和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年04月29日

60代からの生き方

本音で話す価値があるから自分の想いを書いている。
何が言いたいか!わかってくれている人は、きっと解っていると思います。
これからの生き方をどうするかなのです。
決まったならば すぐその生き方に沿って計画を立てねばなりません。
転身を決断したなら いつから始めるか、何を準備するか?
起業を考えたなら その資金計画から始めねばなりません。
オタクを目指すことを決めたなら、そこに到達する現実的計画を準備することです。
何らかの道!もしそこに到達できない人が居るとしたならば!
それは、自分自身の実力が現実的にまたは客観的にとらえられない人なのです。
そんな自分を見る目が不足しているのです。(己の能力不足に起因する)
現実的にはそうした不公平が人間には歴然とある事も 世の中の現実であると言う事を認識しなければなりません。
人には、現実も能力も不公平で格差があるものなのです。
若いころに持つ夢は、90%かなわないと言う現実があります。
歴然とした人間の能力という不公平を背負って生きているというのも確かな現実なのです。
やりたいこともわからず やりたいことも出来ず悶々と暮らしている人が多くいるのです。
世の中は人間に対して不公平だと言う事をもっと直視しなければならないのに!
人間は、みな平等公平だとか 皆同じチャンスがあるなどと漠然と思っている。
そんなの絶対間違った考え方です こう言ったことも認識することが大切な事実なのです。
夢やロマンなど、一般の人間には無いに等しい世の中なのです。
人間には、得意 不得意や 能力に差があって当然な事なのだと言っておきましょう。
この年になって はたと!不公平感を実感する人もいるでしょうし、自身の実力のなさに!がっかりする人もいるでしょう?
でも本来 日本人も子供の時から不公平をもっと自覚しなければならないはずだったのです。
人は皆平等、公平でなければならないと言う間違った敗戦後の教育のなせる業なのです。
アメリカのデモクラシーの弊害(無力化、大衆化、戦争放棄への誘導の中で画策された夢)
人が皆同じなんて誰が言ったのでしょう!
生まれつき金持ちの家庭に育った人、身体的能力に優れた人、歌の上手な人、絵や文字のうまい人。
不公平なんてどこにもあるものです。
その中に埋没するか?這い出そうと努力するかの違いがあるだけです。
能力のない人はそのままで行くしかないのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記