和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年12月24日

クリスマスイブです

まだ世界には沢山の戦争当事国が有ります。
銃声のやまない国や、難民キャンプで多くの人達が平和と、共存を訴えて耐え忍んでいる地域もあります。
フィリピンでも声なき声が まだ被災を受けた人達のほうから聞こえても来ます。
各国があれほど、被災者の為に援助物資を送ったのに、街 の古着屋さんには援助物資であろう事がすぐ解るようなものが沢山出回っています。
フィリピンは末端の途上国でも飢餓国でもありません、それなのに秩序や道徳、は一歩も2歩も遅れているのは何故でしょうか?
多くのカトリックの信者を抱え、来年にはローマ法王さえもこのフィリピンを訪れようとしています。
いまフィリピン政府のやっている取り組みは、多くの貧困層や、路上生活者、そしてバラックを覆い隠す事ばかりです。
根本を変えず 見た目ばかり覆い隠すだけでは、法王の訪問さえも嘘で固める様な事になります。
この日、東方から、星に招かれ 博士や羊飼いたちがキリストの誕生を見ようと貢物を持って集まります。
明日、馬の飼い葉おけに眠 る赤子を見て感動する為です!
その子は、大工の子供として30歳くらいまで成長し、数々の奇跡を起こしながら、約3年ほど布教活動を始めます。
その彼にはキリスト(救世主)という名前が付き2014年もたった今でも多くの人に信仰をもたらしています。
この物語は新約聖書に書かれていますが、その中には私は貧しいものの為に生まれて来た!と書かれています。
出来れば法王も、その貧しき人たちと共に、この国の行く末を祈ってほしいものだと思います。
天には尊厳と地には平和と平等を与えたまわんことを!駄目な信仰者の一人として祈ります。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記