1人で放り出されることになる。
フィリピンに来て5年、あの信じていた 愛のある家庭はなくなり、まさかこんなはずではと?大半の金はなくなっていた。
嫁には、フィリピ‐ノの愛人が出来、新たにできた彼氏の子供と 私が作った私の家に陣取った。
其の上追い出した私の所に子供に養育費を払えと言う訴状が届いた、金に飽かせて遊んだ報いかもしれない?
取り巻きもはずれ!ホテルに自分一人で居るのが、自分自身 信じられなかったが!
でも あくまで自分を強気にしていたのは、家族には内緒で最後まで隠しとうしたメトロバンク本店の別預金。
日本円で2千万ほどの最終資金、円を直接預けてあったのでまだ残っている。
まだまだその時分 情報量も少なく インターネットも普及し始めた 初めの頃。
携帯電話が珍しく 持っている人も少なかった、そんな中でのフィリピンで 起死回生の起業を目指した 今度は失敗しないと心に誓いスタートを切った。
どうして日本に帰ろうとしなかったのですか?そんな質問をしたのは午前0時も廻ったころ。
夜が明けるまでには6時間余りもまだ残っている頃だった。
明日につづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月21日

夜がしらじら開けて来る

午前4時ごろからフィールズの店が閉まり始める。
4人5人と団体で夜の蝶バーガールズが帰り始める。
それを待っていたかのように!帰るおねちゃん達に声をかける!(白人親父達)
トライクドライバーたちも一斉に黄色い声をあげおねいちゃん達にアピール!(送るよ〜と!)
そんな光景が一段落するころまで話は続いている、白々と夜が明けて来る時間が?
5時半を少し過ぎた頃またコーヒーを追加する。(でも話は止まらない)
40代も過ぎて後半に差し掛かったころ、友人の紹介でフィリピンパブに連れていかれた。
とある その フィリピンクラブで出逢った女性と恋におちてしまった。
お相手は22歳 長い髪に つぶらな瞳 幼顔に抜群のスタイル!初恋の人にどこか!似ていたという?
5か月通って大金をつぎ込み、ホテルで何度か至福の時を迎えた。
サヨナラパーテイで涙を流し、その後幾週間で想いはつのり 帰った彼女を追っかけフィリピンに初めて来た。
フィリピンでは、家族が待ち受け 空港で見たフェンス越しの異様な風景は頭に残っている。
いろんな家族が金網越しに幾重にも重なりすごい数の人々が、今か 今かときたり人を待っている光景 以前はそうだった!
彼女の家に行けば、マニラの貧民屈トンド、言いようもない粗末な家に大家族!
家族の期待を一身に受け日本に出稼ぎに行った!姉ちゃんが日本人を連れて来たと大騒ぎ。
大パーティが繰り広げられ 大歓待を受けたが、でもすべての負担はこっちもちだった!
そんなアットホームな雰囲気と なんか!独特なゆるさと、少年時代の貧乏な日本、過ぎ去った昔の風景がここにはあった!
そんな気安さについつい引きずられ、女の深情けにほだされて 家も捨て家族も捨て仕事も辞めて、こちらにやって来たのは50も過ぎたころ!
(*50代では人生を変える恋をする人もいる*)
いいさ!又こちらで一旗揚げようと持ち込んだ金が当時の金で8千万、家も買い車も買い。
取まきに囲まれてお大臣の生活そんな生活が2〜3年続く。(本当に夢のようだったと言う)
つづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月20日

