和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年08月31日

貴方は、死ぬ時には誰に知らせたいだろう!

いろいろ考えたが女房以外には思いも付かない。
知人友人はたくさんいるが、亡くした親友たち以外には浮かばない。
未だ元気なのは、女房と子供達でも私の事を少なくとも知っているのは女房だけかもしれない。
私も自分の父の事を考えると何も知らないし、まして他人なら何も知らないのだと思う。
一人の人間の奥底はものすごく深いし 心の奥底なんて覗くことはできない。
何故私はフィリピンに来たのか?
あまり理由など無かった、旅が好きその延長で知り合いもいたし、自由なゆるい雰囲気が好きだった。
非日常の世界があり、そこに埋没するのが目的だった。
怠惰な世界で良い そこに旅の目的がある。
クラーク基地の近くに住んで 戦時中特攻で死んでいった若者たちの爪あとを見た、感動しぜひ知ってもらいたいと案内も始めた。
それを違法行為だと後ろ指をさされた、利潤追求の個人営業では無い。
生かされ この地で生きるものは 何をすべきか?
私は70年前この地で起きた出来事で、こんな生き方もあつた日本の青年たちの事を伝えたいと思った。
意味はそれだけ、どうせこの地で生きるなら自分なりに切実に生きたいし一生懸命に生きたい。
山に登る気分で 山に立入り、山に分け入ればまたそこに道がある。
古来 山中深く分け入る事は修行の道であったと言う。
伝教大師も弘法大師もただひたすら山に向かい歩いて行った。
空也上人も一遍上人も一人遊行を続け ただひたすらにあるきつづけている。
何故 さとりを開くのに歩き続けるのか?目的が、行(ぎょう)だからか?
果たして歩き続ける事で自分を見つめていくことなどできるのであろうか?
自分を何かに駆り立てる情熱は 捨身への憧れが有るのかもしれない?
誰でも(悪魔や)(鬼一匹)心に住んでいる。
ケルンの標識に石を積み上げている自分と それを突き崩す自分がいる。
賽の河原で子供が石を積むと、しばらくして鬼がやって来てそれを突き壊す 何にもならない。
名僧になれなかった多くの出家者は、旅路の果てに多く人が のたれ死んで しまったのだろう?
また何が書きたいのかわからない文章になってしまったこんな事も時々ある。
我が道もそれに似ているかもしれない!なんて結ぶのがいいかもしれない?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月30日

比国でビジネスチャンスを求める日本人達

色々とある、危ない落とし穴に要注意ですぞ!
ちなみに私のビザの種類は、投資ビザで、移民ビザに分類されるパーマネントビザです。(もう取得してから20年位たちます)
13Aと言う婚姻ビザの場合は(AEP)がなくても雇われての就労ビジネスができるのですがそれ以外の人は注意が必要です。
ビジネスの形態はさまざまだが、フィリピンでは外国人の活動が制限されており不法就労などのトラブルに巻き込まれないため気を付けなければならない事を書き添えておきます。
小売業については、厳しい法律の条項があります。
物販店やレストランの場合は100%がフィリピン資本でなければならず、外国人はすべて(日本人)は、個人会社の代表者として(経営者)の登録はできないし また外人は会社のオーナーになれません。
そこで、フィリピン人の名前を借りて営業することになるのですが、当然代表者はフィリピン人となり、このことが多くのトラブルを生む原因になっています。
彼女や奥さん友人と等、組む相手を間違えると一瞬で投資は無に帰します。
会社組織の場合は役員として自分も経営陣の一角と占めることはできるが、外国人による株式取得は40%に限られており、私も以前失敗したが この事も多くのトラブルを生む発生原因になっている。
そんな法的制限により、日本人が裏でビジネスを切り盛りするという違法まがいの状況が発生してしまう現状があります。
フィリピン人に任せる個人営業は、すべてこれで失敗するようです。
しっかり法律を勉強し、信頼のできるアドバイザーを持つことが必要となります。
会社あるいは個人として政府に登録せずにビジネス行為を行なうことは禁止されているが!
フィリピン人の間では かなり一般的に行なわれている事柄ですが、それを外国人がやると目につきやすく危険です、たいていの場合 内から密告者が出てよく逮捕される現実があります、個人的な営業活動で利潤を得ることはむつかしい国です。
フィリピンで仕事をする場合これはフィリピンの会社に雇用される場合ですが、6カ月以内であれば入管からSpecial Working Permit(SWP=特別労働許可証)を取得して就労できます。
(3カ月有効、1回に限り延長可能それを超える場合は、労働雇用省DOLEからAEP(Alien Employment Permit=外国人就労許可証を取得する必要がある)
単純労働者の制限、日本でも同じような法律があり、単純労働者の入国は認められていないのが現状です、フィリピン人の仕事を奪うような単純労働者の受け入れは 仕事の少ない人民の為に防ごうという狙いがあり 先回中国人が200名近く大量に逮捕されたのは記憶に新しい。
リタイヤメントに有利なビザは退職ビザで(SRRV)を持っている場合は、AEPさえ取得すれば就労することも可能です、ビザの取得が35歳以上という制限もありますが、退職ビザは50歳未満の現役の方でも、フィリピンでビジネスをするためにビザを取るケースも多く見られます。
会社の経営に参画する場合も原則同じことですが、ビジネスチャンスを求めてフィリピンに滞在する日本人が増えてきたのでこんな事に気を付けてください。
不動産取引、英会話学校、コールセンター、日本語学校等もいろいろ面倒な事に巻き込まれています。(始められる前の市場調査を厳格にしてほしいと思います)
特に、人材派遣など、日本の会社 あるいは個人との取引を仲介、サービスを提供する業種にイリーガルリクルーターとレツテルを張られて捕まる人が後を絶ちません。
ビジネスにあたって会社を設立したり、コンサルタントの名目で個人的に活動したりする 詐欺まがいの会社も増えて来たのでくれぐれもご用心を。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月29日

最近中国の株安が問題(中国ショックはリーマンショック級?)

