和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年04月17日

人生の回り道(遠回り)

人生遠回りも必要だ ウォーク・ドント・ラン(急がば回れ)性急な性格の私に 昔友人からよく言われた言葉だ。

しかし フィリピンで 回り道をしている人達に時々出会うが、彼らの遠回り にはあまり意味が無く 必要性が無いようにも想われる?

しかし、想いは様々 いかに良い人生訓を 得られるかはその人によって違うので人それぞれで良いとは思う。

私も南海の楽園らしき所(フィリピン)を目指した一人ではある。

今では、小さなレストランのオーナーで、それも自分が フィリピン料理が 食べられ無いので 自分の為に作ったようなお店である。

私の座っているこの店には、いろんな人がやって来る、もちろん花街と言う特徴もあり女好きな人もいれば、一旗揚げにフィリピンに来たという様な人まで 多種多様な人がやって来る。

店があるから覗いてみたと言う人もあれば、提灯の明かりにつられて入って来たと言う人もいるので あながちの偶然と言うのも結構あります。

ゴルフ好きな人も居れば、会社の慰安旅行で来る人、射撃好きな人(趣味の人)までいろんな人がやって来るが。

中には、特異だが 女にしか興味のない、女に取りつかれた 中毒症状の人まで居る。(ただ今人生の遠回りの真っ最中)

今日は、あえて そんな人達の事を書こうと想っている。

なぜかと言えばそんな男性達の後ろ姿に悲哀を感じるからだ!(想いのギャップを背負っていられるようだ)

たまたま何かを踏み外したのだろか、それとも確信犯だろうか 予測は難しいが。

でも、なかなか得ようとして得られない物を探しているように見える。

たぶんその人達は、精神的にも家庭的にも何かを欠かしてしまっている人が多い。

社会復帰も 仕事もままならず、ただ ただ女を追っかける事しか頭にない 壊れた心を持ったひとが多いようだ。(なぜそんなに女に固執するのかは謎であるのだが?)

でも あまり無気力に有り金だけで人生を遠回りしていると一生を棒に振りかねない。

そんな怖さも感じるのです。

人生後半で狂う人もいる、いうなれば 遅く目ざめた恋とでも 言いましょうか?

知らなかった現実を見て 狂い始めた妄想を追いかけている人!とでも言いましょうか?(あまり自分の年齢も 周りも 相手の事も 考えられない様だ!)

遅咲きの恋や?人生の伴侶になり得ない恋 そんな人や、想いや、恋を追いかけるのも、人生の遠回りと言えるだろうか?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い



 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記