浅はかな情報のこわさを思い知れ

私はこのフィリピンという国を25年以上も見続けて来た。
だからこそ、こんな人の意見が良く解るのだ。
フィリピンの中で、出会った人も沢山いるし、その行状をつぶさに見て来た。
元気に活躍してる人も、フィリピンを満喫とまではいかないものの 満足している人も知っているし、今なお迷っている人も多く見て来た。
一歩間違えて地獄に落ちた人、撃ち殺されてこの世から消えていった人、未だ!もがいている人、いろんな人を知っている。
そのすべてがフィリピンに魅せられた人達だ。
国のゆるさ、ズルさ、女の魅力に優越感、いろんな思惑が相まって、この国にどっぷりつかた人達だ。(あくまでも男性の立場からでの意見交換)
最初は遊びのつもり、沢山女を乗り換えてやっとたどり着く安らぎの女!
でも何も変わらない?
相手が変わらず自分が変わっただけなのに?
相手が特別に見えて来る愚かさは、今に始まったことではない(古今東西昔からある)
またそこから、間違いと誤解が始まり のっぴきならない所まではまり込む。
ある人は大金をかけ、ある人は人生までかける、でもつまるところお金の問題でしかない。
夢見た家や、生活を手に入れても、自分の思い道理にはいかない!
フィリピンの文化に自分がアレルギーを起こすのだ、家も家庭もこうしたいと思うようにはいかず、子供もフィリピンの文化世情に感化され!
こう育つべきとは反対の方向で、フィリピン文化に毒される。(成り上がり金持ちと誤解する)
家庭内対立が顕著になり、自分が黙り込むことが次第に大きくなり、異文化の中の自分と周りのギヤップに悩むようになる。(ここで少し現実が見えて来る)
そおしてフィリピンを放り出す羽目になる。
早々にフィリピンを脱出した人はまだ好い!
逃げ出す人に追い打ちをかけるようなセットアップで、金ずるを離さないよと!
罠にかけられ 出るに出れない人も知っているし。
子供を人質に生涯食いぶちにされる人。(自分から罠に入り込む人)
情が深い 愛が深いと勘違いし 彼ら家族の働き蜂にされる人。
解っていても自分がその泥沼から這い上がれられなくなっている人?
金のある人はまだ好い 生きるのにまだ多少の余裕がある!
金のない人はなけなしの金をはたいてフィリピンへの航空機切符を探し!
日本では極貧の生活をして金を運ぶ、フィリピンでは勝ち誇ったように女王蜂が口を開いて待っている。
自分の思い道理が・・・?思うように操られているだけ、女は働かず食事の用意 掃除洗濯も運んでもらう人の金で他人任せ!(身内 親戚 彼氏 妹や弟任せ)
しつけられずに放任でわがままになり放題の子供に内縁妻!小言を言えば自分だけ孤立する。
天国なんて誰が言った!
女が安いなんて誰が言った!
遊んでいれば面白い国なんて誰が言った!
雑誌宣伝、興味本位でやってきたバカな男たちが また 嵌り奴隷(働き蜂)にされる国。
情報があまりにノー天気な国フィリピン、その怖さを思い知るのは嵌った後だと思い知りなさい!(自分も経験済みと笑う人)
こんな事を滔々と述べる人と 私は、夜を徹して話し込んだ!!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月19日

電話に出ないフィリピン人

急な用事でこちらから連絡しようと何度電話をかけても出やしない。
それが多くのフィリピン人の常識なのでしょうか?ほんと身勝手な人達です。(ビジネスマンを除く)
いつもの言い訳はローバット、たまに呼び出し音が鳴れば忘れてチャージしておいて出かけただの?忘れていただの?
着信音を切っていたためバイブレーターだけで,気づかなかったとか?
そんな言い訳ばかりを会った時には言うくせに!
かけて来る時は勝手にジャンジャンかけて来るし、もし出なければ、なん十通とテキストを送りつけて来る。
私は、なにか特別な異変が無ければ、携帯電話は 忘れはしない!
たまにうっかりミスで電話を置いてきてしまう事があるが、出来るだけ取りに帰る。
掛かってくる電話は誰からかかってきても必ず出るようにしている。(都合の悪い人からの電話でもだ!)
しかし最近フィリピン人と食事をする機会があつた。
まだ11時半早々と食事に出て、テイブルに着きオーダーをしている時に電話がかかってきた携帯の呼び出し音がなっても知らんぷり。(相手の確認もしない、私に遠慮しているのかもと?)
電話だよと促してもOK OKと言うばかりで出ようとしない?
あまり言ってもなんだから!そのままにしておいた。
食事が運ばれて昼食が始まるとまた電話がかかって来たでもまた無視!
どうしたの?電話に出たらと促すと食べている最中でしょう!
今は休憩時間で食事タイムだからと、電話の相手は関係ないとでも言いたそうだ!
番号を確認したり、でようともしない?
緊急の用事なら困るのにと思うのだが?
プライベートな時間や出たくないときは勝手に出ない様だ?(自分の都合しか考えない?)
どうもそれがフィリピンスタイルみたいです?
ある時話し込んでいるにもかかわらず着信音が鳴るとすぐ出る電話がある?
いつもとは着信音が違う!(どうやら家族からの電話 電話の主は奥さんみたいだ!)
仕事の人や一般の人とは区別があるみたいだが、電話をかけても出ない理由が案外こんな理由だと思った。(プライベートで何かやっている時なのだ!)
電話をかけても通じない相手とは案外こんなものだと納得した。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月18日