株関係者に言わせるとこれはリーマンショックと同じ位の規模だと言われるが。
しかし今回は金融ショックでは無い、中国の実体経済を推し量る意味で株価を見る事が大切だと思うが!
原因となった中国経済の減速だが一般的に出て来る 中国の統計は信用できない
今回の世界同時株安では、世界への波及要因のほうがはるかに重要だと思う。
そう簡単にはごまかせない統計で輸出入統計と言うのがある。
相手国があるので、嘘がつけないのだろう!
その数字を見ると、今年1月から7月までの中国の輸入は前年比14%も減少している。
これを見ると、輸入が前年比10%以上も減少しているときに、GDPがプラス成長ということはまずあり得ないのがわかるだろう。(中国統計局発表の嘘)
この事により中国のGDP成長率を推計すれば?
他の最新ニュースによると、マイナス3%程度であろうと言う論文が載っていた。
中国の輸入減となって第三国の輸出減となるなど、世界各国への波及効果が徐々に現れてくるだろう!
実体経済にじわじわと悪影響が及んでくるだろうが、波及に臨んでは国別に適切な政策対応の準備が必要であると思う。
リーマンショックでは、金融資産市場の崩壊によって、まず金融機関が大きな打撃を受け、金融機関経営の悪化が実体経済へも波及したので金融危機の側面が強かった。
その意味では、今回は金融危機を伴うものではなく、実体経済の問題であろうと推測される。
金融危機のように問題が一気に顕在化するというより、じわじわと悪影響が波及するだろう。
それに対応するために日本は、しっかりと政策対応の準備をしておいてほしいものだ。
これまでの円安によって、外為特会では含み損を解消して20兆円程度の含み益まで出ているので、それを活用すれば即効性のある経済対策を打つことも可能だろうと思われます。
今回の中国の株安はいろんなところに波及して、リーマンショック級の実体経済の悪化になる恐れがあるので、外為特会の含み益を活用して、補正予算を今国会中に組むことがベストなのではないだろうか。(今回の安倍・オバマ会談でもうこの話は出ていると思う)
今度の場合、即効性があり有効需要を作りやすい、減税・給付金などの政策が望ましい。
国会会期はあと1ヵ月あるので実現可能な話だと思う。
補正予算は、政府に歳出権限を与えるだけなので、もし実際に使わなくても問題はないと思うし備えあれば憂いなしだ。
また、2017年4月からの消費再増税は、もし今回の中国ショックがリーマンショック級であれば、実行できるはずもないとおもう。
もし実行したなら、2017年度は再びマイナス成長になる可能性があるのでは無いかと想う?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月28日

人間一番大切な事

人として一番大切な事は幸せになると言うことだろうと思う。
前にも書いたが、それは自由を得ると言う事です。
人は誰でも幸福になる権利がある そのために他人の自由も認めなければならない
自由であると言う事は 人はそれぞれ違うと言う事を感じる事が大事であり!
また 他人と違うからこそまた面白いと思える事です。
ここフィリピンでの生活と暮らし これは私が55歳の時に選んだ道です。
他国へやって来て、一番大変だった事 相手が解らないと言う事だった。
解って愕然としたこと、何が本当かは解らないと言う事(立場が変われば真逆もあり得る)
日本人に生まれて良かったと言う事と、フィリピン人は大変だと言う事。
キリスト教の世界で一番腐敗している人民を見た事、人間は矛盾している事。
人間の本性 助平は永遠に続く、金を持ったものが持たないものを搾取する。
神の救いより人間の救いが大切、神の裁きはいずれやって来る。
人はどんな状況でも生きて行かねばならぬと言う事、生きる事が目的だった。
私もクリスチャンの端くれです(たぶんこの世で一番落ちこぼれのダメクリスチャン)でも私は死後の世界 神と天国と地獄を信じるものです。
だから死ぬのは怖くない やっと来たかと迎えてくれる人が居ると信じているから。
でもそこは 天国なのか?地獄なのか?どうせ行くなら地獄が良いかなとも想っています!
天国良いとこ一度はおいで と言われても 極楽浄土と言う処(表現は仏教的)食べ物がいっぱいあって綺麗な花が咲いていて金殿玉楼が並び綺麗な天使が沢山居ても!
きっとつまらないと思うかもしれません。
地獄の方が刺激が強く面白そう!今日はどうやって責められるか、どんな鬼や悪魔が来て苦しめられるかと毎日緊張して逃げまどっていた方が(苦しみがい)やりがいがある!
いやそっちの方へ行く確率の方が高いので負け惜しみかな?
こんな笑い話をしたときに、真剣に天国はありますかと聞かれたことがある。
私の答えは、まだ一度も死んだ事が無いのでわかりませんと答えました!(笑)
生きる事は愛する事で・・・!生きる事で人と巡り合い・・・・!そして別れの時を重ねる。
生きる事は孤独だと思うが!自分は孤独で寂しいと思ったことはない。
あるがままに生きるそういう事だ!
私が最初に運命的に読んだ本それは論語、そしてバブルがはじけどん底で読んだ本が老子。
とりとめのない話になったが人生の転機で出逢った本の話でも書いてみたい。
人の生き方を決める、そんな出会いが一番大切なのかもしれない。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月27日

いろんなブログが立ち上がり又消えていく

ブログを書く人と言うのは 心にわだかまりを持っていないと続かない。
惜しさと悔しさをバネに書いているそんなものなのだ!
自分は何をする為にこの世に生まれて来たかなんて事を 自分を書きながら探し回っている。
また興味を引き 奇をてらって読者を引っ掛ける為に書いている人もいる。
起きた現象を書き淡々と次から次へとニュース番組的なブログもあり!
個人の顔が見えない人も多い。
何が書きたいかわからない人も沢山見受けられる。
何を書いてもいいのがブログ、自分の想いを正直に書いているブログが素晴らしいと思う。
私のブログは独り言の 独善ブログ、勝手な思いしか書かないが もうじき書くのを止める。(と書いてからたくさんのメールをいただく)
だが自分の日記を書くのを止める訳ではない、日々の想いはちゃんとどこかに書き残していく。
約9年前の9月の4日ソフトオープンをした このお店は、今季9月5日から9年目に入る。
9月15日にグランドオープンを果たし来年は10年目で一区切りとなる。
フィリピンで9年も営業すれば継続経歴としては長い方に入ると思う。
いろんな所で悪口を書かれてきたが、長きに渡り続けてこれた事は、それだけ支持して下さるお客さんも多かったと言う事に尽きるだろう。
出来た時からのお客さんも継続して来てくださっているありがたい事だと思う。
この独り言ブログも9月の4日で更新しない事を決めている。(絶対更新しないと言う訳ではないが、もうほとんどの事は書いたので、お知らせがある時は書くつもりでいる)
このブログも長きに渡り続けて来た、それゆえに尋ねてもらった人も多い。
話に花が咲き夜を徹して話し込んだ人もいるし、同感をいただきまた心を一つに出来る人達に巡り合えたと事も、ブログを書いてきた事の良い面だと想っている。
逢って話して 決して偽りを書いていない事を解っていただけた それだけでもうれしい。
未だにメールのやり取りでつながっている人もいるし、出会いこそ人生のスパイスだと想っている。(ゆるい関係がベストだと想っている)
ブログを書いてよかったこと悪かった事いろいろあるがウッドベル店のマスターとして9月4日まで思いのたけをこのブログで書き続けていく。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月26日

8月も後半に入ってきました

フィールズはお客さんも少なく開店したバーより閉まっていくバーの方が多くなってきました。
少しづつ客離れが始まったと 1人のベテランさんは言います。
今まで年6回来ていた人は3回に、4回の人は2回に 来る回数が減ったと言われています。
アンへも高くなりすぎたし、円安が旅行者の財布のひもを固く締めているとも言われます。
LCCが多くなり飛行機代は安く来れるようになったが!
円高、物価高に挟み撃ちされて何もかもが上がり始め、財布の中身の減り方が倍になったとも言われています。
古いホテルは値段を下げて営業しているが客足は戻らない。
新しい設備投資を嫌い 水回りや部屋のクオリティを落としたまま値段だけを下げると言うやり方では!
お客は根付く事が無いと言うことが解らないだろうか?(でも、そんなオーナーが多いと聞いている)
水商売も営業はいい時期は長く続かない上がり下がりが激しい。
フィールズでこれから開店するような店は苦戦を強いられるだろう。
お店と言うのは、上り坂より下り坂の方が人を鍛える。(日本人の心の持ち方の場合)
登りの時は上を向いて一身に集中するだけで良いが、下り坂では 人は雪だるまのようにいろんなものを抱える。
止まった時には自分一人では起き上がれないほど膨らんでいる。
ある意味では下り坂は勉強の場と言えるだろう。
1人で動かないものでも 人が集まれば動く、皆なが 集まり力を貸せば また動き出せる。
それを知って人は大きくなるのだ!
だが日本人は一匹狼的な人が多すぎる。
一人で立っても なぎ倒されるのが落ちだと決まっている様なものだが、それすらも解らない。
もう何を言っても聞く耳を持たないのだろう!(もうそんな人へのアドバイスは止めた)
最も大切な事を忘れた商売人は ここでは痛い目を見る。
もともと目に見える部分や場所や持ち金などは大したものではない!(小金持ちなどどこにでもいる)
最も大切なものは目に見えない処の部分にある、フィリピンという所はそういう処だ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 06:06 | 日記

