和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年09月28日

(日本)これからの人手不足(3)

労働者不足の折 日本に働きに来た日系人の 活躍の光と 影をみよ!(日本は彼らに何をした!)

日系人と言えば ブラジルの日系人を思い浮かべる人が多いと思うが どうでしょう?

一時 好景気と人手不足の波に乗りベルトコンベヤーの前で働くブラジル人(浜松)の自動車関連工場で働く人達の事を テレビで見た事があります。

が!!しかし リーマンショックの時 日本の製造現場で働く日系ブラジル人2800人の内2200人が仕事を失うに至った!

名古屋の栄で デモ行進をしている姿も見た、人手がいる時は使い 仕事が無い時は 使い捨てにすると言う 社会の仕組みの中で置いてきぼりになる日系人の姿に、日本の遅れた社会秩序を見る気がしていた。

彼ら日系人は、日本に働きに来た事が 本当に幸せなのだろうか?という素朴な疑問を持った。

憧れの3世代前の故郷 日本・・・・仕事を失った彼らには、非常に冷 たく 3歳で共に日本に連れて来た娘も 家計が苦しく路上生活も経験させたり 高校への進学も果たしてやれなかったと言う嘆きの話を聞いた。

現実にリーマンショック後 日本の行政は 日系ブラジル人には 国に帰ってもらうと言う政策を実行した!それが良かったかどうかは?今後もう一度ブラジル日系人を迎える時に解るであろう!

私達は、外国人を単なる労働者としてみるのではなく 日本の社会の中で共に暮らす存在と考えていく必要があるのではないか?

そして、共に日本を支えるパートナーとしてウインウインの関係を どう築くかという事を 今後真剣に考えなければならない。

まず第一に外国人の定住と言う現象を踏まえた 行政の体制整備が(日本)に有る か?緊急にその整備が望まれます。

現在人手不足が顕著に表れている業界と言えば、建設、運送、介護、そして飲食店などのサービス業である。

その中の分野で介護という益々これから需要の増える所の 経営側の人(当店のお客さん)ホスピタリティのあるフィリピン人を介護師として大量に採用 し雇いたいと思うが!マスターどう思うか?と聞かれたことがある。

私はもっと真剣に話したかったが 俺達は遊びに来ているのだぞ!と言わんばかりの取り巻きや!同僚にいやな顔をされ 話は中途半端になってしまった。(そんな人達が仕事を語る資格は無いし、あてにしていると必ず失敗するとアドバイスをしておこう)

でも一つ解っている事は、遊び相手のフィリピーナがや さしいのは当たり前 お金をもらっているのだから。

また、高齢者の相手もしてくれる事で ホスピタリテイが有るなどという事とは 何の関係も無い。

フィリピーナがやさしい?年寄りに親切だ!など、誰が決めたの?勝手な思い込みほど恐ろしいものは無いと思うのだが!

話がそれて恐縮だが、この話の中にある 真実を抜きだし、外国人労働者としての視点からもう一度考えてみたいと思う。

つづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記