聞いた話)財布と金を抜き取られた!

マスターひどい奴がいるもんだ!と 話し始めた人は、当店の常連さん。
東京からのお客さんでいつも親方と呼んでいる人。
いつも当店の近くのグロリエッタホテルに、1か月くらい長期滞在し年に2〜3回ぐらい来る人ですが。
三日前に入院していた病院を退院してホテルに戻って来たみたいです。(日本から送金してもらい支払ったそうです)
そして今日 私を見つけて店に入って来ました。
実は、今月11日ホテルのロビーで心臓発作で苦しんでいる時 ホテルのボーイが日本人を探しに外に飛び出し!
近くにいる日本人を探しに行った。(本人はタガログも英語もしゃべれないからだ)
そして とある日本人を見つけて連れて来た(H)
AUFの病院に行き通訳をして面倒を見たらしいが?
俺のバックから財布を抜き、約30万円の金を抜きとったと言う。
なぜそれが解ったかというと!
抜き取る現場を見ていた知り合いのフィリピン人が居て俺にそう話してくれた。
俺がカバンの中に入れてあった財布がないと俺が騒いだからだが!
そのフィリピン人はHの胸ぐらをつかみ金はどこにやったと詰め寄り、警察に通報した。
Hは証拠隠滅の為に一万円札を細かく破りトイレに流そうと試みたが、便器に張り付きうまく流れない、そこに警察が到着しHを訊問。
トイレに流したものの流れず張り付いた破片と、水に浮く破れた1万円札 約7万円位の破片を押収した。
本人は罪状を認めた、親方は、警察からは起訴をするかと言われたが!!(裁判は厄介だしそのために何度か足ゐ運ばねばならない)
今まで時々トロトロの店舗で顔を合わせていた人だし、知らない中でもない、想えば時々酒をおごった相手であり、同じ日本人だし。
本人が毎月10万円づつを返すと言うので、毎月000に振り込むと言う証文をとって不起訴にしたと言う。
(しかし年金受給者なのでその中から毎月10万円は大変だろうと言う)
フィリピンで病に倒れた人の 其のスキにつけ込み、病院で貴重品を入れたカバンの中から財布現金を抜き、見つかりそうになったからと1
お金を破りトイレに流して証拠隠滅を図り!それが見つかって警察沙汰にしないでと頼むくらいなら!
そのまま抜いたお金を返し、謝れば病院までの看護と手助けで 多少の謝礼も もらえたかもしれないのに と思う。
私はそんな人が居るなんて、信じられないが!何故か少し心が痛みます。
フィリピンに遊びに来る人が、うらやましく金持ちに見えた様でつい出気心が勝ってしまったのでしょうか?
どうもそんな人もこの近くに住んでいると言う?
聞いた話を、まとめるとこんな所ですが!ずいぶん情けない話だと思います。
しかし、その名前 住所 電話番号も 証文も見せてもらったので、この話は 現実にここで起きたに違いないと思われます。
今後、もし何かあつた時は、ウッドベルに駆け込むようにしてくださいと伝えておきました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月17日

銀行は信じられないフィリピン人!