2015年08月25日

若者が絶望する国 韓国

韓国のソウル新聞が20−30代の若者の間で韓国や自国民族を嫌悪し卑下する造語が急速に広まっていると報じている。
韓国のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では、現在若者たちが自国についてヘル朝鮮(意味は地獄の韓国)
マンハン民国(意味は滅びた国)などと以前では考えられなかった造語で呼んでいるとの事である。
韓国を嫌悪する言葉を作り出した 韓国の若者たちに移民ブームが起きていると言う?
日本の国の若者達の様に国外に全然、出て行かない様な国とは違い若者は海外を目指す。
米国の調査会社ニールセンが今年4−6月期の世界の消費者景況感指数を発表したが、調査対象60カ国の最下位に韓国は転落してしまった。
なんせ普通では、考えられない 財政危機のギリシャより下だから半端ない。
韓国の若年層失業率は10.2%そして、仕事にもつかず 通学や求職活動もしていない、いわゆるニートが若年層に占める割合は18.5%である。
それが理由と言う訳ではないが、現在の韓国の国民経済はまさに停滞状況にある。
今を生きる韓国の若者たちにとって たった一つの希望は移民だという?
元々韓国は 移民送り出しの国ではあったが、現在は20代の若者に移民ブームが訪れている。
その表れが、移民を実現し外国で生計を立てる言語(英語)の習得だ。
フィリピンには、韓国系の英語学校が沢山ある、外国で生活する為の語学学校だ。
居心地よすぎて 海外に出たがらない日本の若者たちは少々情けないと考えがちだが。
若者が祖国を捨てざる負えない国と言うのも問題であろう!
そんな国の将来像は、多分絶望的なのではないだろうかと思われる!
最近我が国では、日本の若者の海外留学減少(内向き傾向が強い)が問題視されているが!
若者が、国内活躍と言う夢を捨て 祖国を出ていく国より!
若者が、祖国に残る国の方が 幾倍かはましかも知れないと思うようになった。
それと、フィリピンにやって来る韓国人は、夢と希望を『賭けて重ねて』この国にやって来る為 侮れない存在となっている。
祖国を捨てて やって来る彼らは 摩擦も起こすが 剛腕で手ごわいと言わざる負えない。
失敗は死!と なんせ命がけでやって来ているから 生半可では無い。
フィリピンでは、韓国人の自殺が年々増えている。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月24日

いろいろあるけれど前を向いて歩きましょう

熱も下がり通常状態になりました、しかしこのところ体に異常があると!
つい気持ちは弱気になります。
ちょっと大袈裟かもしれませんが 今日で終わりになるのではないか?このまま死んでしまうのではないか?
60代半ば、対処の間違いや ちょっとした手違いで もう何時御迎えが来てもおかしくない年代の時期に入った。
平均余命は84と言う事だが、医療事情や衛生状態の悪いフィリピンで暮らしていると自分がそれに入るとは限らない。
今ここで死んだら後はどうなる?(たぶん海外居住者の心配事でもあろう)
自分はどうでもよい、ある程度の覚悟はできている。(死んだら終り後は野となれ山となれ)
日本の家族はいつ自分の死を知るのだろうか!とか?(残る側への心配がある)
遺体はどうするか、突発的な時の対処はまだ出来ていないし。
そんな時は如何するかの対策やマニュアルは まだ指示出来ていない。
会社や現地スタッフにどのようにして連絡を取るとか?
今死んだらどうなるとか?熱の下がらない頭で くだらない事ばかり考える。
私の葬儀代や病院代や使用済みの家賃光熱費など お金をどうやってフィリピンの銀行から引き出す!
まだまだ準備不足であることを痛感する。(金庫の開け方も誰も知らない!教えて措けることでもない!)
少しショックだったが従業員の不始末で1万ペソ(3万円)位無くなった事はどうにでもなることだが、私にとっては金の問題ではなかった。
ただ あまりにも身勝手な嘘に驚きも覚えたし、自分も反省したし、下層の淵の一端が垣間見えた。
だが残念な事にフィリピンの最下層の貧困の連鎖からは、なかなか抜け出せない現実的生活模様も見えた。
弱い者がさらに弱い者を騙し 金を巻きあげる、金のないものは身を落とし盗みや身を売って金を回す。
家族から強要される場合もあるが 自ら改善を求めて進んで売春や人身売買の道に入る者もいれば スリかっぱらい強盗の集団に入る者もいる。
男やトムボーイに騙され貢ぐ人(女)や、その女に騙され金を運ぶ外国人、孤独、愛欲、物欲の連鎖が廻りまわって自分たちの身に降りかかって来る。
あまりネガティブに考えている訳ではないが、普段のあっけらかんとした笑顔の中にどうしょうもない苦悩が満ちている現実も現存しているのである。
途上国にはありがちな物語ではある。
私自身日本に生まれて本当によかったと想っている、教育も受け六十有余年生かされて、
お金も少々だが残り 健康にも恵まれている。
家族にも恵まれ自由な行動を容認してくれる子供たちもいる。
これからは、私達が若い世代のサポートに回らなければならない、足らない所を補い羽ばたくお手伝いをさせてもらうのだ。
それが日本人でもフィリピン人でもこれからを担う若者たちの為によき協力者になっていかなければと思う。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月23日

ロサはやって来た!

