和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年06月08日

几帳面で真面目な人ほどウツになるという話

ストレスにより日本人は10人に一人が鬱になっているらしい話を聞いた。
ウツ て!精神面が弱い人が掛かると言うイメージで 自覚症状があってもなかなか病院に生きづらいものですよね!
でも!誰でもなる事があると言う種類のものらしいです。(精神疾患とはちょっと違う)
誤解で、精神面の弱さや性格の問題で起こる病気ではないか?と!思っている人が多いが、それは間違いらしいです。
最近の医療では神経伝達物質のやり取りがうまくいかなくなって、起こる 脳の病気なのだそうです。
脳が分泌する セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、この物質によってさまざまな症状が引き起こされる。
セロトニン(低下すると気分が落ち込む)・・・・・・・・・@不安感
ドーパミン(低下すると無気力になる)・・・・・・・・・・Aやる気の低下
ノルアドレナリン(低下すると緊張感や集中力がなくなる)・B思考力の低下
最悪の状態になれば自殺願望が出て来るそうです。
初期のうつ症状と言うのは、身体にも影響を与えて 不眠や食欲不振を引き起こします。
気分の落ち込みや、集中力の低下や思考力の低下で、自分がつまらない人間のように思い込む。
それが2週間以上続けば、自分はウツだと疑った方が良い。
(自己判断は難しいので 身近な人が気付き 病院に連れて行く方が賢明かもしれない)
最近病院では機械的に判断が出来るようになったらしく、検査で右と左の脳の血流のバランスが悪いことでこのウツ症状になると言う事が解って来たらしい。
転機や新生活 大きい何らかのイベント(切つ掛けで)ウツを引き起こすことがあると言う。
つづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年06月07日

最近結婚をした知人から聞かされた話

子供が出来たら女は変わる!日本もフィリピンも同じか?
いやそんな程度では済まないですよ!鈴木さん!本当に驚くことばかりです。
00さん結婚お前に 私 お話したしたでしょう!これからがもっと大変になりますよって!
私が 言った意味の、その真実が始まっただけの話ですよ!
うちの奥さん 疑い深くなるし ヒステリーにもなる、フィリピンに在住型の家庭を作ると。
だんだん本性を現して、家庭内女王に君臨するようになる。(元来の母系社会の習性が発揮されてくる)
今まで思いもしないような違いが出て来る。(うん うん!とうなずくばかりの私)
そんなものかなー?思い過ごしではないの?産後ウツじゃないの・・・いや〜絶対違いますよ!
金、金、金といままでにはないような使いっぷり!
僕が、よけて隠しておいた 私のプライベートな箱、開けてはいけないと言い置いたものまで手を着ける。
隠しておいた財布を見つけ勝手に抜いてもっていく!(それは夫婦と言ってもドロボー行為ですね。よく言い聞かせないと!)
私がいない間 クーラーもつけっぱなしで 今月電気代が5000ペソ。
子供がいるので仕方ないか?とも思いますがフィリピンで月1万5千円近い電気代にびっくり。
パンパンガでは1か月 水道代は500ペソ、家賃が12000ペソで抑えていますがこの国は、給料の割に 基本料金が高すぎだと思います。
そうですよね!私もそう思いますが、貴方の住んでいる家は少し古めなのでまだ安いですよ。
新築一軒家は25、000ペソ以下なんてほとんどありません。
フィリピンに住んだ日本人は、日本とは違うストレスにさらされます。
今家族に(親戚縁者も同居、子供の養育の為)奥さん一人では何もできない(子育てが出来ないママ)
お金の事で!より懐疑的になり 信用が出来ないとこぼします。
(責任感の度合いが違います)早目に、よく その辺の話し合いが必要だと思います。
同じ文化を共有し同じ人種間でも、年代が違えば うまく意思の疎通が出来ない事が多いと言います。
反対にフィリピーナ奥さんは、どうだろうか?
散々文句を言われても 喧嘩でなければ、案外ケロッとしています。
私の知る限りでは、夫がいろんな事を言っても、ストレスをあまり感じる事は無いように思います。
【多分聞いていないのです(笑)】
今の生活は、以前の生活に比べ格段の差をもって満足できるものなのでしょう。
彼曰く 以前僕は、彼女の実家を訪ねたことがありますが、川沿いにへばりついたバラックでこんなところに住めるかなといった感じの家でした。
(行っても30分と僕は居られなかった)
外国人の夫を持ったフィリピーナ、それは彼女にとってステータス、絶対離れたくは 無いお相手です。
この国では、むしろ夫の方がストレスをより『強く、多く』感じるかも知れません。
ちょっと仕事が長引いても 仕事だから、などという言い訳は効かず!
ナニシテル、早く帰っておいでコールで!落ち着いて仕事などできません。
少し長時間 出かければ 浮気を疑われ 何度でもテキストと電話が入る。
早く帰ってこい!ストレス症候群を抱えた夫の方が 多いみたいです。
結婚して、こんなに立場が入れ替わるなんて!一家の主がまるでこま使いみたい!
信じられないとの事でした。(やっぱり始りましたか、男性に多い後出しマリッジブルー)
まだいい方ですよ!私の知り合いなんか、こつこつためた事業資金1,5ミリオンを使われてしまって離婚に至りました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年06月06日

