和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2013年12月14日

他の命の大切さ

自給自足の考え方に学ぶ。

私達はいつか便利な社会や経済を追い求めて行く内に他の命に付いてあまり考え無くしてしまった。

スーパーに行けば肉が並び、野菜が売られそれが何処から来たのかなんて考えもしない。

経済とは究極の分業だと解っているものの実感が伴っていない。

貨幣文化だけが先行して物の価値を決めてしまう。

動物を捕まえてそれを食べる。

なんか残酷なように思えるが、命をつなぐという事は他の命をもらって生き延びているだけの事なのだが、あまりそのことが解らなくなっている。

私達人間だっていつしか家族の元を離れ病院で死ぬことが当たり前になり人間の死はこのようだという事があまり知られないように隔離され始めた。

昔は良く畳の上で死にたいなんて言われたが、もう畳の上で死ぬことも許されず孤独に病院の機械の上で臨終を待つ身になってしまった。

命が一体どんなものかもわからなく隔離されていく。

文明って臭いものには蓋をする文化なのだろうか、日本に帰ると変わり果てた日本に出会う。

いい事と悪い事が同時に進む日本、死の尊厳なんてものも、身内のぬくもりも、電気的に(バーチャルに)置き換えられる日が来るのではないだろうか?

人と人とのつながりもメールに置き換えられて携帯の中。

だって昔は親や兄弟や親友の電話番号くらい覚えていた。

今は自分の番号さえ覚えていない!

人間が人間として生きるのも大変な時代なのかもしれない実感を伴ってそう思う。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記