20日の夜タイミング悪く私が熱を出しベットで寝込み ようやく起き上がることが出来るようになった日の夜9時ごろ店にやって来た。
店からの電話で、まだ今一体調が悪く体が重いが無理をして出かけた。
体調が悪いのであまり長時間の話はできないが、頭っから怒鳴り声を上げない様に 気持ちを抑えて店に向かった。
まず最初にロサが何を言うか聞いてから話をしょうと想っていたが 最初から嘘にうそを重ねた話に途中で切れそうになったが グーと我慢し最後まで話を聞いた。
彼女の話)まだ両親はマニラから帰ってこない!
妹は歩けないので私が付っきりで世話をしないといけない。
薬代が無いのでアドバンスで少しでも余分が欲しいと借金を申し出た。
聞き終わって(怒り心頭)話し(怒鳴り声を)出そうとした時にお客さんが店に入って来た。
大声も出せなくなり 静かだが固い口調でロサお前はうそつきだな!から話し出した。
イカウシノガリンカ!先日お前の家に行ってきた!(驚いた様子が表情に出た)
タタイ(お父さん)もナナイ(お母さん)もいた それとシスター(妹)もいたぞ!
皆私の話を聞いて泣いていたぞ、イカウとの契約書のコピーも渡してある。(家には帰っていない様子)もし信じられないのなら家に帰って親に話を聞け。
ずいぶん家にも帰っていないそうだな!トムボーイの所に居るのか?
お前が盗んだ金はトムボーイのバイクとその母親の誕生日のパーティに使ったのだろう?
金を盗んだ翌日に渡した金で両親が妹を病院に連れて行くため一緒にマニラに行くので仕事を2日間休ませてほしいと嘘を言いトムボーイの母親のパーティに行っていたのか!
お前のナナイから話は全て聞いた、今からでも警察に行きモンキーハウスに入れることも出来るぞ!
今度は肩を震わせ泣き出した、ソーリ―(ごめんなさい)お金が欲して盗んだが、警察に指紋検査に行くことが怖くて嘘を吐いた。
このやり取りをスタッフ全員耳をダンボにしながら聞いている!
お前いつまでそのトムボーイと一緒にいるつもりだ!インラブ(愛している)なのか?
いつもお金を探し回り、仕事にも入らず最近は偽物の携帯を人を騙して売っていると聞いている。
もう店には来なくても良い、今のお前が店に居れば、釣銭をごまかし お客のものまで盗みかねない。
今日でお前はクビ、両親に金を返す力はないし 今のお前では今度は体を売るしか金を稼ぐことはできない。
お前のことお好きになった日本人もいたが 歳が合わないので断った事もあったが、まだその人にお願いした方が良かったかもしれない!
まじめな両親の為に盗んだ金の事は警察には言わない、金は出来た時にいつでもいいから返してくれ!
仕事も無い金のない女にいつまでもトムボーイは付いてはいないぞ、金を作る為にフィールズのバーにお前を売るのは間違いないと妹と母親は言っていたぞ!
心は痛いかもしれないがトムボーイと早く別かれて もう一度自分を取り戻せ。
身も心もボロボロになって金を作って渡しても 金が出なくなれば次の女を探してくるのが彼らのやり方、もうこれ以上お前の嘘には付き合っていられない!
家に帰り両親とよく話せ、みんな心配しているぞ!このバカたれが!
お前の盗んだ金はスタッフみんなの給料の一部だ、仕事場の皆に迷惑をかけているのが解らんか!
どうもシャブの味まで覚えたな!独特の体臭がする もうSEXの奴隷だな。
若い無知な女が手練手管の愛欲性欲のもうどうしようもないほどの泥沼に落ち込んでいる。
私にもどうすることも出来ない。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月22日

裏切られた信頼(バレた嘘)

俺って本当に甘ちゃんなんだな!
人を信じやすいと言うか!追いつめられた人間は、嘘をつかないなんて心のどこかで想っている。
ましてスタッフやかつて信頼を寄せていた人間が嘘八百を並べて私をだますなんて!
想ってもいない事だった、逆に心配し過ぎたことの結果だった。
先日私のカバンから金を抜き、手を出せるところに不用心に置いた自分が悪いと!
大いに反省させられたばかりの事件を起こしたロサだが 最近仕事に出て来ない。
今両親がマニラに行き妹の面倒を見ないといけないと言う理由だが
(ガンでやせ細り歩く事も食べる事も出来ない妹の為と言われ、薬を買う為に盗み両親に渡したと言われた)
その彼女から先週のサラリーがほしいというテキストが入り大変だからと スタッフに持って行かせたが家が解らず帰って来た。
(逆にマスターあそこは危険で恐い所だと言われた)
サンタマリア1ストリートの近くと言う事だけは解っていたが 後は解らず!
取りに来ることも出来ないのだろうと心配し、今度は 私が通訳を伴いスクオーターエリヤだが 写真と名前を頼りにボディガード代わりにトライクドライバーと3人で探し訪ね歩いたが、やはり慣れないスクオーターエリヤは怖い!
しかし顔写真を見せて廻ると知っていると言う人が現れた。
教えてもらいその家へ行くとマニラに行っているはずの両親が現れた?
驚いたが、とっさに言葉が出ず ロサはいますか?とだけ聞いた。
最近家に帰ってこない!帰ってこない?と言う返事に?あのー病気の妹さんは?
その子です、確かに痩せてはいるがちゃんと歩いている。
日本で言うと3畳一間の家に家族大勢で住んでいると言う感じ。
変な日本人のお客の為に 近所の大勢の人いぶかしげに見ているので中に入った。
私は 彼女の仕事先のウッドベルレストランのオーナーで鈴木と言います。
最近ロサが仕事に出て来ないので どうしているか心配して見に来たのですが?
母親が言う そうかやっぱり!仕事に出ていないのではと思っていました。
彼女の制服は(店の女性用甚平)私がいつも洗濯していたのに、最近はその着替えも渡されないので仕事に行っていないのでは?と思っていたのです。
粗末な板張りの本当に狭い家だが両親は夜中に2人で廃品を集め、また父親は昼間はトライクドライバー(待ち時間が長い)をやり、家族を養うために懸命に働く人達だった。
なんだ!このまえロサが私にはなした話は、全部うそか!なら金の使い道はと?
通訳にロサが私のカバンから金を盗み、家族の為にやったと話した事の顛末を話して聞かせた、またその証拠に月々働いて返すと書かせた彼女の誓約書のコピーを見せた。
みるみるうちに親の目からは涙がこぼれ、そんな悪い子では無かった!
最近できた彼氏の(トムボーイ)男ではないレズビアンの男役に惚れこんで彼氏の為なら何でもやるような子になってしまったと言う。
一度はセパレートさせたが、またよりを戻していたのだな!あんなグータラ男(女)に騙されて!と彼女の妹は嘆く!バカなアテ(姉)だ!
両親はどんなに貧しくても子供のために頑張っていて 彼女の給料は家族の為に1ペソも貰ってはいない、自分のわずかな収入から薬を買い子供たちの衣服を買う真面目な両親だった。
ロサは取ったお金を全部両親に渡したと言ったが、お金は親には渡されていない事実が解った。
ロサだけはハイスクールを卒業させることが出来たが、他の子供は学校さえまともに行か
せることが出来なかった、とお父さんもともと真面目な子でなぜそんな事をやったのかわからないと言う。
あのトムボーイが、仕事を持つロサに食らいつき お金が必要でいつもロサにお金をせびる。
最近バイクが警察に取り上げられて お金がどうしても必要で、またマニラの母親の誕生日に遊びに行くのに
お金が必要だとロサにお金を要求しているみたいだったと言う。
このままいけば次は、たぶんフィールズで自分を売ることになるだろうと母親は泣く。
事実を知った私は芯から怒りが込み上げて来て、今回は警察には届けないしファイルもしないが、
ロサに早く目覚めさせないと次に訪ねて来るのは警察になるだろう?
泣くだけでは解決にならない、私が家に来たことはロサには内緒にしてください。
もう一度会って私からロサに話をします、事に依ると、ひっぱたくかもしれませんが!!
翌日からサラリーを餌に彼女を呼び出す罠を仕掛けた。