男の更年期

大丈夫さバイアグラがあるさ と!こんな事を言うおじさん達がいるが!
男の体を理解していないと言うか、自分の事が解らない人達が多い。
まあここまで来て遊ぼうと言うのだから、きっと元気なのでしょう?
ある意味では、とても良い事ですが!普段の生活で元気がないとか?
やる気が失せていく と言う症状で、更年期障害と診断される人が増えているらしい。
男の更年期と言うのは男性ホルモンが大きくかかわっていると言う事だが。
女性の更年期障害に比べ、あまり知られていないのが現状だ。
これはフィリピンだとか日本だとかは関係ない!すべての男に関係することだ。
男性ホルモン(専門用語ではテストステロン)の低下をきたすと男性機能の低下や倦怠感を引き起こすと一般的に言われている。
症状的には『朝だちのある、なし』がこの症状の目安になるとドクターは言っていた。
そういえば、私自身ここんとこ!そんな兆候はほとんど 無い状態が続いている。
なーん てね!・・・私も以前から承知している更年期障害のEDだと。
まだ若い50代の人でも1月の内 朝だちが1〜2回程度では、男性型更年期障害であると 思わねばなりません。(自身の経験から)
私も受診をしてEDの治療を施したことがあるので、大まかな事はわかります。
現在はあきらめて放置状態です(たぶん日本では可能だが、フィリピンではどうか解らないからです)
男性ホルモンであるテストステロンは、夜間の睡眠中に作られる成分で正常値は11,8なのだそうだ。
最近の治療方法は、イスラエルで開発された衝撃波を使う治療方法で(マシーンED1000を使用し)約20分間照射して血管を刺激する。
(EDを根本から治癒させる機械だそうだ)
愚息に衝撃波を照射して血流の改善を促し、新たな毛細血管等の形成を促すという治療だそうだ。
また塗り薬も併用して使い(テストステロンゲルを外側から塗り)つまりは、男性ホルモンを愚息に塗布し気力の充実を図る。
(2段構えで治療は施される)
一方 男性機能不全(ED)治療薬「バイアグラ」とは一線を画すものだそうです。
最近アメリカでは、性的欲求低下障害を抱えた女性向けの治療薬も開発されていると言う。
【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)に諮問委員会は4日、同治療薬「フリバンセリン」を条件付きで承認するようFDAに勧告する。 
男女とも一度元気のない人はトライしても良いのではないかと思います?
バイアグラやシアリスは、あまり体には良くないと言う報告もあるそうです?
体は根本から直していった方が良いに決まっている!とおもうのですが!
又いらない余計な事を書いてしまつた!(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年06月05日

