和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年04月28日

フィリピン人との摩擦を生む『情は』いらない

優しさの裏側に潜む危険と言うものを理解せず、ついつい情にほだされて人事を刊行すると とんでもない事になります。

最近起きた事件では、いったん首にしたガードマンに、復職したいと懇願され!

収入が無いと家族が可哀そうと!情に負け もう一度採用し、又同じく勤務態度が悪い 遅刻などを理由に叱れば 逆上され キレ られて!

雇い主を撃ち殺した 事件が有ったと報道され 問題になっています。

特に雇い主が外国人の場合、感謝と言う気持ちを持たないフィリピン人。

ただ使われていると言う意識しかない。

クビになって もし もう一度雇われる チャンスをもらったならば!

それは雇い主でなく こう感謝するのがフィリピン人。

神様もう一度仕事のチャンスをくれてありがとう と感謝の祈りをささげる。(なんか違うと思うけど!)

当店など、食材を持って帰る、在庫をごまかし食べる、買い物のお金をごまかし クビになったコックでも、時間が少し経てば、又使ってほしいと頼み込んでくる。

(日本人なら 恥ずかしくてそんな事は出来ないと思うが?ここは違う)

仕事が無くて家族も困る、反省して もう一度仕事がしたいと 何度も頼む姿にほだされ再雇用しても 少し経てば そんな事はすぐに忘れ 同じ事をやり出す(学習能力が無い)

フィリピン人ワーカーは、皆 同様に、神に感謝しても、雇い直してくれた雇用主に感謝はしてくれない。

特に外人には、日本で昔聞いたような話をする。

日本では、天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと平等の精神を説く話だが?

フィリピン人はプライドが高く(貧乏人の卑屈のせいで)雇主と自分は対等だと想っている。(金で雇われているだけと割り切っている)

正論で怒らても、差別、蔑視と取り、理屈を理解できないで 怒られた事だけに激情する人が多い。

そんな人達に『情け』はいらない、悪い事をしたり、不誠実な人は すぐ切り捨てるのが正解 一度首を切った人間は 絶対再雇用しない事が一番の基本です。

駄目な所が有る人は 一生直りません、そこのところが雇用のポイントです。

仕事が出来るとか、器用さなどでは、判断せずに 人間性を見るのが採用の一番大切な所です。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 23:02 | 日記