フィリピン人達は言う、フィリピンの銀行はつぶれても責任を一切取らない。
一部の金持の会社だけ銀行は助けて、一般預金所のお金はすべて食べてしまう。
最近の発表で、つぶれた銀行 rural bankルーラル銀行(バンクラップ)
フィリピンでは、貧しい人たちが子供のためにと積み立てたinsurance(インシュランス)
学資保険(子供が学校へ通うための積立保険)親が子供の為にコツコツ食べ物を削って積み立てる資金さえも会社がうまくいかなかったことを理由に倒産、閉社しても知らん顔をする例に いとまがない。(今までフィリピンでは保険会社がたくさんつぶれている)
多くの一般市民がその犠牲者となっている。
そんな理由からフィリピン人にとって銀行は、金食い虫同然という印象を持たれている。
だからこそ多くの国民が銀行を信じてはいない。
むしろ銀行よりタンス預金を重要視するが!それも時々裏切られるという。
フィリピンの国そのものの紙幣も信用できないと言う。(フィリピンペソは世界的に見れば、換金率の低い不良通貨です)
小さい時からコツコツとお金を貯めタンス預金を続けて来た おばーさんたちは言う!
ある時紙幣が急に使えなくなることがある!(古い旧紙幣だと言う理由だけで!)
国が勝手にお札を変えて以前からため込んでいたお金をも使かえなくしてしまう!
そんな例が幾度かあったと言う?
でも今年もそんな年になるだろう?
つまりは、2015年今年の終わりで(今年の12月)で旧紙幣は使えなくなるのです。
旧紙幣を以前フィリピンで両替して まだ持っている日本人もいるかもしれないので?
お伝えしておきますが、今年中に使うか両替しておかないと来年来てそれを使おうとしても もう使えません。
そんな通達が政府から出ています。
以前からフィリピンの子は、なぜか?お金を貯めようとする努力をしない人が多い。
キープせずに、あればすぐに使ってしまうのを不思議に思っていましたが!
きっとこんな感覚を親から教えられているのでしょう?
銀行に預金するな!(潰れて預金は戻ってこないから)
保険には入るな!(子供が学校に入る年には会社が無くなり貯めた金が使えず消える)
お金は価値あるもの(好きな物)にすぐ変えてしまえ!(金を持っていても強盗にスナッチャー泥棒にとられるだけ!食べ物とか必要な品々に換えて持った方が良いと教えられる)
都市部では一部違う感覚もあるのでしょうが?(都市部でも今後銀行がつぶれる事を予想している人もいます)
銀行の利用の仕方は、買い物の決済のみで 銀行に貯めると言う感覚はまだないと聞いている。
フィリピンの多くの国民はまだこんなことを教訓としているのでしょう?
銀行も早く世界標準、近代化に努めないと信頼は勝ち得られない。
でも親方日の丸のフィリピンでは、まだだめかもしれないので多額の現金をフィリピンの銀行に置いておくのはやめた方が良いかも?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月16日

