和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2014年06月18日

フィリピンで今後私に何が出来るか?

自分の従業員だけでも 生活向上を目指してみよう なんて思い立ったのは良いが?それからの方がもっと大変だった。

キッチンにも人を加え厨房4人体制、おいしい日本食を作るつもりが、無責任な働き手ばかりで やればやるほど こちらの負担が増すばかり。

教えても教えても4〜5カ月で辞める従業員に、店の味はばらばら、ちょつと目を離せば適当な事をやりだし お客さんからのクレームは絶えない。

こんな奴らには 任せられないと、個人奮闘するも バカバカしくなる一方。

仕事もしないやつらに 高い給料など払いたくない!

1日200ペソで十分だ!なぜこんな奴らに?なぜこんな奴らの為に?何をなそうと言うのだろう?なんて疑問がわいてきた。

自分には、真面目さのないフィリピン人の価値は 1日200ペソなんだと言う考えが湧いてきたのだ。

彼らの背景を知らないという事は、自分は あくまで上から目線で彼らを見ていたことになる。

そんな一方で このアンへレスにもいろんな事件が起こって来た。

当時の身近な友人の一人で 私のアドバイザーの一人でもあった(ギャンブラーさんが)後とから解った話だが 自分の奥さんの子供を撃ち殺した!と言う様な一報が入って来た。(この事件については私の初期のブログに出 ている)

http://woodbell.sblo.jp/article/14504529.html

フィリピン人に騙され 追い込まれた日本人と言う構図に、ますますフィリピン人に対する不信感が心の内に広まる。

はじめて フィリピンを深く考えるようになり、歴史や人間のありよう、日本とフィリピンの出会い、今度の様に日本に帰り本を読み、自分はどうすべきかを考えた。

まず教育が無く、規律が無く、常識が無い、今のフィリピンの有り様は 何が原因かと考えた。

良かった事、それは フィリピンと言う国を知らずに無関心であった、自分たちの責任でもあるという事を 自覚出来た事であった。

それから いつもフィリピン人がやる行いを、素朴になぜと考え疑問に思えるようになった。

大きく言えば流されるだけの 水の様な人達 それ がフィリピン人。

でも 水であるがゆえに どんな形にもなる事の出来るこの人達は まず型にはめる事が大切なのだという事を悟った事です。

自分で教育をし やるべきことを教える、相手に期待しない まず手本を示し、私とあなたはどうしたいか?を徹底的に話し合う。

相手の話をうのみにせず、相手の性格だけを見つめ 訓練しがいが有るか 無いか ただそれだけを見極める。

その上で まず第一は従業員の生活を安定させる事である。

そして給料は、実力本位で、やる気の出る金額まで上げる事を約束し、訓練に入る様にしたら人間も安定し始めた。

ウエイトレスも綺麗で可愛いという訳には行かないが、選別されて もう3年以上もいるベテランばかり が今は揃っている。

現在9人の従業員だが、まず彼らの生活を守る事が 今の私に出来る事の一つめであると自覚している。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約





 
 

posted by マスター at 20:00 | 日記