和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年05月13日

米軍登場

オバマが帰った翌日からクラーク基地周辺がかなり賑わしい!

と言って人がいっぱいという訳では無い!

戦闘機やヘリコプター輸送機がたくさん飛んで来る。

朝早くから轟音を響かせ戦闘機が2機クラーク基地への着陸態勢を整えている。

すぐさま大型ヘリも飛んで来る、オスプレイや大型ヘリもどこかへ飛んで行った。

米軍が来ると言うので その準備に忙しいのだろう?

軍機も輸送が大変なのだろう? 約5000人の兵士が展開する事になったフィリピン。

たぶんスービックの飛行場が 米軍の空軍飛行機のハブになるのは確実だ?と思われる。

ここら辺では 最も設備が整っている飛行場はあそこだけだからだ!

私もセスナの飛行訓練で何度か着陸したことがあるが、広く大きなランウエイを持ち管制設備や駐機場のある空港は、クラークかスービックしかない。

クラークは長い滑走路を持っているので超音速の戦闘機や大型輸送機も大丈夫!

昨今は いろんな機種の飛行機が見えるので 飛行機マニアには面白いウオッチング場所になりつつある。

しかし困った事も有る、最近ピナツボ火山の上空が米軍の空域になってしまい ピナツボ火山のスカイツアーが出来なくなっている。(許可が下りない)

私達の操縦運転するセスナも2500フィート以上の上空を飛べない様に制限されてしまった!(訓練空域も限られる)

オムニ(飛行学校)の飛行機もかなり制限が強められ、訓練飛行もかなり厳しく制限され始めた。

これでは、今までのようにアンへの空を気軽に飛べなくなってしまった!(ト・ホ・ホ・・・・・・・・)

これも時代の流れ、私の飛行免許も飾りものだけになってしまうのか?

気軽に飛べるのはこの辺では リンガエン空港だけになってしまったが?

でも 行くにも遠すぎるし!プラリデルの飛行場はどうなるのであろうか?

まったくいやになる、米軍も 私にとっては有難迷惑 になった。

また新しい趣味でも見つけるしかない?


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記