以下訂正文

先日のブログで高熱の部分を 49度と書いてしまいました。
39度の間違いです、49度なら死んでいますよね!
笑って許してほしいと思います。
出来るだけ書き損じのないブログに今後したいと思います。
大変失礼いたしましたお詫びして訂正いたします。  鈴木


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月21日

クイーンズホテルで飛び降り自殺

当店のお客さんから頼まれてホテルを予約した、たまたまホテルがクイーンズホテルだったのでゴルフの帰りその事件と遭遇してしまった。
17日の朝、7時30分、クイーンズホテルにゴルフ場までの客さん2人を迎えに行った。
8時14分スタートなので両替に行ってから行きたいと言うご要望なので少し早めに行った。
でも、その時には何事もなく朝のゆったりとした時間は変わらない。
ゴルフ場には結構お客さんが来ていたが、8時14分きっかりにスタートできた。
約4時間のスルーコースで、12時に迎えに来ている事を伝えいったん店に帰った。
そして12時少し前にゴルフ場に到着し10分と経たないうちに2人のゴルファーは車に乗り込みホテルに帰った。
すると到着したホテルには警官やパトカーが何台も止まり入っている。
何事が起きたかわからぬうちに黄色いテープがいたる所に張られているのを見た。
何事が起きたか?従業員に聞いてみると!
5階からアメリカ人が飛び降り自殺したと言うのだ。
どうしてか?や何が原因か?も解らないまま規定どうりの捜査を終えて、警官はホテルの要望で引き返して行った。
まさかでも!・・5階からプールに飛び込もうとしたのかも?まずそんな事は無いわな?
話している間にも プール横のタイル張りの所の血痕を従業員達が掃除して綺麗に洗い流している。
どういう訳かこのホテルは今までいろんな事件に巻き込まれ、災難続きである。
ホテルの営業妨害になるといけないので詳しくは書かないが、まだオープンして2年もたたないのに気の毒な事だ。
18日この3人のお客さんをマニラのエアーポートまで送った。
帰りの途中車の中で、その内の1人のお客さん 俺あんまり夢は見ないのだけれど!
あのホテルでは夢見がものすごく悪かった。
なんで俺が人を殺さなければいけないと言うようなおかしな夢を見た?
あいにく同じ5階の部屋に泊まり 飛び降りた人の一つ空いた隣の部屋に泊まった人。
何だかあそこのホテルはゲンが悪い、次回の時ホテルの予約はあそこは外してもらえないか!との要望であった。
当店にも近く 新しく設備も良いのだが、残念な事に自殺や殺人の事件に次々と巻き込まれ、泊り客には敬遠されているみたいなので残念だ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月20日

2日間高熱でダウン

原因不明の高熱で2日間寝込んでしまいました。
以前のデンゲの症状にも似ていて また蚊の媒介する伝染病にかかったかとも心配したが!
そんな症状は出てこなかったので、最近仕事が忙しく無理がたたってちょっとオーバーワーク気味!
多分そのせいで喉も痛いので扁桃腺炎でも再発したのだろう?
49度近い高熱が続きベッドから起き上がれず1日半汗まみれで病気と格闘していた。
つい最近日本のテレビで、人体の細菌は49度くらいですべて死滅し、高熱が出るのは免疫が細菌と戦うための人体のデフェンスであり、悪い事ではなく かえって薬で熱を下げたり、冷やしたりすることは良い事ではないと!
自分がらくになりたい為に 今までは薬に頼り過ぎていたが、特に悪い症状でなければ自然治癒に任せるようにしょうと思った矢先の事で1日半汗まみれで寝ていたせいか2日目の朝には熱も収まり少し動けるようになった、此処からは薬の出番で喉の薬や鎮痛剤、体力回復の栄養剤やらを服用し食欲も出て来た。
また今日から少しづつ頑張り始めましょう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 17:53 | 日記

2015年08月18日

フィリピンに住む日本人から見た日本を表現したい?

*基本的にはフィリピンの日本人から見た日本でしょうか?
海外から見た日本と言うか?
そんな感じですので いろんな海外在住の日本人の方からご意見をお聞きしょうと思うのです。
いや!移住思考の方が多いと聞いたもので 最近NHKでも報道された南の島を買って移住するみたいな?番組が放送されていたそうです!
ゆったりと悠久の時を過ごすことに魅力を感じます。(言っておきますがこの国は外人が土地を買う事はできません、なんかの間違いでは!)
移住に適した国かどうかも調査し、ここに住まわれている方の意見も参考にしようと考えています。
私)あまり良い意見とは言いませんが 私自身は、住めば住むほど嫌いになる国です。
国のシステムや、発展に追いつかないインフラ、下層でうごめく人の想いに、あまり良い印象は持っていません。(国民の6割が貧困層に属する、麻薬に人身売買が当たり前の国)
しかし人間が悪いのではなく、国民から搾取ばかりしか、考えない上層部の人達。
政治家や、大地主、経済を牛耳る大金持ちの人達、約 国民の1割の人達で、ファミリービジネスを大々的に展開し、フィリピン人の上に君臨する支配階層の方々に もう少し一般人の事を考えてほしいと願っています。
この人達には、下層には興味を持たない人達が多く、下層階級は 牛や豚 鶏と同じと考えて自分たちとは区別しています。
そんな政治がまかり通っている国で、優秀な一般人は海外に身売りし、国内は馬鹿ばかりで固め!
生活の向上などは全く考えない人達ばかりで、国民を食い物にし 国民から搾取をし、国民の奴隷化を進める人たちなのです。
これではこの国は何年たってもよくはなりません、人口が増え少し頭の良い人は海外を目指しこの国に残っているのは海外就職レベルに達しない 落ちこぼればかりになっています。
国を愛し国を変える事の出来る知識レベルは層は皆海外に新天地を求め、女は年頃になれば売春婦 男はその日暮らし これではこの国の未来はありません。
今中流層が少しづつできているのが救いの様ですが、カレッジを出てまともに就職できる人は全学生の1割ぐらいなものです。
以前も書いたがこの国を変える事の出来る新しいリーダーが生まれてこない限り。
急激な変化はこの国では、絶対に起きません。
どうせ作るならこの国に変革をもたらすぐらいのドキュメンタリーをフィリピン国民の為に是非作ってほしいと思います。
飼いならされ羊になった人達に 勇気と奮起を起こさせるくらいの起爆剤を是非日本人の手で、ドキュメンタリーとして作れれば あなたの名前は後世にも残りますよ!
是非フィリピンの歴史、経済、人の歩みを勉強されることを希望いたします。
世界情報の中のフィリピン、NHKのいい加減なリタイア番組に騙されないで!
本当のフィリピンを取材されることを望みます。
今この国は、女のまたぐらから再び起き上がろうとしています!
この国の女性達に支援とエールを送り、国際社会が早く貧困をなくすお手伝いをしてほしいと思います。
貧困によらず女たちが売春や家族の犠牲にならず 生き生きと暮らせる国になるように側面から、メディアにサポートをしてほしと想います。
本当の女たちの楽園を実現してほしいと願っております。
今の現実を後押しするようなドキメンタリーだけは、やめてほしいと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月17日