3匹それぞれいた犬も今はいない

1匹目 名前はキャンディー 雌犬 そもそも安く買った犬には最初から問題があった。
白いプードル犬で、子供を産み腹を割っての摘出 適当な手術に今にも死にそうな犬だったのでした(後で解った事)
可愛いと思い、手を差し出しただけの何も知らない私に600ペソだから安いと!
押し付け 巧みなトークで売りつけられたのだった!(買った自分も悪いのですが)
子どもを産んだとは告げられたが お腹の傷までは、知らされていなかった。
元気がなくても、かわいい瞳で見つめるしぐさに!つい!かわいそうに思い 引き取ったのでした。
あまりの元気のなさに動物病院に連れて行けば、手術のやり直しと薬代がかかると言われましたが!
不憫に思い買った10倍のお金をかけ回復手術をしたが2年ももたずに死んでしまいました。
そして、タヌキ(狸に似た顔や姿で)愛らしい犬のポメラニアン、血統書付の室内犬だったが つい先日病名の解らぬままドッグフーズも食べられず死んだ。
その翌日 日本の中型犬のスピッツ 朝散歩に出て帰らない。
いくら何でも中型犬が行方知れずになるとは思わなかった!
いずれ腹がすけば帰って来るだろうとの思い込みもあって、どうせ雌犬でも追いかけているのだろうと?
しばらく様子を見る事にして家の中に入って待つことにした。
いつもそばにいるので、首輪からチェーンを外して遊ばせておいた20分の間の出来事。
人見知りしないような あまりにも人なつこい犬に育てすぎたのが原因かもしれない?
どこかに連れ去られたに違いない?(行方不明になって1週間がたつ)
本当に!犬までもっていくか?不思議思う。
1時間もたつのに帰らず、おかしいと思い近隣の住人を総動員して捜したが見つからない。
可愛がっていた犬たちが3匹相次いでいなくなって家に帰っても張り合いがない。
今度は また懲りずに大型犬を飼育する羽目になった、あまり飼う場所がないが!(今はまだベイビー)
知り合いの人から 生まれて1か月になるシベリアンハスキー犬を分けてもらい飼うことに決めた。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年06月04日

此処に居ると どうしてもネガティブにならざるを得えません

何故かつて?
弱すぎるマインドを持ちかなわぬ希望を持った人達が夢を求めてやってくる街だからです。
まだ日本から遊びに来る人達はこのケースに当てはまらない人達もいますが!
何らかの形で嵌れば(弱い心の持ち主ならば)すぐに泥沼にはまり身をもち崩していくからです。
あくまで遊びとして、後ろ髪をひかれ また来たいな〜!と思うぐらいが一番良いのです。
そこには また頑張ろう!とか、面白かった!またあぶく銭でも貯めて 遊びに来ようと言う前向きな姿があるからです。
ここにいる嵌り組は、どんな偉そうに薀蓄をたれても、女の事や関連事しか言いません。
また女遊びが面白いとしか言いません。(嵌る同類を探しているのです)
フィリピンの文化、世相 そしてフィリピン人との触れ合いなどで、都合の悪い事は何も語らず、良い事ばかりを言い広めます。
そんな情報を発信する人は、自分の想いの裏側は見せません。
物事には裏表があり良い事ばかりでは無い相応の悩みがあるはずです。
そのくせ 他人には、フィリピン女の愚痴や悪口、フィリピン文化の悪点、家族の質の悪さなどをアピールし!
あの女は、どうのこうのとか言う割には女性に固守します。
いい女の捕まえ方とか あれが良いとか この子が良いとかを 伝授しようとします。
見た目を重視し 非常に偏った情報しか伝えません。
客観性に乏しく、深い考察などありません。うわべだけの事に終始します。
もう頭が固く他の情報など興味を示しません、私もそんな人達とは、もう言葉も交さず無視を決め込んでいます。
こういった状況があり、あまりポジテブな方向には生活圏の中で目が向きにくいのです。
多くこの地を去る人から得た情報にも、ネガティブなものが多く 自然と人間の業の深さなるものが入り混じっています。(後悔先に立たず的な事をよく言われます)
しかし本質的には私自身は、あまりネガティブな物事や 話は 好きではありません。
マスターのブログとしては、危険情報、世相、生活のよしなしごとの中で取り上げる 題材そのものが ネガティブになりがちです。
確かに自分自身生活の中では、よい事より 悪い事の方がよく起こります。
いや自分にとっても 生活するうえで 良いと思われることが 少ないのです。
ローカルニュースでは殺人・レイプ・子供の誘拐・麻薬中毒者による殺人など連日の報道が人々の心を曇らせています。
フィリピンでは、安全に暮らすと言う事が人々の最優先の課題となっています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年06月03日