劇薬も簡単に買えるフィリピン

まだまだ法律の整備が遅れているフィリピン。
4月にミルクティーで1人の客が死亡し1人が重体、その店の店主まで死んでしまうと言う惨事がマニラで起きた。(まだ記憶に新しいと思う)
(4月20日マニラ新聞から抜粋)早急な真相解明を ミルクティー死亡事件
首都圏マニラ市の飲料水販売店で売っていたミルクティー「ホッカイドウ」を飲んだ2人が死亡、1人が意識不明となった事件は、不可解な事態に陥っている。
事件発生から6日後、厚生省はミルクティーから毒物は検出されなかったと発表した。
事件直後は食中毒が原因との推測もあった。
しかし、食中毒の一般的な症状は、吐き気や下痢、微熱、頭痛などであり、口にして数分で意識を失うことはない。
店内に設置された監視カメラの映像には、ミルクティーを一口飲んだわずか3分後に意識を失って倒れ、嘔吐(おうと)しながら床でけいれんする女性の姿が映っていた。
交際相手の男性もひきつけを起こし、呼吸困難に陥った。
味に異変を感じ、すぐに吐き出したため、この男性は命を取り留めることができた。
店主も味見したわずか3分後にその場に倒れた。
このような状況から、不衛生な店内や保存の不備などから発生した細菌によるものではなく、人間が短時間で死に至る猛毒がミルクティーに混入されたことは明らかだ。
青酸カリなどシアン化合物が混入されていたとすれば、犯行は計画的に行われたことになる。
厚生省はミルクティーから毒物を検出できなかったと発表したが、証拠隠滅の可能性はないのか。:(以下省略)
まだ誰の仕業かは特定されていないが?(候補は2人 息子と使用人)
警察から、使用された毒素の基が発表された。
Oxalic acid (日本で言う シュウ酸)である。
強い毒性があり、汚れ落としや トイレのつまりや金属の洗浄に使用するが、大きなハードウエア―ならどこでも買える。
毒性が強くても法律の規制がないので、使用しようと思えば誰でも簡単に買い使用することが出来る状態なのだ。(昨日テレビで簡単に購入できなくすると言う報道がなされた)
でも!他かにもたくさんあるようです。
muriatic acid 等と例をあげれば、枚挙にいとまがない。
かなり毒性の強い物でも、まだまだ放置状態にあるフィリピン。
揉め事 いさかい事は ちょっとしたことで恨みを買う場合が多いので、こんなものを混入されないように気を付けましょう。
われら外人、金を持っていそうだと?狙われそうな人も気を付けてください。
また他人のいさかいの巻き添えを食ってもつまりません。
口に入れておかしいと思ったものは、飲み込まず吐き出すようにしましょう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:28 | 日記

2015年05月15日

高齢者女性の問題

相も変わらず男性の場合はこんな程度の問題なのだが、女性に至っては!
深刻な問題ととらえる社会学者が多くなっている。
前回も同じことを書いたが、元気な高齢者たちは、恋愛やセックスに対しても貪欲。
それは男性ばかりの問題ではない、女性も同じ悩みを抱えているのです。
60代と言っても今の60代はまだまだ若いのです。
日本でも出会い系サイトやシニア専門の婚活パーティーで恋愛を求める人は多く。
伴侶に先立たれた老後は寂しいからと共に生活をするパートナーを探したり。
自らの性欲を満たす為積極的に異性を探している男女がいる。
最近の三面記事ではそんな性欲盛んな男性を目当てに結構年増の女性たちも個人売春や!
デート商法、結婚詐欺などさまざまな手法で、男性の老後資金をかすめ取っていくと言う記事が載っています。
また、デリヘル嬢やAV女優として活躍しながら、マニアックなニーズに応える高齢女性も少なくない。
かつて、「性欲がない」と思われていた高齢女性たちだが、そのあふれんばかりのバイタリティで前面に出て来た。
62歳のデリヘル嬢がこの仕事に就き自分がどれほど干からびていたか、どんなに飢えていたのかを思い知りましたという記事を掲載していた。
いくつになっても女の部分が消えてなくなる訳ではないのですね!と語る姿からは、生涯にわたって尽きることがない男女の性欲という業の深さを思い知らされます。
うちの奥さんは全然その気がないと言う男性。(今更できないよという人もいる)
もう10年も交渉がなく奥さんに性欲がないように思っている男性諸氏!
自分が間違っていることに早く目覚めないと悲惨な老後が待っている。
どう 大切な奥さんと向き合うか?男女の性の違いをどう受け止めるか?
老いた体をどう慰めあうか?
歳を重ねたからこそ そんな性のケアーを忘れない事が 夫婦円満の秘訣かもしれません。
一番近い伴侶と疎遠になれば、孤独感や疎外感などの満たされない思いは 歳を重ね益々募る事になりますよ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月14日

最近のフィールズを見ていると!