テレビドキュメンタリーを作りたいと言う人のインタビューに答えて

8月の第一週頃 話の日にち的には 前後になりますが ふと思い出したのでブログを書き始めた。
昼を過ぎた2時ごろだった!昼食を食べ終わった2人のお客さんから声が掛かった。
歳の頃なら40歳前後の方と私と同年代位の方との2人組の男性の方達が私の側に寄ってこられて声が掛かった。
ブログを書いている方ですか?と言われ はいそうですが!と答えたところ。
お話があるのですが?前に座っても良いですかと聞かれ!
はい、どうぞお座りくださいと答えた、ところで何か御用でしょうか?と質問すると!
少しインタビューに答えてもらえないかとの事で、私は0000ですもう一方は案内人の方でフィリピン在住何十年のベテランさんだそうです。
私はテレビドキュメンタリーを作りたいと想っている者です、差支えなければ話せる範囲で結構ですので、お話を伺えませんか?と言う事だったので!私で答えられる事ならと 返事をした。
*もう此処は長いのですか? どの位フィリピンにはお住まいですか? お店は開店から何年に成りますか? フィリピンの良い処は何ですか? どうしてフィリピンに来られたのですか?
私)はい お店はこの9月で9年目に成ります ですから私はフィリピンに住んで約9年と言う事になりますね フィリピンには以前から仕事があり、行ったり来たりが約10年ほど続き その延長という処でしょうか! フィリピンの良い処は 一番は気候ですかね!
*年金で将来フィリピンに移住をしたいと言う希望者が多くおられると思いますが、どう思われますか? 又ここの暮らしはどうですか? ご自分はなぜフィリピンを選ばれたのですか?
私)此処フィリピンは物価が安い国ではありません、食材費は日本の方が安く、安全面も社会的セイフティネットも日本が優れています。
ここに移住するメリットは気候ぐらいしかありません 日本と比較して安いのは家賃(電気水道は割高)後安いと言えば 酒と 女と タバコぐらいです。
しかし なめてかかったり、嵌ったりして 女性を私物化しようと想えば 大変高いものになります、最近(雨季で)気候も良く暑すぎる日本から避暑に来られる方もいます。
私自身は、日本ではできない趣味などを楽しんでいます『射撃とかセスナの操縦等です』でもこれらも 最近制限がかなり厳しくなりました。(安全な海のスポーツスキューバーダイブがお勧めという処でしょうか?)
最初の質問ですが いろんなブログに書かれている様に 移住を簡単に考えると大変な目にあいます 海外は日本と違い日本人には、いろんな意味でハードルが高い、移住と言うのは今後をどう生きるかの選択ですので 慎重にされるのが良いと思います。
将来の考え方に円安が続くと言う事から年金頼りの安易な移住は、あまりお勧めは、出来ません。
一部には心無い、女遊びが楽しく、生活費の安い国と言う誤報を書き 楽園移住の勧めを書く人もいますが、フィリピンは楽園でもなく困窮生活者、国民の6割が下層階級でうごめく社会です 銃器や麻薬がはびこる犯罪社会でもあります。
処でどんなドキュメンタリーを作りたいのですか?と反対に質問をしてみた!

つづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 21:42 | 日記

2015年08月16日

私がマニラで遊んでいる間に お店に女性泥棒集団か?

8月14金曜の夜9時頃に 女性の仲間3人ぐらいが別々に店内にはいつて来て
一人の主犯格の女性がお客の振りをして 5人後から来るからと席を確保する。
後の2人はメニューを見て30分後に10人のお客が入るとウエイトレスと話をしている。
最初の1人はリザベイションをしてテーブルとイスを配置換えにして席を陣取り。
後の二人は、注目を集めるためにいろいろ店内を動き回る!
主犯は、ターゲットになる男性の後ろ側付近に座り。
そして、狙った男性のハンドバック(鞄)を自分のバッグに入れて逃げようとしたところ!
男性が気付き、女のバッグから出ていた自分の手持ちバッグの(手持ち ひも)の部分を見つけ
女のバックからとっさに引き抜き、取り出して難を逃れたと言うのが、事の次第だったと聞いた!
女はすばやく店内から飛び出し 逃げたという!ウエイトレスは追いかけたが 走ってどこかへ消えた!
私も あとで聞いた事なので実際どうだったかはあまり良く解らないが。
しかし営業時間中の店の店内で 大胆にも、お客のバックを盗み逃げる手口など!(初めての経験)
新しい新手の泥棒集団が出るようになった フィールズの今頃の事情である。(注意されたい)
マニラも危険度が増し、親しい友人達にぜひ一緒に付き合ってほしいと案内を頼まれ、共に遊んでいる最中の報告だった!
マカティ・アベニューのブルゴス通りのゴーゴーバーを廻っている時に店から、泥棒が入ったと連絡(電話)があり驚いたが!
電話では、あまり要領を得ないで聞いていた!
しかし、その翌日、スービックの会社で働く友人から電話があり、昨日バッグを取られそうになったのは、僕の友人だった!と聞きまた驚いた。
マスターは、居なかったと聞いたけど 今いったいどこにいるの?(イヤーその!ポリポリ!)
今マニラにいます、店には出ていなかったので その話は電話で聞いたが 明日帰り次第 詳しく聞き直しますと言って電話を切った。
いやはや 私が店にいない時に限って これまたいろいろ事件は起きるものですね?
後で聞き直せば お客さんのバックには、買ったばかりの携帯アイホーン6と現金が入っており
もし、取られていたら 大変だったが! 無事に戻ったからとドロボーに対応した 従業員全員にチップをもらったと聞きました。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。(店主伏してお詫び申し上げます)
従業員全員には、お客様に店内で不祥事が起き無いように 今後は目を配り 気を付ける様ようにと話しておきました。
フィールズは今!思っている以上に不景気になっています。
物価は上がり収入は増えない上に 旅行客は減少し、通貨はペソ高に見舞われ踏んだり蹴ったりです!
女の魅力も今一パッとしないようですし!値上がりも激しい。
マニラのゴーゴーバーも 暇な様子で、今年の8月は、昨年と比べお客が少ないのに驚きました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 23:55 | 日記

