和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年05月18日

警察に行った時、そこのポリスから聞いた話

ついこの間 ポリスに詰所前(ステイション4)のすぐ前の公園の端で夜歩いていた日本人がホールドアップに合い、拳銃の柄で頭を殴られて負傷し、翌日警察に被害届を出しに来たと言うものであった。(その方は特定できませんでした、あくまで聞いた話の範疇です)

こんな近くでも事件が起きる 警察詰所前での大胆な事件だ!

いつも観光客がうろうろする大道りの すぐ横の公園でこんな事件が起きている。

少し暗い所に入れば 危険が待っていると警鐘を鳴らしたい。

ついつい大丈夫だなんて考えていると!どこでも事件は起こる。

人が見ている場所でも 事件は起こるし、女に鼻の下を伸ばしていると とんでもない事件に巻き込まれる時もある。

それがフィリピンだという事を決して忘れないようにしてもらいたい。

あまりネガテブな事ばかり書くと お客が少なくなるから止めた方が良い?

と言う意見もあるが、安全は一番大切な事です。

どんな楽しい旅行も 一旦何かがあればすべて台無しになる。

そうならない為には、日ごろの心がけが必要だ!

フィリピンをなめてかからない、女に心を許さない。

人を見たら泥棒だと想え!笑顔の下にどんな顔が隠れているかもう少し研究した方が良い。

いつも同じ事ばかり言っているので自分でもいやになるが?

今後 フィリピン人のいやな事は、なるべく書かない様にしようと思っている?

なぜなら ここで生きているし 生かされている。

多様性を認めるという事は、どんな社会にも適応して生きていると言う 見本を示さねばならない。

悪い面ばかりを見て、批判ばかりしていては、良い生き方とは言えないからだ。

相手を認めて 弱者の生き方について今後は、書いて行きたいと思っています。

明日からは、少し論調が変わるかもしれないが 反面教師と笑ってみてくださいね!


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記