和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年02月03日

手術後の経過

手術室に入り説明を受けた後すぐに手術は執り行われ、1時ごろから始まり麻酔から目覚めたのが午後4時前、痛み止めの点滴を受けうとうとと6時頃までまどろんでいた。
夜7時ごろに目が覚め 腹部の当りに違和感を感じる。
たぶん傷跡が痛み、足が固定されているので足腰が痛い不自由さで身動きができないので目が覚めた。
少々心配になった!そのせいか、その後がなかなか眠れない。
看護師が3時間ごとに見回りに来るが、睡眠薬をもらっても寝過ぎの為に効きが悪い。
翌朝10時のドクター回診まで一般病棟には戻ることは出来ず、長い夜を待機室で過ごした。
腰の痛さを除けば おおむね快適ではあったが、看護師の力量に多大な格差を感じることもあった。
尿道の管が抜かれ、足の固定が外され 足が自由になると快適さは倍増し、もう起きて自分でトイレに行っても良いという。
水の摂取は許されたが、待ちに待った朝食は出ず、食事は昼から出るというので待ちどうしかった。(3日間水のみで、絶食の為お腹がすいていた)
ドクター回診が終わり おおむね良好という、血液検査も異常値は見られず、摘出された胆石は、かなり大きく塊と化していた。
今回は胆管に詰まった石を胆嚢ごと摘出したのである。
今回 手術の傷あとは小さく へその近辺とあと3か所小さい傷跡のみ残る手術であった。
期待した昼飯は、出るには出たがほんの軽い物であったが!
とても 病院食とは思えないほど おいしかった。
病院の食事も進化し続けているようだ!
今日1日はベツトとトイレの往復のみで、あまり痛みもないので 安静にしていた。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記