和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年07月14日

あるアメリカ人との話

時々 私の話を嘘つき妄想呼ばわりされる御仁が居るが?
今まで書いた事に付いて、聞いた話には 必ず話を聞いた相手がある。
もし、いつの記事でも、その話の相手に会いたい人が居れば たいてい遠からず連絡はつけられると思いますので申し出てください。(登場人物はたいてい私のブログを読んでいる)
私の書いている事は、現実にここで起きた事ばかりだし、自分自身でそう感じた事以外は書いてはいない、ましてやフィクションなど織り交ぜて話は展開してはいない(個人的見解はその時々だが、真摯に考えて加筆している)
弁解ではないし、精神的弱者でもないし妄想癖など無い、単に想いを書いているだけだ!
そんな個人的ブログを嘘つき呼ばわりして何になる、こんな人ほど!真のネツト異常者だ。
さて話を戻すことにしょう、以前から時々忘れたころにやってくるアメリカ人が居る。
今度は中東から フィリピンに戻って来たと言う。
なぜ、紛争の絶えない中東の危ない国に行っていたの?と聞いてみた!
金儲けの為だよ!昔日本にも行っていた、だれも行きたがらない日本に英語の教師として赴任していた時もある。
その時日本は、英語の教師不足ネイテブのスピーカを欲しがっていた。
僕は純粋なアメリカ人ではない、でもイスラエル系の移民アメリカンだが英語を話す人ならだれでも良かった時期だったのです。
でも実際 給料が良く当時多く国際人を目指す人達が 熱心に語学学校に通っていた。
また 待遇がものすごく良かったので 日本の生活は本当に楽しいものだった。
最近は中東の紛争国に(イラク軍の強化軍事通訳として行って来た)危険で危ないからこそ給料が高く アメリカ軍の兵器装備をイラクの新兵たちや既存軍の再構築を目指す軍人達に教える仕事をして来た、比較的平和な地域での訓練だったが!そこもだんだん物騒になり始めた。
すぐ近くのモスクで爆弾が破裂し(若い女の自爆テロ)本当に身近に危険が迫ったので、早めに仕事を打ち切って ウクライナで遊び 今日フィリピンに来た。
アメリカでテロと言えば神風(特攻隊)が良く知られているというが?(と言う意見には)反論しておいた!
戦争の対峙国としての攻撃であるから、自爆攻撃ではあるがテロでは無いと話したが!
反対に中東の人達は、アラーの神の意志として命をささげる事はテロでは無いと言う!
自己犠牲と言う形は似ていても、似て非なるものではあるが 目的のためには手段を選ばず 自分を犠牲にして相手に損害を与えるやり方は、非道なものであると今は思っている。
私も、もう若くはないので、どこか永住の国を探していると言う、色々な国へ行って7か国の言語を勉強し話すことが出来ると言う彼。
結構日本語も達者、タガログ語もしゃべる 彼には語学の神様がついている様だ!
でもいろんな民族文化を理解しようと思うが!モスレム 特にアラーの神だけは、理解できないそうだ!
基はキリスト教の枝葉の様だが、ISISのような過激集団は異常者の集まりの様だと言う。
いろんな思いが渦巻く中東には、もう当分はいかないよ!じゃ〜日本へ行けばと言うと。
今は日本へ向かうアメリカ人の若者が多く、英語の先生などオーバー気味それに一番の問題は給料が安い事だと言う。
若くない分もっと刺激のある国へ赴任したい、今までいろんな国へ行き世界の女に遭遇したが、フィリピンとフィリピンの女だけは 訳が解らない、最近僕はこう思うようになったと言う彼! この後の話は明日へ続く


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

 
 

posted by マスター at 19:45 | 日記