和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2016年01月11日

ウッドベルへ閉店のお知らせ

ご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
長い間このパンパンガのアンへレスのフィールズ通りで商売をしてきましたが?
リサインで土地の持ち主(また借りのマンソンドラック)との地代家賃交渉が難しく
月38100ペソの地代家賃が、2016年の5月から50000ペソに値上がりすることになり、周りより高額になってしまいました。(9年6カ月間契約で建物は、自分で建てたが無償返還との条項有)
9年以上続き、ずいぶん沢山儲かっているように思ったのでしょうが?
純利は平均してみると2013年まで平均月額100,000ペソ前後でした。
当初の投下資金は回収し、実利もわずかながら出ました。
しかしながら14年から下がり始め年平均15年には純利が月60,000ペソに落ち家賃の値上げは利益を圧迫してきます。
また売り上げが上がる時期もやってくるかもしれませんが?
マニラでの問題も解決し、もうこの地に残っている理由がありません。
そんな事に着け、フィリピンの家賃と言う仕組みの一般相場という常識の欠如した仕組みに危機感を覚えます。
本当に商売で気を付けなければならない事の一つにフィリピンでの家賃契約があります。
短期だと儲かった場合の立ち退きが早くなります、それは家賃がどんどん値上りするからです。(中期の契約を心して考えましょう)
また長期だと、中途解約なら契約解除でペナルティが掛かってきます。
フィリピンでの、契約事は特に慎重に考えてください。
モールなど(SMやロビンソン)等の百貨商店街への出店は、毎年家賃が1割上がる。
家賃は10年で倍になります、そこのところをよく考えないといけません。
再契約などのリサインが無い場合は、できるだけ早く店舗を明け渡すようにとマンソンの顧問弁護士からの手紙をもらい決断をしました。
再契約は6か月以前に済ませる事と契約書に書いてありました。
当店は満期が来て高すぎる家賃で再契約なしで円満に終了することが出来ました。
9年と4カ月の営業期間でしたが皆さんのご愛顧により無事完了することが出来ました。
此処に改めて感謝の意を表します。
店主 啓伯

 
 

posted by マスター at 23:10 | 日記