和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年02月10日

突然の一方通行で商売は苦境に陥る

当店はまだよい方だが、とつぜんのAPECの関係で、ただでさえ少ない客が 半減したと嘆く お店のオーナーと話した。
融通の利かないボランティアポリス(ボランティアのポリス?)一般人から時限的に人手を調達する仕組みのバランガイポリスの事で言われたようにしか動かない!
店の手前でもUターンも出来ず 車での来店客はすべて、素通りさせられる。
本当に営業妨害もはなはだしい。
国は体裁を取り繕うだけで、庶民や商売人のことなど気にもかけていないのだろう?
もともとこの国は体制維持のためのポリスであり軍隊なので、国民の為の国民の権利を守る警察とは趣旨が違う。
国も行政も一部のエリートや金持ち優遇の政策をとり、国民より行政府の方が偉いと考えている。
下々の生活など、国際世論に登場しなければ、完全に無視!
災害での援助物資なども直接届けなければ、すぐ自分の懐に入れて 被災者など虫けら同然に考えている上層部を持つ。
その辺の意識が変わらなければ、中流以下の国民の生活が良くなることは多分ないであろう。
親方日の丸を地で行っているみたいな国なのだ!
その中でやっていく商売人なんて食べていくことが精いっぱいなのであろう?
その点、外国人はいろんなケースを知っているし、柔軟に手を打ちかわし方も心得ている。
ここ国で育つ商売人は、大変なものを最初からしょい込んでいる。
まあ仕方ないかとあきらめが先行する考え方が定着し 下から上に這い上がることが非常に難しい。
彼の嘆きも根本は、そんなとこにあるかもしれない。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記