和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年04月15日

3つの坂

よく言われる上り坂、下り坂、まさか?の坂をさんざん上り下りしてきた人生でした。
今度はそんな私に ある日突然『まさか』が!突然やって来る。(突然死かも!)
そんな事が起こる年代に差し掛かって来ました。
時々自分は何のために生きて来たかと考えることがあります。
そろそろ体の衰えも感じてきましたし、特別な夢も希望も目標もあるわけではありません。
ひとりフィリピンの片隅で野垂れ死になんてこと・・・・・あるかもしれない?
人間というか 人は 本来はもっと楽しむために生きているのではないか?
いえいえ!鈴木さん あんたは十分 結構 人生を楽しんで生きているよ!
なんて!他人には言われるが、こんな事を考えて ふと!ウツになる時もあります。
でも悲観的な事ばかり考えている訳ではありません。
60代半ばになったって!いいことだって あるのです。
だってそうでしょ!今まで生きてきた自信とこの激動の世の中を渡ってきた知恵です。
ことわざに言う!亀の甲より年の劫 生きてきた経験値からしか得られない人生の知恵を持っている事です。
老人の鎧というか、老いていく体の上に 身に着けた知恵をまとい!
リカバリーしながら強く生きて行くそれが60代なのです?(かもしれません!)
身に着けた(生きて来た)強靭な精神は、何があってもおかしくない60代の中にあって!
何が起ころうと動じないぞ!というそんな精神を心に秘めながら生きていける事です。
起こってしまった事など くよくよせず!
問題はこれからさ!なんてね!達観した老人は最強なのだ!!
人生を80年と考えると60歳代は人生の75%セントを終えた時期でもあります。
残り25%セントをどう生きるか?を真剣に考える時でもあります。
死ぬ覚悟は、生きる覚悟だと今まで書いてきました。
残りの25%セントが長いとは言えないものの!
むだに費やせばあっという間に過ぎてしまう!
でも有効に使えば、まさかの前に じっくり味わえる時間でもあると 言えるでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記