最近騒がれだしたフィリピンの地震

フィリピンには、大きな地震がないから大丈夫!と言われ続けて来た。
が!しかし、にわかに 広域に広がる活断層の存在が発表され(新聞)テレビで見た。
フィリピンにも 強い地震が起こる可能性があると言われだしたのは 記憶に新しい。
レイテ、タクロバン、サマール地方で起きた台風災害にも見ることが出来た現象で!
何か災害が起きると住民のパニックが起き 必要以上に事後の被害が増幅される。
ましてやマニラ1千300万人の市民を抱える大都市に『阪神神戸』並の地震が来たなら?
想像を絶する大災害が発生する恐れがあります。
フィリピンでは、まず家屋やビルの倒壊で大パニックが起こる。
各ビルの構造上の脆弱さにより 建物が倒壊し 外に逃げ出した人に、ビルの壁(ブロック)が振り掛かって来るのは、想像に難くないが?
逃げ出す人々に交通インフラの未整による交通災害、水や食糧の争奪戦などでかなりの緊張状態に陥り、政府関係の防災の準備不足より2次災害が起こると思われます。
もともと大災害が起こると人心が乱れ、人災の方がむしろ問題となるでしよう。
私も傍観者ではいられない、この群れの中の一人に入っていることも十分考えられる。
もしもの時に 備えどうするかを日本ではもちろんの事 フィリピンでも準備を進めておかなければなりません。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年06月02日

フィリピンの法律の不条理

よその国の法律に異議を唱え文句を言うつもりは、ありません。
ただの 外国人には、希望的観測と言うのがあるくらいだ。(何の影響力も持たない)
昨日書いたブログには、教会という組織がこの国へいかに強力な影響力を持っているかの不思議を書いたが!
しかし近年 事あるごとに 政府も国民も議論を繰り返していて、この問題は新聞やテレビのニュースでよく取り上げられるようになった。
提案中の法案も、既存の法案も、活発に議論をすることで、人々の意見が出て徐々に固まっていくようにも思える。
論議の食い違いがあったとしても それは それで良い事ではないでしょうか?
皆がこの問題に興味を持ち参加することが出来るからです。
結婚という概念に、フィリピン人の多くが、結婚を宗教と切り離して考えることができないでいる。
なぜなら 教会で結婚しないと、正式に結婚したとはいえないと考えているからです。
でも、新しい傾向として若者や、結婚式にお金をかけたくない人達に、ジヤッジによる市役所(シティホール)での簡易な婚姻が増えていると言う?
フィリピン人が、最近は この国で起きている事に、国際的な比較検証をし始めている。
インターネットの普及で世界の標準が解り始めたからだ。
法律を勉強して より詳しくなろうと努力している人もいる。
裁判所による婚姻無効と現在のフィリピンの法律における別居スタイル。
難しい解釈に(精神的不能の概念という裁量がある)どうしてこんな解決方法しかないのかと 私は不思議で仕方ない。
婚姻無効の訴訟は、とてもお金と時間がかかり 手続き自体もややこやしく難しいと言う。
スラム街に住むような夫婦の一方が、酒に溺れた無職の夫から 暴力を受けている深刻なケースもあるし。
夫が扶養の義務を果たさず何人もの愛人を作ると言うパターンもある。
夫が家族を見捨て 子供の養育が出来ないケース どれも離婚のケースとしては最悪。
夫婦の問題も多義にわたるが 離婚のハードルは高い。
しかも裁判所では、英語しか使用されないため(公用語はすべて英語)弁護士を雇とわないと裁判も始まらない。
底辺の一番必要とされる人たちの力量をはるかに超える。
一日も早く 新しい簡素な離婚法案の可決 施行が求められているのではないかと思う。
今までの家族法の足らないところを埋め、宗教心とは違う切り口で 新しい仕組みをどう作るか?
フィリピンの国会に提出され 審議される今後の法案に期待したいと想っている。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:19 | 日記

