和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年07月21日

二人の次期社長候補

長い付き合いの友人の一人に、この2人の面倒を見てくれとお願いされた!

アンへレスは初めて、遊び方も ついでに教えてほしいとの事であるが そこは花街 知識はあるであろうし、あまり深入りは出来ない。

でも、具体的な夜の遊び(店の紹介及び女性の紹介等)のお付き合いは出来ないが、大まかな事は説明した。

このフィールズ通りの明るい場所は 比較的安全、でも一旦暗い場所に行けば 何が潜んでいるか解らない?

安全に遊ぶなら、知り合いのいる場所で遊ぶ、又ベテランと共に行動する 単独で動くのはリスクを伴います。

翌日は スービックにご案内すると言う予定になっている。

翌朝ホテルに迎えに行った、空は晴れて快晴で 暑い熱帯の天気になった、海水浴日和ではある。

あれ!4人じゃないの?前日の話では女性同伴なんて話だったのに!ふられたかな?

車で移動する道中で いろんなフィリピンの事に付いて 質問攻めにあった!

いったいここの女性たちはどうしてこんな仕事をしているの?フィリピンではこれが当たり前の事なの?

まだお若いが やはり次期社長さん達 質問は鋭い!質問は文化風習から、貧困問題まで多義にわたる。

ええ!特に若者には、働く場所が無く仕事がないのです!教育に問題が有り、見えないカーストに縛られています。

此処はフィリピンです 難しく考えなくても良いです、日ごろのストレスを発散し 大いにお金を使い 楽しんで帰ればよいのです。

ただ、花街では体の関係だけで終わる事です 後に引いたり 感情を入れてはいけません。

フィリピンも 今は過渡期です、いずれこんな場所も無くなっていく事でしょう!

ここで働く女性達に気持ちを入れれば、最初から問題を持つのと同じ事です。(君子危うきに近寄らずです)

貴方たちの双肩には 日本の会社の社員の未来が掛っています、遊びと現実をきっちり別けて 遊ぶことをお勧めします。

他国と言っても国際社会の一員です、相手を尊重し、比較対象の片輪をなし 己が国を見直し いろんな経験を積んで!

今後に生かしてほしいと思います。(思わず 老婆心にての忠告となりましたが、理解が早く助かりました)


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 02:04 | 日記