和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年04月24日

ポケットを狙う子供達の現実

組織的に動く子供達もいるが、2〜3人で単独的に仲間を作り そこら辺を徘徊する子供たちもいる。

ほとんどがこの街の裏手や、川べりに住み着くスラム(貧困層)の子供達たちです。

汚い衣服を身に着け 裸足で歩く子供達も多いです。

私は、お金はあげた事が無いが、手持ちのキャンディーや、食べなかったハンバーガのセットで付いて来る ポテト・フライなどを、たまに あげる事があるほどですが!

何かくれと差し出す手を むげにはふり払わないが、組織で襲ってくる(ポケットに手を入れる)やからには大声で威嚇する。

しかし、あるお客さんから聞いた話だが、ホテルでもらったキャンディーをあげたところ!

少年の子供がポケットからカミソリの刃をセロハンテープで加工した皮切りナイフをだしキャンディーの袋を切り裂き、おもむろに食べていたと言う話を聞いた。

それは、カバンを切たり 衣服のポケットを切り裂くように 角の刃を3ミリから5ミリ出し 自分の手を切らない様に 残りの部分はセロハンテープを何重にも巻き付けて加工し、手のひらに隠せるサイズに した物だったと聞いた。

最近ポケットに手を入れ財布を抜き取る動作も 3〜4人で組むスタイルも かなり警戒されて来たみたいで、うまく仕事が出来なくなって来ている。

最近は、女性のバックを切たり、男性のふた付きの膨らんだポケットや ジッパー付のズボンのポケットを切り 強盗に近いスタイルで すり取る被害も聞こえ始めた。

カミソリの刃は細い為、力加減で体の身まで切る事も有る。

子供達もどんどんエスカレートする、一般観光客も ご自分の身を守るハウツーも少し知識として加え 被害に合わないようにされる事を望みます。

本当にお金のない人達は、お金のある人から奪う事ばかりしか考えません。

そんな考えを幼少のころから植えつけられている子供たちは、奪う事をゲームの様にしか とらえていません。

悪い事をするな!と言う考えがない 子供たちの将来が益々心配になります。

でも、これが現実なのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 12:13 | 日記