四十、五十、六十にして、迷っている人ばかりが目立つ。
最近の風潮で長寿で元気60,70働き盛りの人が増え!
昔の中国の偉人で論語を書いたとされる孔子。
40にして惑わず、50にして天命を知ると道を説いたが どうも!現代社会には通用しないみたいだ!
70を越えてもなお、道徳の何たるかを知らない人が多くなった?
いや!どう生きるべきかを見失った人が多いのでは?(道徳の改良が必要になったともいえる)
このフィリピンでは、まさに予想をはるかに超えて道徳をはみ出してしまった人ばかりが目立つ!(でも全体からすれば少数派)
現代日本では、4人に1人が65歳以上という超高齢化社会を迎え、買春をし、暴力を振るい、ストーカーになったりと、若者と変わりない犯罪行為や迷惑行為を行っている人が増えたとか?
その風潮をここフィリピンにまで輸出しているのだろうか?
その動機としては、少ない貯金や年金では、日本での生活が苦しくなって、安い海外に目を向け、基準の低いフィリピンに思わず起死回生の手段で来てしまったと、語る高齢者もいる。
しかし、その一方で、家庭での不満が蓄積しフィリピンへ来ると生きている感じがする「ワクワクする」と刺激を語るシニアの男性や、大した金額じゃない、どうって事ないさ!とうそぶく小金持ち達もいる。
たとえ家族に見つかっても、それほど怒られないでしょ、独身なんだから!
どこが悪い、買春というより個人ドネイションだ!と逆ギレする人もいる。
(買春だ!人身売買だ!と年寄りを犯罪人扱いにしていじめて何が楽しいのか?)
しかし、若返りたい スリルを感じたいと、遊び半分で幼児買春に手をだす高齢者もいる。
若者以上に悪質な事例も多いのだ。(最近元校長などの愚行が新聞テレビで報道されたばかりだ)
そんな「元気な」高齢者たちは、恋愛やセックスに対しても貪欲。
日本でも出会い系サイトやシニア専門の婚活パーティーで恋愛を求める人は、伴侶に先立たれた寂しいからと生活を共に過ごすパートナーを探したり。
自らの性欲を満たす為積極的に異性を探している。
これら、高齢者をめぐる問題の根底にあるのは、進歩した医療技術によって、格段に向上したシニアの体力と、リタイアした彼らが 持て余す時間の多さ。
そして人生のタイムリミットを意識しながら、「やり残したこと」に対して焦りながら。
性欲や愛欲を引き金にして 金をつぎ込み 快楽につき進み 規範を乱してゆく 高齢者達の姿である。
*しかし、こんな人たちは一部であると 自身を含め、我ら高齢者を弁護しておく*
元気な老人が増えるのは、超高齢化社会を迎えた日本にとって 明るい話題であるはずのものが!
元気が余って海外で幼児買春など犯罪に手を染めるような老人が増えるのは困りもの。
高齢者の性のあり方や 生き方について、もう一度よく考える必要があるのではないだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月13日