2015年08月15日

私の死に方への想い

この話の最後に 生きる権利と死ぬ権利の話をしたいと思います。
過去の私のブログにも何度か出て来るこのテーマは、自身の心の中に いつもわだかまっている事柄です。
(家族の想いとは相反する意見かもしれませんが人は死んで初めて意味を成すのです)
苦しんでいてもそれでも生かしておく事(延命治療)それに何の意味があるのでしょう?
苦しむ時間を延長するだけの事です、心臓が動いていても脳死ならすでに死んでいるのと同じです、
すでに死んでいるのに治療費その他で家族に負担はかけたくありません。
尊厳死(人工呼吸も栄養補給の流動食もいりません)を望んでいます。
もし使える角膜や臓器があれば使ってほしい、まだ生きて事をなさねばならぬ人の為に。
最初にこの意思を家族にしっかり示しておかねばなりません。
いや、それよりも後年 すでに家族から見放されて一人で死ぬことだって考えられます。
こっちの方が確率が高いかも(笑)
そんな死に方は孤立死と呼ばれていましたが、最近は都会の孤独死なんて言い方に変わっています。(孤独死の方が見出し的にはインパクトがありますからね)
誰にも心配されず家族に看取られることもなく孤独のままに死んでいく なんか悲壮感が漂ってきて 注目度が高くなるのかもしれません。
でも!誰にも看取られない事が、本当に孤独なのでしょうか?
これは孤独に死んでいっただろう?と推測される!と言う事であって、私個人としては自分一人で死んでいくのも気楽でいい、なんて事も思っています。(事情が許せばの話です)
死出の旅路に着くときも 何をもって幸せと感じるかは人それぞれです。
家族の中にあっても、内心まだ生きているの?金ばっかり掛かって仕方がない!とか。
心の中で 早く死ねばいいのに!なんて厄介になっている側のストレスになる場合もあります。
家族関係だって人それぞれだから内実はわかりません 介護する側 される側 結果として女房にも精神的苦痛が長く続くなら幸せな事だとは思えません。
動けなくなってから そんな思いはしたくないので家族にとっても 自分にとっても幸せな死に方ってないのだろうかと考えてしまうのです。
自分から自分の意志で死を迎える自殺者、自殺をする人は最終的には やはりウツになって心が乱れ、安らかに自殺する人はいないそうです。(自殺者の遺書は、やはり最後は字が乱れているらしく苦悩は否めません又後々警察に面倒をかけ、家族にも迷惑をかける)
最近よく聞くホスピス(週末ケア)と呼ぶ仕組みもうまく活用すればよいかもしれない。
死を受け入れて延命治療はせず 自然にゆっくりと死に到る いわば安楽死の選択の一つ。
でもお金がかかるので終演の資金は確保しておかねばなりませんね。
お金が掛かっても良いと思われる方は、アメリカの一部の州では(オレゴン州とワシントン州)で認められている安楽死はどうでしょう?
死ぬその前にいろいろと心の準備が出来て、苦しみもなく、死ぬ時期も選べるので、終活最後のパーティを開き、親しい人と最後の別れを楽しみ 黄泉に旅立つというそんなイベントも組めて 楽しみがあり後に名残を残さないで行けて、良いのじゃないかと言う気もする。
人権意識の高いオランダもずいぶん前から安楽死を認めています。
その根拠と言うのは、すべての人間には 生きる権利と死ぬ権利がある と言う考え方が定着しているからです。
日本人から見たら不可思議に見えるかもしれませんが、個人主義と言う考えが進んでいる国と言うのは、すでに安楽死を認めているのです。(認めている国はスイス、ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、アメリカの5国内2州です)
やがて地球人口が増え しかも長寿になれば、世界中で認めざる負えなくなるでしょう。
やがて百年後か2百年後には人間定年制が出来て皆110歳で死ななければいけないと言う制度が出来るかもしれません?
人間生まれた時からそういったコンセンサスの中で生きる時代が来るかもしれませね?
それとも人間を養えなくなった地球と言う有限世界から宇宙へ向かうと言うこれまでとは違った生き方の人間社会になっているかもしれません。
現在の日本は、もう治癒する見込みが無くて苦しむだけの人にも、モルヒネなどの痛み止めは打てても まだ注射で安楽に死に至らしめる事はできません。
もう死にたいと望んでいる人にも、安らかに死んでいける道は無いのです。
それは、私達にとっても不幸で悲しいことかもしれません。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月14日

こんな五択を並べるのもそろそろ終わりに

さあ!この先の覚悟と言うのは?
老いと どう向き合い、どう死ぬか!いかに死んで見せるか?と言う覚悟を書いてみたい。
やがて訪れる老い、誰でも65歳になったら老人と言う分類に入らされる。
まさしく老人とは、来年 私の事です。
でも老人とは失礼な!まだまだいけると想っている人は多い。
高齢者と言う呼び名は仕方ないにしても 老人とは!イメージが良くないだろうに?
こう呼ばれると 世の中から 邪魔にされ疎まれる存在 と言うような感じがする。
意味は、汚い、お金がかかる、役に立たない、と!取れてしまうから はなはだ先輩に対して失礼ではないかとそう思うが!どうでしょう?
でも仕方がない、社会はそう呼んで分類していると言う現実があります。
少し話は変わるが先日ネツトで有効なアルツハイマーに効く薬が発見されたと言うニュースが載っていた。
(他の病気に使用する認可薬で有効成分が確認され2〜3年で臨床試験を経て発売アルツハイマーもいよいよ克服か?)
もう老人が老人でない時代が来るのに!(もっと良い呼び名を考えてほしいと思います)
呼び名だけなら、そうか!今日から老人か、と!あんに認めてしまえばよい。
誰にでも65のその時が来れば、いまの時代はそう呼ばれる!
人が年老いていくことを成長とは呼ばないし 後退という物でもない ただの人の変化に過ぎない事なのに。
これからは、若い時と違う変化を楽しむことにしよう!
どう変化してやろうかと考えるのも楽しみの一つにしたらよい。
ただ、これから10〜16年頑張ることが出来たとしても、80の声を聞いた時!
病気をわずらい床に伏せっている事も考えられる。
現状では病院で亡くなる人が80%だと言うが、多くの死にゆく人が病院を占領しているのだなー!なんて考えてしまう。
冷たいようだが 死に行く人に 病院はいらないと思う、私などは、延命治療などは一切いらないし 痛み止めさえあれば、私は家で死にたいし、女房に看取られたい。
病院が必要な人は若くて治療が必要な人だけで良い、早く社会に復帰し頑張る事の出来る人に 病院は使ってもらわなければならないと思う。
ただそう思ってもこれだけは、いつ死ぬかわからぬ以上難しいかもしれないが?
誰しも、現状は思い道理に死を迎えられるわけではないのだから。
多分誰でも死にそうになったら、家族が救急車を呼び病院に連れていかれてしまいます。
やはり誰かが 以前死んだ 同じベツトで死を迎える・・アー 嫌だ イヤだ!
それなら、あらかじめ体のどこかに病気の問題を抱へながら段々衰弱し死を迎えるはずだから、そのプロセスを家で迎えられるようにあらかじめ段取りをつけておく方が良い。
何故なら、僕は自分の 死ぬ様を 家族に見せて死にたいと想っている。
眠るようにしずかに行くなんて嘘に等しい、死ぬことは眠るように安らかな事ではない!
もがき苦しみ、死にたくないよーとか 痛いよーとか 苦しいよーとか なんで俺が死ななきゃならない!何とかしてくれー!と
生へのあくなき執着を見せる事により、これが私の死にざまです、と!みている者に見せてやりたい。(あくまで希望です)
案外痛み止めとかで苦痛や死の凄まじさは、ないのかもしれないが?
死の瞬間の現実を見せる!しっかりと息子や娘に見せる!それも次の世代にバトンを渡すと言うことなのです。(それも我々の世代が背負った役目なのです)
死が わかって 初めて本当の生がわかるからです。
昔の人は言いました、人の一生で臨終ほど荘厳なものはないと!
人の生きたいと言う執念がきっとその時あらわれるからなのでしょう。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月13日

こんな事を考えたことはありますか?

