和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年03月06日

フィリピンでは治安の悪さにへきへきしながら暮らして居ますが!

それより困るのが、国が行う政策でいろいろ嫌な問題に直面させられる事です。
フィリピン共和国はその中に住み着き、国を思い通りに動かす一部の特権階級の人たちで牛耳られています。
フィリピン共和国と名乗っていますが、世界大戦以前の封建国家なのです。(19世紀の遺物)
一部の大富豪やそれに繋がる政治家が、唯一活躍する国と言っても過言ではないでしょう。
その他の国民は牛や馬と同じで、見えないカーストに縛られ貧乏暮らしを強いられています。
国家経済の中枢は華僑系のフィリピン人が70%を握り、彼らの力で経済が動かされ支配されています。
フィリピン国内では、大富豪にお金が集まる様な仕組みが出来上がっています。
お金がある企業は敵対する企業を買収し、単一巨大企業を目指す独自の戦略を構築しています。
特に自国の産業の育成などはせずに安い中国製の生活必需品、バイク、車、ファッションなど!
庶民が欲しがる物を輸入し、金を使わせて消費をあおる経済が正攻法としてまかり通っています。
日本と違いお米も年に2回も取れる2毛作なのに田畑は放置され、お米も安い外米に頼っています。
そんな国ですから国営企業も無く、国中に仕事の無い貧しい人達で溢れています。
南国気風というか貧しい人達ほど働きません。
男たちは、ギャンブルを生きがいとして酒と女にうつつをぬかし、女はあきらめ顔でそれを見つめています。
一部の貧乏な人達の中には、成績優秀で働き場所を求めて外国に出稼ぎに行く人もいます。
勿論、稼いだお金は国に送金され家族や身内達の生活を支えて居るのですが!
しかし、この国は外国から送金されたお金がテレビコマーシャルに乗り、消費ばかりをあおり、巨大企業の大富豪やインフラ事業という名目で、両替の差益や税金が、腐敗政治家に集まる社会構造が出来上がっています。
送られてきた貧しい人達のお金は、富豪や政治家の懐に自然に入って行くのです。
日本ではある程度、国民の雇用制度が守られ、最低限度の生活は法で守られていますが。
此処フィリピンでは、自国の国民の為の雇用促進や福祉制度や医療制度など!
国家の体系予算には全く反映されていないと言うのが現状です。
国会はありますが国民の為の民主政治なんて、どこを見てもあるようには思えません。
国家を動かすのは拝金主義の政治家が多く、汚職や収賄などの腐敗が当然のように繰り返されています。
前回の(ヨランダ)台風被害でも 各国からの無償援助・災害に伴う支援金などが沢山集まりましたがすぐに使途不明になってしまっています。
私の住んでいるフィリピン国とは、こんな国なのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記