和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年04月11日

痴呆のフィリピンの老人

フィリピンにだってアルツハイマーの老人がいないわけではないだろう?
でもあまり話題に上らないのはなぜだろう?
あるフィリピン人に聞いた、老人や介護の必要な人はうちの中だけで生活すると言う!
外で徘徊すれば、もうそれは死と直結する。
知り合いのいないところで倒れたり、親族の目がなければ確実に死んでしまう。
それゆえに家族は外に出さないそうだ!
日本とは対応が違う、まだ大家族主義なので、子や孫が面倒を見ると言うものだ。
まだ老人が少なく、徘徊する老人ならば すぐに死んでしまう現状があり。
徘徊老人など数の問題で、死んでもニュースにもならない 問題はまだ少数なのだろう?
しかし、ニュースに目をやれば 6歳の女の子を12歳の少年がレイプし殺すなんてニュースが報じられている。
人口爆発の上に 早熟ゆえに かなり根深い問題が現れ始めている。
日本は老人介護に人手が足りず、アルツハイマーが始まった老人にどう家族が向き合うかなんて!
テレビ討論や報道討論会などが沢山開かれている。
私も避けて通れない道だが!
運動と健康を守り 少しでも物忘れに対抗し 発症年齢を遅らせば?
よい薬も開発されるだろうと?希望的観測をしているが!
どうなることやら?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記