マニラでカラオケとゴーゴーバーへ

カラオケは90分500ペソと書いてあったので入ってみました。
友人と2人 指名せず drinkいいですか?攻撃をかわしカラオケ三昧に徹しましたが!
出るときに一人620ペソで終わってしまいました!(本当は終わらされてしまったと言うのが正解です)
これは安いですね、2人ともおねいちゃんが目当てではなく!
久々にカラオケを楽しもうと適当な店に入ったからです。(良い接客なら長居がしたかった)
付いたおねいちゃんは、どれも自分好みではなく、drink いいよ・いいよ にはならないタイプの子ばかりで 気に入ってしまえば90分どころかラストまでとなる所ですが!
最近のカラオケはマネージメントがあまりうまくない!
誰でも適当につけて来る!昔は やり手のママが居て初めての客には もったいを付けて ここぞと言う女を付けて来た!
今は余りの女を付けて来る、初めての客は一番大切にしなければならぬ(客として根付く)かもしれない?(基本を忘れて次につなげようとしない)
カラオケのサービスも地に落ちたようだ!それで客が来ないと嘆いている経営者は愚の骨頂。
金が無い訳ではないサービスが悪いから金を払いたくないだけの事だ!
2件目はハナミズキ 本当は花見月と書くのを花水木と書いてある。
たぶん経営者は日本人ではないな?と思いながらも、ロングドレスの雰囲気に誘われ入ってしまった。
残念ながら店の雰囲気は一昔のピンパブ風、これといった感じの女性もなく ただただ歌っておしまい 時間がきたのでやはり一人620ペソを支払い出て来たが。
韓国系の人がお客に多く歌もハングル語の歌が多かった。(ハングルの歌声が聞こえるだけで少しひいてしまう私)
また、入ったお店で 私の店のお客さんとも鉢合わせ!ちょっと体裁が悪かったが笑顔であいさつ。(今日は2組も別々に会ってしまった)
界隈を歩くとカラオケ店のポン引きが気になるくらい沢山いる、気を付けた方が良い!
彼らの手に乗ると支払の値段が違ってくると言う事を付け加えておく。
一息いれてコーヒーを飲み、久しぶりのエドーサコンフレックスのゴーゴバーヘ行ってみた。
やはりアンへとは一味違う粒ぞろい!(見た目だけの話)
ママさんを捕まえて今いくらと聞いてみた!
お店に(早退手数料のペナルティ)1980ペソ+ドリンク代250ペソ=2350
本人には、5000ペソ+チップだと言う。(ショートタイムは3000ペソ+チップ)
そうすると最低でも7500ペソかかる。
ずいぶんマニラは高くなったものだ!(此処にいるのは日本人かアジアの新興国人が多い)
ちなみにあまり韓国人はいない、みんなアンへレスに行ってしまつたとママが話していた。
モテモテの選んでくださいコールを潜り抜け エドコンを出たのは、もはや午前様!
そろそろ帰らねば、明日の仕事に差し支える 友人に別れを告げてマンダルーヨンの自宅に戻り眠りにつくのは午前3時だ。
今日午後の便でマニラに着く友人を出迎えアンへに帰る予定なのだが!。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年05月12日

5月9日、無事に空港まで送り届けました

今回の連休に来ていた友人たち無事に第二ターミナルまで送り届け一安心でした。
連休も終わりをつげ、友人たちも難なくフィリピンを離れて ひと段落。
私もアンへに戻り また仕事を頑張る事にします。
しかしフィリピンに来て体調を崩す人も多く、気を付けられたほうが良いでしょう。
一つには日焼けし過ぎ?というのもあるようです、日本とは紫外線の量が違います気を付けてください。
海やプール遊び ついつい長く日に当たってしまうという処から、帰る時分は 顔は真っ黒。
服の下は真っ赤になってしまっていたりで、相当痛々しいことも起きる。
また日焼けや たばこによるビタミンC不足になり、肌色や顔色が悪くなっている人もいる。
顔色は真っ黒で良く解らないが、その表情からぐわいの悪さが解る。
暴飲による胃液の薄まりなどから!さほど強い菌ではなくとも、胃腸の調子を崩す人などもいたりで?
病院へ行くまでもないが気分が今一よくないと言う人も多くいらっしゃいました。
今回もたくさん体調を崩されたと言う方に出会いました(海外では体の健康をまず一番に考えてほしいと思います)
日本の日常からフィリピンの非日常へ来て ともすると浮かれすぎて 小さな事の積み重ねで体調を崩す人も多いのです。
特にフィリピンでは衛生観念に乏しい店ばかりですので、店に入るのも自己責任です。
どの店なら大丈夫かを選ぶ選択眼も大切になってきます。
旅は現地のお店が一番いいなどとは時代遅れの考え方だと思います。
品質の良い 安全で 清潔な店を探すことが、何より一番大切ではないかと思います。
IさんUさんありがとうございました、今回も楽しくご一緒することが出来 大変うれしかったです。
楽しく過ごさせていただきました、またの 御来比をお待ちいたしております。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記