和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年12月15日

また会う日まで(ウッドベル閉店の予告と新規ブログの紹介)

始めがあれば終わりがあるし、人の数だけさよならがある。
人生訓として、これは人生では当たり前の事。
店は消えても、この9年の間 此処で過ごしたことは、大いに忘れはしません。(とても楽しかったです)
新しい店が出来るまで しばしお別れと言う事になります。
2016年1月までは、営業をしようと思いますが、何日までと確約は出来ません。
在庫が無く成るまでという所でしょうか?
しかし私は、何に別れを告げるのでしょうか?
決して寂しい訳ではありません、むしろ良く出来たと自分では思っています。(達成感あり)
それなら、店を売れば良かったのに!とか よく言われますが、此処は日本ではなく海外なので権利譲渡などと言う仕組みはありません。
大家さんに内緒で違法な また貸し(権利者は同じ)と言うような方法があるだけです。
もう少し規模が大きければ 会社にして会社ごと売ると言う方法は無いことは無いのですが?(会社は同じで代表者名だけ変わると言う仕組み)
営業が、かんばしくないのに 日本人に営業を引き継ぐように店を売却する事はできませんし。
また新しい感覚や切り口で店を立ち上げると言う方法もありますが?
なんせこのアンへレスのフィールズアベニューを訪れる観光客数が減っていては 少し問題が違うような気もします。
基本的に飲食業は立地産業とも言われていますので(対象人口)魚が多い場所に出ない事には存続は難しいでしょう。
もし日本人に店を譲渡しても この苦しい状況の中で営業を引き継いでもらっても 先が見えています。
しいては自分の信用を落とすだけと言う事で閉店、無償で店舗の明け渡しを決意しました。(店舗建物は、自費で作ったが約十年で店舗の償却は終わっているので仕方ないと想っています)
あくまでアバウトですがアンへレスでは2014年から現在まで日本人の数の減少が止まりません。
14年には3割減15年の今年は統計的に4割減と言う数字が出そうです。
これ以上の営業は無理と言う決断をしました。
ちょうど折も折り契約更新時期と重なりこの場所での存続をあきらめ新たに立て直すと言う事に決めました。
この地では、数かずの出会いと別れが有りました、心に残っている人も沢山あります。
ブログも、新たに 適当な思いを書く『随筆日記・すずめの涙』として再出発しました。
またこちらも覗いてください。
http://suzume-namida.sblo.jp/
マスターの独り言とランキングもちょうど入れ替わりの変り目です。
誰にも知らさず勝手に始めましたが、目ざとい人はもう知っています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 01:16 | 日記