和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年10月16日

フィリピンの人口

フィリピンの人口は、フィリピン国 保健省による推計に基づき2014年9月27日午前0時6分に1億人を超えたとされています。

が!!正確な統計が出ない事による 推計とされている。(私は、もっと多いと想っている)

その基になる数値は、同国では、毎分3人の赤ん坊が誕生していると情報による。(すごい大雑把な数値です)

フィリピンの人口はどう調査されたかは、よくわからないが2010年の国勢調査で9234万人とされている。

調査結果発表では、0〜14歳が34%、15〜64歳の労働力人口が62%、65歳以上が4%と若年層の割合が高い若い国でもある。

それを基に、世界銀行の推計によると、フィリピンでは2050年には人口が1億5348万人に達するとみられているし。

フィリピンの人口は、2013年現で世界12位 国土面積と言うのは 約30万平方キロで 日本の約80%の広さを有し。

人口増を背景に、13年の国内総生産(GDP)成長率は7.2%と高い伸びを示していると言われている?

しかし実感としては年率7,2と言われている割には 実感が伴なわないし、給料の伸びも無い。

地方に来れば、平均450ペソと言われる最低賃金が、1日250ペソ位しか支給されない所もある。(それ以下も多い)

しかしながら こんな状態でも子供が増えている現実は、日本とは到底 比較が出来ない。

こんな所にフィリピンの本当の 底力が有るのかもしれません。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:03 | 日記