和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年05月22日

起こした事業は失敗し家庭は崩壊した

ハッと気づけば金は湯水のように飛んで行った!
親戚に貸した金は帰ってこない、良い金利を付けるからと金持ちに貸したり、海外就職者に貸したり、病気の親に何とか治療費代を貸してくれ!(必ず返すからと泣かれた人にも)
情にほだされ貸したものの!すべては帰ってこない。(2千万円ほどあっという間に消えた)
いざ回収に行くと今度はブチ切れられて金持ちのくせに!(日本人のくせに)とののしられる。
(ここで初めてとんでもない人達だ!と言う事が解った)
今度は自分が大変だから返してほしいと言っただけで、親戚中から村八分!味方は誰もいない。(嫁もどちらかと言えば身内より)
フィリピン嫁も金が永遠に続くとの思い込みで、2〜3年もすると贅沢三昧にふるまい!
靴は山のように積み上がり、服もタンスも3度増設するほど膨れ上がり車も3台に増えた。子供も2人に増え、あまやかし放題に育つ。(もう完全にフィリピン人)
以前は800ペソの電気代が払えずに何とかしてくれと泣いて頼んだことなどつぶさに忘れ テレビはつけっぱなし 人のいない部屋のエアコンも1日中ついている。
通常の倍の金利を付けるから預金をと言われ銀行の支店長にも偽の預かり証で騙され、広大なマンゴウ畑も買ったつもりが、土地の売買で騙され収穫も出来ない。
あれやこれやで金が尽きると、家や車は取られ1人で放り出されることになる。
フィリピンに来て5年、あの信じていた 愛のある家庭はなくなり、まさかこんなはずではと?大半の金はなくなっていた。
嫁には、フィリピ‐ノの愛人が出来、新たにできた彼氏の子供と 私が作った私の家に陣取った。
其の上追い出した私の所に子供に養育費を払えと言う訴状が届いた、金に飽かせて遊んだ報いかもしれない?
取り巻きもはずれ!ホテルに自分一人で居るのが、自分自身 信じられなかったが!
でも あくまで自分を強気にしていたのは、家族には内緒で最後まで隠しとうしたメトロバンク本店の別預金。
日本円で2千万ほどの最終資金、円を直接預けてあったのでまだ残っている。
まだまだその時分 情報量も少なく インターネットも普及し始めた 初めの頃。
携帯電話が珍しく 持っている人も少なかった、そんな中でのフィリピンで 起死回生の起業を目指した 今度は失敗しないと心に誓いスタートを切った。
どうして日本に帰ろうとしなかったのですか?そんな質問をしたのは午前0時も廻ったころ。
夜が明けるまでには6時間余りもまだ残っている頃だった。
明日につづく


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 19:00 | 日記