定年になり第3期を迎えた途端に妻から離婚を求められる夫が多くなったと言う事実。
なんと同居期間が30年以上ある夫婦の離婚がこの10年で3倍になっているのです。
60代になり定年を迎えた夫は、妻といたいのに、妻は夫と居たくないと言う現実です。
長寿化と定年制により増えた夫婦2人の時間は妻にとって負担になるケースがある様です。
原因は何かと突き詰めれば 夫が長い歳月 夫婦関係を維持する努力を怠って来たと言う事に尽きる様です。
(私もおんなじ間違いをしておりますので他人事ではない)
俺は、お前たちのために働いているんだ!家に帰れば、飯、風呂、寝る を繰り返す夫。
問題があっても仕事が忙しいと関心を示さない、覚えのある人は多いと思います。
まあこんな亭主関白は、今では珍しいでしょうが!
亭主元気で留守が良い(昔流行った流行語)昼間は自由時間がありリフレッシュも出来たが、リタイヤ後、
年がら年中側にいて束縛されるのはイヤと言う妻側からの理由が、離婚の理由の一番だと言う事を聞きました。
定年になれば、一緒に旅行や おいしいものを食べに行きたい、国内旅行で温泉や、海外旅行も!なんて思っているのは男の錯覚です。
おいしい物も旅行も気の合う女友達と行った方が楽しいに決まっていると奥様方は のたまう様です!
男 年を取ってから離婚したいと言われても、オロオロしたり どうしようと心配したりなどしない様に日ごろから奥さんとの距離感を大切にした方が良いと思います。
もし万が一そんな申し出があつたなら それなら仕方ない、子供たちが立派に独り立ちしたらいいよ!位の事は 言ってあげられるように覚悟もしたらよい。
今更自分の独占物のような考えは、時代錯誤もはなはだしいと想います。
妻を一人の人間として尊重してあげたらよい。
そして必要以上に立ち入らない、これも愛情の一つだと思う。
夫婦と言っても お互い自立した関係がベストだと思っています。
長い間時間を共にしても、趣味は違うし 考え方も違う 好きな場所や 好きな食べ物が違う そんな事あたりまえの事だと思う。
共通の趣味を探るより お互いの違いや、趣味嗜好を認め合って暮らす方が 都合が良く 面白可笑しく 豊かで楽しい人生がそれなりに歩めれば
それで良いのではないのでしょうか?
昔から言われるように夫婦円満の秘訣はこの自立した関係と、やはり我慢の一言に尽きるのではないでしょうか?
やっぱり男は身勝手に生きるようになっているが、年を取ってからの1人はつらいものがあります。
料理、洗濯は今からでも身に着けられます、趣味としての調理を訓練し 男子厨房に入り
奥さんがいなくても一気に老け込まないようにしないといけません。
自分が自立できていないと、良い夫婦関係の距離は保てないのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月12日

自信とプライドを持つ

と言っても自分の心の内側に持つと言う事で、これだけは人に負けないと言う 自分の中にあって、
特に大切にできる信条と言うものがあればそれが60代半ばになろうともプライドになって生き抜く自信にもつながります。
もちろん人と比べる必要もなく 他人がどうであろうとも、自分は自分でいいじゃないか と思えるからです。
自信を持つことにより、余裕が出来れば、何があっても平常心が保てます。
まーいいか!と許容する気持ちも出て来ます。
もし追い込まれても それがどうした!成るようになるさと開き直ることも出来ます。
それが人の心のよりどころという内なる自信です、きっと助けてくれる人も中には出て来ます。
人間 百八つの煩悩を持つ身ですから、達観するのは中々難しいようにも思えますが
案外そうでもありません。
65歳 何を言われても 怒ったり落ち込んだりせず いつもニコニコ許せる度量を持ち、
他人事のように気にしない様にする そんな年代自分にしたいと想っています。
自分は、年になったら人と比べる事をせず、無駄な競争もせず いつもニコニコ 逆らわず、従わず、を実践しようと想っています。
少し前回と同じ話になってしまいました。
自分自身の在り方についてはこんな感じで良いと思いますが?
自分の家族との付き合いや奥さんとの関係、これがまた難問なのですが、少し前にも書いた配偶者との距離つまり、
先立たれては困る妻との距離の問題に焦点を当ててみたいと思います。
(思いをつらつら書いていますが、一気に書いて文章が長すぎると、公開している関係で適当なところでカットして翌日回しにしています)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記

2015年08月11日

いい奴への入門

これは以前書いた『生まれつき不公平でも頑張る人もいる』の続きです。
2015年04月30日分からもう一度読み直すとつながります。
参考までに、表現は違いますが重複する部分からスタートです。
65歳から地域社会や新規の会社に入門するには如何しますか?
再就職や地域のつながりのボランティアをあえて入門としたのは意味があります。
今までの肩書の取れた人はどこに行っても新参者。
昨今の地域社会は完全な高齢化社会60や65歳の新参者はペーペーの新入社員みたいなものです。
今までの経験値が高いと意地を張って変人扱いされるより、人間性で勝負しましょう。
リーダーを目指す事より、上昇志向より 良好な人間関係を築ける人が一番なのです。
それが人望と言われるものの正体なのかもしれません。
老いに向かう生き方の決断が自分自身で少しづつ出来てきました。
でも叶わない夢は持たない方が良いのです。
あるがままの自分を(実力を現実的に)かつ客観的にとらえる事で、新規の場所では、いろんな不満が出て来て当然ですが、見当違いと言う事もあります。
学閥や会社の肩書が取れて初めて世の中は不公平だと言う事を知った人もあるほどです。
そんな驚きもあるのが高年リタイヤですが!(現役で優秀であればあるほどまた地位が高ければ高い人ほど落ちる穴です)
これは本来子供のころから自覚するべきものなのでしょう。
金持ちの子、勉強が飛びぬけて出来る子、絵がうまい子や 歌が上手な子など 天分の才を持った子が周りにはいました。
私くし事になりますが、私にはなぜ才能が無いと親を恨んだことも昔ありました!
でも真の力のある人は、そんな逆境を力に変えて出て来るものなのです。
だから人間の不平等 優劣はあってよいのだと私は考えています。
そうした人間にチャンスを与えてくれる社会さえあれば良いのです。(フィリピンはそれが無い社会なので、悪循環がそのまま残るのです)
いま日本は平等をうたう社会ですが、あえて言うと人間社会はできる事と出来ない事の優劣(順位)をつけて、はっきりさせる事は大切な事なのです。
もし他人より優れたところがあるなら それを武器に生きればよい。
高齢になれば人生の目標にタイムリミットを設けて出来ない事は出来ないとはっきり言う事が大切な事なのです。
歳を取れば、何かをあきらめる事は、何かを始めるより大変な事です 目標タイムリミットで叶わぬことは潔くあきらめる事です。
夢よりも目先の確実な目標をとらえる事が、手持ちを削らない大切な事です。
貴方にも 私にもこれだけは人に負けないという物がありますか?
私にはあります 今まで培ってきた人脈です、でも利用する人脈ではありません自分の引き出しを広げる人脈です。
それが良い人脈であればあるほど 信頼や情報など無形の財産がつみあがっていきます。
もし頼みごとがあって どうしても頼まなければならない時は、頼んだ事の2倍返しで対処するぐらいの覚悟が必要です。
人脈とは何かの時に便利に使えるものでは無く 安易に使う事は相手にとって迷惑以外の何物でもありません。
お互いにとって世界が広がり さまざまな無形の財産が蓄積され WIN・WIN(ウインウイン)の関係でいられる事こそが人脈活用であり私の生きざまであり人生観であります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記