和僑の会 ただ今立ち上げ中です。
賛同の皆様に、賛助会員の登録を広く呼び掛けています

フィリピンで日本人の起業を支援します  和僑の会
無料相談 無料サポート支援を開始します

アドバイス集団 賛助会員登録

会費等はありません
返信にはお時間がかかる事が有ります。(事務局)

フィリピン和僑の会 ブログ http://wakyo.sblo.jp/

2015年09月02日

ニュービリビット刑務所裏にある慰霊碑

8月31日に戦後70年のモンテンルパの慰霊碑に行ってきた。
8月15日は、終戦記念日が重なり多くのイベントが開催されたみたいだが!
その渦の中に組み込まれると身動きが取れないので、自分達にとっての終戦記念日 
区切りの意味でのお参りと言う事で!
時期をずらして行ってきました。
通称モンテンルパ市にある刑務所でモンテンルパ刑務所、終戦後沢山の戦争責任者達(日本人兵士)が閉じ込められていたところだと聞いています。
正式名称ニュービリビット刑務所裏にある この記念碑、知り合いの友人に連れて行ってもらい始めて参拝してまいりました。27名が眠る場所だと聞かされました。
静かに友人と二人で参拝し 戦後70年区切りの8月を慰霊碑の前で過ごしてきました。
マニラから案外近いので 時間を取れる日本人の方は、参拝をされた方が良いかもしれません。

9月2日は、フィリピンのholy day終戦記念日です。
日本では、8月15日が終戦記念日ですが。
先の第2次世界大戦において、1945年9月2日に、山下泰文陸軍大将率いる日本兵団は、
フィリピン、イフガオ州のキアンガンにて、アメリカ軍、フィリピン軍との激しい戦闘の末に、降伏を申し出ました。(日本からの勅命で武装解除の連絡が来たと言う事です)
双方ともおびただしい犠牲者をだし、一説では100万人以上の戦死者が出たと言われています、
停戦協定は、キアンガン中央小学校で行われたそうです。

IMG_20150830_143708.jpg

IMG_20150830_142949.jpg

IMG_20150830_143011.jpg

IMG_20150830_143034.jpg

IMG_20150830_143043.jpg

IMG_20150830_143059.jpg

IMG_20150830_143127.jpg

IMG_20150830_143147.jpg

IMG_20150830_143206.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 22:51 | 日記

2015年09月01日

多くの読者に感謝

自分が何を書いてきたかを振り返り、長きに渡り少し読み返してみたが!
今思えば恥ずかしい限りだ。
長きに渡り日記と言うより思想信条をも書き続けてきたが、結構愚痴が多いようにも思う。
やはり8年間も続けて書いていると思わず自分が出てしまっている。
ブログは読み返せば、自分の心の内が手に取るようによみがえる。
そうだこんな事を考えていたとか、こんな事もあったとか!
このフィリピンの移り変わり 世の世情も、こんな誤解があつたとか、いろいろ気付く事があつた。
あんな事件もあったしこんな事件もあつたなどその時の動揺と、思い出が読み返してみて思い出される。
書くのを止める、そんなこと言わずに少しづつでも良いから書いたら!なんて?
沢山の方からメールをいただいた。
ただフィリピンどこに住んでも どこで生きても この社会は徐々にしか変わらない。
フィリピン人の心も 思いも 無知のまま 飼いならされた羊の様に盲目的に従う!
あきらめと一緒に。
もうそれで良い、自分が合わせていくしかないのがこの世の中。
もっと幸せな生き方があるのにと思うのは外側の人間だけで!
結構幸せに暮らしているのがフィリピン人。
やはり世界の人口のトップを含めて3割が上昇志向、残りの7割は付いて廻りこの構図は変わらない。
トップの1%セントが富を握り、3割までは中流意識、後は下層の上中下に別れる。
以前世界が100人の村だったらなんて話があったがその通りだと想う。
でも私は私、どこで生きてもどこに居ても何があつても変わらない頑固者。
酒と女にゃ弱いが義理と人情は人一倍、自分を大切に生き続けていきますよ、結構しぶとい。(笑)
わがままに生きると言っているのではありません。
自分を大切にできない人に 他人を大切に想う心は育ちません。
もう育つ歳でもなくなりました、変化を楽しむ時期に来たようです。
今まで沢山の方からメールをいただきました。
ゆるい関係でも、また一緒に雑談したい人は、歓迎します。
暇にしてますから、アンへに来たなら又一度遊びに来てください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約


 
 

posted by マスター at 22:39 | 日記