和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年12月17日

フィリピンで生活する日本人は二つのタイプに別かれます

一つはあくまでも日本人として生きていくタイプで、フィリピン人と戦いながら生きていく選択です。
日本では当たり前だという事を、このフィリピンでも必死に貫き通しています!
ストレス度は、日本の3倍以上ですが、私は日本人を捨てません年ですので!
今さら修正が効かない(出来ない)のです 日本人としてフィリピンで生きていくしかありません。
この決意こそが、フィリピン人にも 日本の遊び人たちにも嫌われます、実際 損な生き方ではありますが換えられません。
もう一つは日本人の感覚を捨て、フィリピン人と戦わずに、フィリピン人になると言う選択です。
フィリピン人化することでフィリピンではとても楽に生きることが出来ます。(そうなれたらどれほど楽かと考えた事も有ります)
でも日本から来た人には、フィリピン人化した日本人と揶揄されますが、一向に気にしません、やれるようにやるしかない!と言うスタイルになります。
どちらが良いと言う選択ではありません、その人の性質なのです!でも実際は、成るようにしかなりません。
日本人の性質性格だからと言っ て、期限は絶対に守れるとは限りませんし、安い仕事であろうと手を抜きません?とは言い切れないのです。
社会構造が違うのです、予定が予定では無く、こちらではどうしようもない事も多くあります。(見ていない時に手抜きをされても解りません)
そんなん時 貴方は日本人だろう!なぜ約束や 時間、期日を守らないと良く責められます。(日本人独特の攻められ方をします)
日本人と仕事をする場合、本当に出来るかどうかを自問自答します、出来ない時は出来ないとはっきり伝えるようにします。
なぜなら、フィリピン人化している人は、その辺が曖昧な返事になりますので、後でトラブルになる事が多いのです。
しかしフィリピンでは、はっきり言うと生意気な奴と取られる事が多く 多くは出来ないことも出来ると言うのです。(相手に合わせる)
そこが不思議な国民性で、明日の事は明日になってみないと解らない 神様の み心のままにという事で済んでしまうみたいです。
日本にはないパターンで、いつもそこでいい合いが始まりますが ヌカに釘 バハラナ・ブ―ハイモ(勝手にしゃがれ)となってしまうのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記