和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年05月23日

日本人は集団的自衛権の行使についてどう容認するの?

これは定義の違い!これを改正してどうしようと しているのだろう!ここが不思議。

今までは個別的自衛権と言う歴代自民党内閣の主張であり解釈でした。

個別的自衛権とは、自国が他国から攻撃されたとき、自分の国を守る権利です。

たとえアメリカが朝鮮、台湾の領海内で戦闘状態になったとしても それに協力し参加しないと言う前提で対処する、なぜなら自国の領土領海内では無いからという認識、解釈が基でした。

それを どう!変えようとしているのか?心配になります。

国民は本当に容認できるでしょうか?

だって憲法9条を持ち戦争放棄の国、戦争をしない国でしょう!

私はそう習いました、それなのに今度の集団的自衛権という名の基に、互いに助け合うグループをつくり、その仲間が他国から攻撃されたら、自国が攻撃されたと同じと考え、仲間の国と一緒になって、攻撃してきた国と戦う権利を持とうと言うのです。

政府が解釈を変えれば行使できるようになるらしいですが? (憲法解釈を変更するには(1)首相が談話などで宣言(2)閣議決定(3)集団的自衛権の行使を明記した安全保障基本法を制定する)

日本も独立国である以上、個別的自衛権も 集団的自衛権も持っているという立場ですが?(憲法9条が有り 日本は国際法上 集団的自衛権を持ってはいるが、使えないと説明しています)

日本を攻撃する外国軍とアメリカ軍が戦闘になることもあるでしょう。

こんな時日本の自衛隊はアメリカ軍を支援してはいけない、という事になるのです。

非常にわかりにくい議論ですよね!解釈上限界に来ていることは間違いありません。

その一方で、日本は集団的自衛権を行使できないから、他国の戦争に巻き込まれる恐れがないのだ、という考えもあります。

そういった意味の考え方が、日本は自分で戦争が出来る国へと変わるのではないか?という懸念を周辺国に脅威として与えている印象となるのでしょう。

このところ韓国とは摩擦が絶えないが、この集団的自衛権への反応は、韓国の世論は反対しているが、韓国政府の立場は少し違うなど 食い違いを見せている。

前回一時的に話題になったが韓国軍と自衛隊との間で弾薬の貸し借りが有り、韓国国内で相当問題になった。(日本の法律にも問題が!現場の指揮者の裁量に任せる事が現場では大切に思われるが?

緊張状態下の非常事態時でも 弾薬の供与は違法などと部外者意識の様な事はいちいち取り合ってはいられない法整備を望む。

兵士自らの身を守る為の弾薬だ!たとえ武器の供与を与える事は違法でも みんな殺されてしまったらどうするの?

人道的手段を残す事が出来ない事の方がもっと問題でしょう?

しかしPKOという国際部隊の中に有り、主権が国連に無い事も問題で(国連は連絡調整役のみ)PKO部隊の主権が各国に有り問題をより複雑にしている。

枠組みの中では日本軍も韓国軍も同じ施設部隊そこに逃げ込んできた原住民を守ろうと当然協力しただけの話を、政治問題にするのはいかがなものであろう?

同じPKO内には当然中国軍もいる 共に平和維持軍となるのに国内感情に左右されては良い活動が出来ない。

とりわけ韓国は 国内世論をまとめるのが大変で、同盟国のアメリカが賛成している集団的自衛権を表立って批判は出来ない。

韓国にしてみれば もし 北との戦闘が始まり 韓国・アメリカ軍との軍事衝突が有れば、一緒に日本の自衛隊が韓国の領土に踏み込んでくる?

先の大戦と同じ事が起きる!とヒステリックな感情を持つ人もあり 厄介な事になる。

これに対し どう言う心のケアーをしていくのだろう?

一部にそんな馬鹿な!侵略など!この熟成した日本の社会がそんなことする訳がないと考える人もいるが いまだそんな被害者意識が残っているのも人間である由縁であろう。

そんな人にまで それは違うと言った所で 受け入れては もらえない。

そこの辺の事情が韓国と手を組めない最重要な課題の部分で、軍事左翼化する懸念のある 安倍内閣における日本の軍と軍事同盟が結べないという 根本的な疑念が出てくる。

安倍首相の個人的性格と靖国参拝の問題で ごちゃ混ぜになって噴出してきている韓国・中国の 国民感情をどう抑える?

それはこの一文を持って世界の知識人にアピールしていく事であろう。

防衛計画の大綱の冒頭に記されているこの文章こそ日本国民の願いだと思うがどうでしょう。

日本国憲法の基 専守防衛に徹し他国に脅威を与える様な軍事大国にならない。

こういう議論を 国民いや世界の人々の前で 解りやすく見える形で(国会中継などを利用し)議論を戦わせてほしい。

集団的自衛権こそ今後100年の大計です。

日本人が胸を張って世界へ出ていく為の選択なのです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記