2015年06月01日

フィリピンとカトリック教徒の概要カトリック教会への疑問

カトリック信者の信仰の基は?(ほとんどこの家にある拝む人形みたいだ?)
神の教えというより、フィリピンでは、神という絶対規範によって人々に教えられる道徳教育ではなかったか?
と言う気がしますが?機能不全を起こしているのではないでしょうか。
許しを請えば何でも許されると言う教えは、本来の教義とは違うのではないでしょうか?
そんな気がするのですが?(フィリピン人の理解力によるフィリピン人の信仰は良く解りません)教会は何を教えているのでしょう?
教議が独り歩きしている?
独自解釈というか?
フィリピン独特の進化を遂げているみたいだ?
これは私の解釈だが!元々どんな宗教にも共通することだが、苦しみから逃れ 安らぎを得ようとする民衆に、生き方を教え
人のあるべき姿を教えようとするものなのではないでしょうか?
フィリピンの場合は、征服者による意図で、時として権力者に利用されたり、反逆に利用されたりしてきました。
カトリック教徒が80%と言われるフィリピンですが、一概にカトリックの国というには、あまり足並みがそろってはいないように見受けられます。
教会の動脈硬化の影響だろうか?エルシャダイとか、イグレシアス、あまり違いが判らない沢山の教派があるみたいです。(教派の違いを問題にしている訳ではないのでカット)
フィリピン人と言っても千差万別であり、幼少時から教会に行き、神父の教えを受けて育った者もいれば、教会などに行ける状況ではない環境に育った人達もいる。
全てがカトリックで同じだと決めつけるのは間違いでしょう。
離婚や堕胎は、宗教上許されない事であるが、何の抵抗もなく繰り返す女性もいるし。
人をだまし罠にかけるフィリピーナもいる、反対に神の教えを敬謙に信じるフィリピーナもいるが、またそれが全てのフィリピーナに当てはまる事でもない
繰り返しになるが人は千差万別、フィリピン人=カトリックだからと言ってそれぞれの心には様々な宗教心を持っている。(教会と同一とは想えないが?)
案外 国がその宗教を利用し縛っているとも考えられる。
宗教は民主主義を知らないのか? 説かないでいるのかもしれない?
宗教は多数決では教義を変えない?(一神教は神と個人のつながりを重視する)
フィリピンは世界で一つ 離婚を認めない国であり、堕胎を認めない国でもある。
レイプで身ごもった人にも中絶すら許されていないのが現実である。
どうもどこかで違った方向に行ってしまったような気がする。
精神の源である教会は政治の仕業というが?政治の何が悪いかなど 誰でもこの国の人なら知っているし、私でもわかる。
今こそ教会が立ち上がり歴史を変える時ではないのだろうか?
2011年までは世界で離婚を認めない国は、マルタとフィリピンの2国だけでした。
マルタは国民の95%、フィリピンは80%が カソリック教徒であると言われています。
しかし、2011年6月、マルタで国民投票が行われ結果的には、マルタでは離婚が合法化されました。(もう少し現実と精神論を切り離して考えた方が良い)
政教分離とはよく聞く話ですが、信者数が80%これほどフィリピンの人民に支持されているなら!
どうして信仰の厚いフィリピン人7〜8割という貧困層がいつまでも減らないのか?
離婚ではなく別居が当然のように行われ、子供の生活環境が悪化する中 結婚を継続する意味があるのか?
現在でもストリートチルドレンはなぜ増え続けるのか?
なぜ子供に満足な教育を施せないのか。
教会はこんな国民をどう改善しどこへ導こうとしているのか?
不遜とは思いましたがフィリピンのカトリック教会に対する疑念です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記